大隅やまなみ俳句会

本日は、カピック常連さまの大隅やまなみ俳句会のみなさまが
ご利用くださいました。
午前中カピック・大隅湖周辺の春を体感したあと、
午後はそれを句に表現します。
今年は桜はまだまだ咲きそうにありませんが、たんぽぽや
いぬふぐりなどはかわいい姿を見せているようです。
みなさん、素敵な句ができたのでしょうか。



大隅やまなみ俳句会のみなさま、どうもありがとうございました。

こっこ

高隈小学校卒業式

冷たい雨が降っています。
今日は地元の高隈小学校の卒業式でした。
卒業生6人が将来の夢を元気よく発表してくれました。
科学者、美容師、保育士2人、消防士、動物の仕事だそうです。
6人とも高隈中学校に入るので、今度からは中学生としてカピックの外国人研修員と交流できますね!

高隈小卒業式

世界7か国食べ歩きフェスタ その2(シリア関連・物販)

今回のフェスタでは、今まだ混迷の続くシリアの現状を
あまり日本で伝えられることが少なくなっていることを
踏まえ、カピックスタッフには2名の元青年海外協力隊
シリア隊員がいることもあり、シリアについて知って
もらう企画を準備しました。

難民を描いた映画『目を閉じれば、いつもそこに
~故郷・私が愛したシリア~』は、鹿児島で初上映の
作品です。
ヨルダンと日本で生活を送るシリア人、ヨルダンで
支援活動をする日本人(シリア支援団代サダーカ代表田村雅文氏)
の日々や思いを淡々と伝えています。
2回の上映とも満席に近い人数が入り、関心を持つ
方々がこの大隅にもかなりいるのだと実感しました。
上映の前に元シリア隊員のスタッフから映画をより
理解するための解説があり、終了後もシリア人と結婚して
日本に住む元隊員より、いまだシリアに住む家族に
ついてのお話もありました。
DSC07287.jpg

映画を観た方々からは、「難民となってこんなに生活に
困っているとは知らなかった。日本でもっと報道される
べきだ。」「シリア国内に残っている人々のことも想像
するととても心配。早く平和が戻るために、私も何が
できるか考えたい。」「失って初めて知る大切さという
のは、なんにでも通じることで、日本人も他人事ではない
と思った。」といった感想・意見が出されました。


また、物販会場の壁片側一面にシリアの写真を展示しました。
サダーカにお借りしたアレッポのいろいろな建物や街並みが
紛争前と紛争開始後の戦闘で破壊された風景を対比した
パネルが並びました。
また、そのパネルの両隣には、元青年海外協力隊シリア隊員
が撮ったシリアの日常のさまざまな風景の写真が多数掲示されました。
来られたみなさんは、初めて見るシリアの写真の数々に見入っていました。
CIMG4460.jpg DSC07305.jpg


今日、この映画や写真をご覧になったみなさんから、なにかしら
シリアについての関心が広がっていくことを期待します。



物販コーナーでは、シリア女性の自立を支援する団体
イブラ・ワ・ハイトの刺繡製品が並びました。
シリア国内やヨルダン・トルコ・レバノンなどで難民生活
を送る女性たちが、困難な状況の中、一刺し一刺し心を込めて
作った刺繍の数々。
訪れた人々は、シリア伝統のモチーフを珍しく眺め、
かわいい刺繍のワッペンやポーチ、イヤリングなどを
買い求めていました。
また、シリアのお菓子バクラワを販売し、食べた方々からは
一様に、初めての味で甘いけどおいしいという感想が聞かれました。
DSC07298.jpg CIMG4452.jpg CIMG4425_20170320113617c69.jpg

ほかにも、カンボジアで支援活動をする「いっしょき学校を
つくいもんそ会」のカンボジアの民芸品や、フェアトレード
のアジア雑貨が販売されました。
CIMG4450.jpg


シリア支援団体「サダーカ」と「イブラ・ワ・ハイト」に
関心をお持ちの方はぜひそれぞれのホームページやFBを
ご覧ください。
シリア支援団体サダーカ ホームページ
http://www.sadaqasyria.jp/

イブラ・ワ・ハイト フェイスブック
https://www.facebook.com/Iburawahaito/?fref=nf
通信販売もされています。

映画をご覧くださったみなさん、物品を購入くださったみなさん
どうもありがとうございました。

こっこ

世界7ヵ国食べ歩きフェスタ その1

今年度最後のイベント「世界7ヵ国食べ歩きフェスタ」を開催しました。
家族連れなど約450名の参加者で大賑わいでした。

外国人との交流を楽しみまながら世界の食文化に触れる食べ歩き。
ロビーのすぐ外では鹿屋フィリピン協会の皆さんのフィリピン風手羽焼き。おいしそうな香りが来館者の食欲を刺激します。
フィリピン1

研修室では4ヵ国。
バングラデシュのイクバルさんのカレー、インドネシアのプルさんのソトアヤム(チキンスープ)
バングラ インドネ

パキスタンのファリードさんのサモサ&パコラ(揚げ物)、アメリカのサマンサさんのスイーツ(ウーピーパイ)
パキ アメリカ

レストランでは3ヵ国。
韓国のキムスミさんのチャプチェ、パラグアイのディエゴさんのチョリタコス、そしてブラジルのポンデケージョ。
韓国DSC00663 トリミング  パラグアイ

ブラジル

どの国の料理も美味しくて大好評。
各国100食ずつ準備していたのですが、イベントが終わる前にほとんど完売しました。
(食べられなかったお客様、ごめんなさい)

食べもの以外のプログラムもいろいろありました。
缶バッジづくり体験、国際協力を紹介するコーナー
缶バッジ JICA.jpg

スタンプラリーで会場内の4つのポイントでスタンプを押したら抽選でプレゼントをゲット。
抽選

さらに、シリアの映画上映やアジア雑貨の物販もありました。
こちらの報告は、のちほど・・・(次の記事をご覧ください)

さかい

高隈中学校卒業式

今日は高隈中学校の卒業式。
卒業生22名が元気よく巣立っていきました。
最後に全校生徒で「旅立ちの日に」を合唱し、卒業生は「心の花を咲かせよう」を歌いました。
カピックの地元である高隈中学校では、毎年、外国人研修員との交流を行っています。
高隈中学校での思い出を胸に、これからはじまる新しい生活にチャレンジしてください。

高隈中卒業式

合同壮行会

青年海外協力隊技術補完研修生とブータン農業研修生の合同壮行会が行われました。

高隈地域の方々にご来館いただき、盛大に行われました。
所長をはじめ関係者の挨拶のあと、さっそく焼酎やビールを片手に、和気藹々と話が弾みます。
壮行会_20170307_1 壮行会_20170307_2 壮行会_20170307_3

協力隊研修生はこれまでの研修をふりかえる動画を披露しました。
壮行会_20170307_4

ブータンの研修生は、ブータンの歌を熱唱!

最後に浮牟田会長に激励の言葉をいただき、三本締めをしていただきました。
壮行会_20170307_5 

研修が無事に終了したのも地域の皆様のおかげです。
研修生はとても幸せです。

本当にありがとうございました。

つかだ

JICA研修【ブータン果樹栽培】 アクションプラン発表・閉講式

本日は研修最終日。

ブータンの民族衣装「ゴ」を着て、アクションプランの発表をしました。
2カ月間鹿児島で学んだことをもとに、
ブータンの果樹や野菜栽培を向上するための計画についてプレゼンテーションしました。
CIMG4300.jpg CIMG4312_20170311085051422.jpg

その後、閉講式が行われ、JICA九州研修業務課長から修了証書が授与されました。
CIMG4342.jpg CIMG4346.jpg

CIMG4352.jpg

研修を無事に終え、ほっとした様子の研修員。
2カ月間、本当におつかれ様でした!
ブータンでの活躍を期待しています!
CIMG4398.jpg


ハマダ^^

協力隊 補完研修 報告会

青年海外協力隊 コミュニティ開発 技術補完研修
いよいよ報告会です。
研修生は亘顧問を迎えて、少し緊張した顔になってました。
この約3週間の集大成を発表してもらいます。

報告会_20170307_1 報告会_20170307_2 報告会_20170307_4
報告会_20170307_3 報告会_20170307_5 報告会_20170307_6
亘顧問の厳しいご指導も入ったりしましたが、なんとか報告会をクリアできたようです。
とりあえず、お疲れ様でした。

続いて、壮行会が行われます。
つづく


つかだ

協力隊 補完研修のまとめ

青年海外協力隊 コミュニティ開発 技術補完研修はいよいよまとめにはいりました。


まとめ作業_20170306_1 まとめ作業_20170306_2

顧問の先生もお見えになられましたので、まとめのチェックをしてもらえます。

明日の朝の報告会に間に合うようにがんばりましょう。



つかだ

JICA研修【ブータン果樹栽培】 アクションプラン作成

予定していた研修をすべて終え、最後のふりかえりワークショップをしました。

今まで学んだことを思い出し、書き出しました。
20170305-1.jpg

そして、学んだことをブータンでどのように活かすか、どのような計画で実行するか
という「アクションプラン」を作ります。
20170305-2.jpg

研修最終日の明日、発表しなければならないので、二人とも真剣に作成していました。
20170305-3.jpg

どんなアクションプランになるのか、楽しみです♪

ハマダ^^

虫寄せの術 早春 幼虫をつかまえて育てよう!

 本日は「虫寄せの術 早春 幼虫をつかまえて育てよう!」が行われました。
昆虫採集といえば夏が旬という感じですが、今回はその夏の人気者クワガタムシの幼虫の採集をメインに行い26名の参加者の皆様にお集まり頂きました。
DSC00409.jpg

講師はもちろん鹿児島の昆虫博士、虫央堂代表 塚田拓さんです。
前日までの晴天とはうって変わって残念ながら本日は雨に見舞われてしまいました。
なので今回は事前にクワガタの幼虫が入っているであろう朽ち木を準備して屋外の屋根のある場所にて採集活動をしてもらうことになりました。

まず最初は塚田先生からのレクチャーです。
DSC00417.jpg
普段なかなか聞くことの出来ない幼虫の生態や採集、飼育法に興味深げに参加者の皆さんは聞き入っています。
特にクワガタの種類によって朽ち木の地上に出ている部分や地中にいるもので別れる部分では子供さんだけでなく保護者の方々も大きく頷いていました。

レクチャーが終わるといよいよ屋外に出ての採集活動です。
まずは塚田先生が見本を見せます。
DSC00425_20170307161501e74.jpg
上手に朽ち木を切り崩し丁寧に幼虫を割り出していきます。
コツは幼虫が朽ち木を食べ進んだ食痕が発見されると少しづつ丁寧に削っていくことだそうです。

そして参加者が思い思いの朽ち木をチョイスして割り出しに入ります。
DSC00419.jpg DSC00426_20170307162347629.jpg

それぞれ親子で協力して朽ち木を削っていきます。
DSC00439.jpg DSC00435.jpg DSC00434_20170307162613333.jpg

しばらくすると方々で「出てきた!」という声が上がります!
採集した幼虫を持って何の幼虫なのか塚田先生に確認してもらいます。
DSC00445_20170307162948523.jpg

「クワガタだよ」という答えをもらうたびに大きな歓声があがります。
その他にもヤマトタマムシやカミキリムシ、コガネムシの幼虫も発見されました。
DSC00443.jpg

更にクワガタの成虫を見つけた家族も!
CIMG0065.jpg
昨夏に羽化して越冬中の個体だそうです。

多いところでは10匹以上のクワガタの幼虫を見つけた家族もいました。

採集が終わり屋内に戻ってからは採集した幼虫の飼育、如何にして大きな成虫にするのかなどのレクチャーが行われ子供さんたちは真剣そのものの表情で聞いていました。
そして最後に塚田先生から事前に採集していたカブトムシとクワガタの幼虫のプレゼント。
DSC00451.jpg
自分たちで採集したものに加えて予想外のプレゼントに皆さん大喜びでした(^^)

あいにくの天気ではありましたが、なかなか体験できない冬の昆虫採集、そして自然との触れ合いは参加者の皆様にとって素晴らしい体験になったのではないかと思います。
DSC00452.jpg
今後も皆様方に楽しんで頂けるイベントを企画して参りますので是非カピックセンターにお越し下さいね(^^)

しもまつ 🎣🎸



協力隊 コミュニティ開発 技術補完研修

青年海外協力隊 コミュニティ開発 技術補完研修
野外調査(フィールドワーク)は最終日となりました。
これまでにお世話になった方々にごあいさつして回ったようです。
FW最終日_1  FW最終日_2  FW最終日_3
高隈の皆様には本当にお世話になりました。
明日からは取りまとめに入ります。
頑張れ研修生!


つかだ

協力隊 コミュニティー開発 技術補完研修 フィールドワーク

協力隊 コミュニティ開発 技術補完研修はフィールドワークを11日間行います。
本日を含めてあと2日になりました。

研修生は元気いっぱい、出かけていきました。
フィールドワーク_20170303_1

農村社会の景色にも慣れてきているようです。
フィールドワーク_20170303_2

養鶏場のお手伝いも様になってきました。
フィールドワーク_20170303_3
フィールドに出られるのは明日まで。
最後まで気を抜かずに頑張りましょう。


つかだ

JICA研修【ブータン果樹栽培】 又野果樹園

本日は、肝付町新富にあるデコポン農家の又野果樹園さんにて研修させていただきました。今日はあいにくの雨で露地の果樹作業はできなかったので、ハウス内の収穫が終わった果樹の剪定を徹底的に指導していただきました。園主の又野さんには、2か月の研修の中で本日が最後の研修先であることを告げると、今日の研修では研修生に何本かの木の剪定を任せる方針で研修がスタートしました。 前年の秋に伸びた枝、そして先日の収穫前まで実がなっていた枝は来年実がならないので、切る必要があるとアドバイスがあり、結局4~5本の剪定をさせてもらい、そしてお昼・素敵なプレゼントまでいただき約2か月間の研修を締めくくる研修生のご褒美となりました。笑顔が素敵な又野夫妻に感謝です。ありがとうございました♪

DSC00394_20170302172605292.jpg DSC00397.jpg DSC00400.jpg

くらうどん 

JICA研修【ブータン果樹栽培】 沼田養鶏場

本日は、輝北町にある【沼田養鶏場】にお世話になりました。

沼田さんは、有機でお茶を栽培している鶴田さんに手伝ってもらいながら
鶏糞を使って肥料を作り
その肥料で野菜を育て
その野菜を鶏の飼料にも使う
という循環型の畜産農業をされています。
あられが降る悪天候の中、鶴田さんにオーガニック肥料の作り方を教えていただきました。
新しい肥料の作り方に研修員も興味津々。
20170302-1.jpg

午後からは、お天気も少し回復し、畑で作業しました。
狭い土地を有効利用するために、深い場所にジャガイモを植え、その上に二十日大根を植えるという、これまた新しい栽培方法を教えていただきました。
20170302-3.jpg

お忙しい中、温かく受け入れてくださり、本当にありがとうございました!
20170302-2.jpg

ハマダ^^

JICA研修【ブータン果樹栽培】 加連川造園

本日は、上高隈町の【加連川造園】で実習しました。

野菜の圃場や田んぼを見学した後、奥様手作りのお蕎麦をいただきました^^
その後、農業機械の操作の仕方や野菜の苗の植え替えを教えていただきました。
20170301-2.jpg

初めて、トラクターと耕運機を運転した研修員。
子どものように夢中になって練習していました。
20170301-1.jpg

お忙しい中、温かく受け入れてくださり、本当にありがとうございました!
ハマダ^^

JICA研修【ブータン果樹栽培】 吉田自然農園

本日は、KAPICから程近い下高隈にある吉田自然農園にて研修をさせていただきました。”自然とともに生きる”ために約30年前から現在の土地で自然農を実践されている吉田さん。非常に活発に終始動いては種をまき、そして収穫しながらそれぞれの植物の生育状態を確かめていました。この日は、紅菜苔・カリフラワー・ネギの収穫および洗浄・パッキング、防風ネットの取り付けなど様々な経験をさせていただきました。園主の吉田さんは、お話しの中で特にブータンの農家さんがどのように農業をされているのか?について興味をお持ちで、逆質問の形でブータンの農業について多くの質問をしていただきました。Living within NATURE! まさにこの言葉をそのまま実践されている吉田さんでした。お昼には自宅で飼っている薩摩地鶏やその卵、畑でとれた沢山の野菜を使った料理をご用意いただき本当に、ありがとうございました。そして、最初から最後まで頑張って英語を使って研修生をサポートしてくれた5歳のお孫さん”シュン君”にも感謝でした。

DSC00373.jpg DSC00377.jpg DSC00381.jpg

くらうどん 

JICA研修【ブータン果樹栽培】 吉原果樹園

本日は、東桜島町にある【吉原果樹園】にお世話になりました。

まずは、ビワの袋掛けを体験しました。
ブータンでは、果物に袋掛けをすることはないそうで、袋掛けの効果について詳しく教えていただきました。
20170228-3.jpg

午後は、柑橘の果樹園も見学させてもらいました。
吉原さんは、根接ぎのエキスパート!
ということで、無理にお願いしてやり方を教えていただきました。
20170228-2.jpg

お忙しい中、お時間を割いてくださり、本当にありがとうございました!
20170228-1.jpg

ハマダ^^

JICA研修【ブータン果樹栽培】 安田農園

本日は、曽於市大崎にある安田農園にて研修させていただきました。トマト・きゅうり・マンゴーの苗づくりにおける土づくり、苗づくりおよび接ぎ木の方法や剪定について、幅広く学ぶことができました。接ぎ木に関しては、研修生が今回初めて経験した安田さん独自の接ぎ木技術を紹介され、非常に驚いていた様子でした。また、土づくりでは、約90度の水蒸気で1時間(夏場は30分)土を蒸す、蒸気土壌消毒の方法を見学させていただきました。そして、約40年の農業経験に基づいた独自の理論と実践経験を持つ園主の浜田さんからは、「他の人とは違うことをして、常にNo1を目指して努力しなさい!」との激励をいただきました。改めて、日本の農家さんの底力を垣間見ることができた研修となりました。お忙しい中、ご丁寧にご指導くださり、本当にありがとうございました。

DSC00331_20170302163348429.jpg DSC00350.jpg DSC00368.jpg

くらうどん 

JICA研修【ブータン果樹栽培】 吉村観光農園

本日は、霧島市国分重久にある【吉村観光農園】で実習しました。

ナシの栽培や管理について詳しく教えていただきました。

剪定では、どのように切る枝と残す枝を選ぶか
誘引では、枝を倒す方向をどのように決めるか、立っている枝をうまく倒すにはどうするか
接ぎ木では、新しい知識を教えていただきました。
20170225-1.jpg

そして、今がシーズンのイチゴ狩りも体験させていただきました。
20170225-3.jpg

お忙しい中、温かく受け入れて下さり本当にありがとうございました!
20170225-2.jpg

ハマダ^^

プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ