FC2ブログ

JICA青年研修「ネパール初中等教育行政コース」 ホームステイ対面式

ネパール研修員たちは、今日から1泊2日のホームステイに出発しました。
子供さんのいる家庭で交流を楽しみながら日本の生活習慣や文化、家庭教育について学びます。
楽しい思い出をたくさん作ってきてくださいね!

さかい

JICA青年研修「ネパール初中等教育行政コース」 鹿屋市教育委員会、田崎小学校

今日の午前中は鹿屋市教育委員会を訪問しました。
中野教育長にごあいさつした後、鹿屋市の教育概況や教育行政について講義いただきました。
DSC09301.jpg DSC09306.jpg DSC09326.jpg

午後からは田崎小学校を訪問しました。
初めて見る日本の小学校に興味深々、いろいろな発見があったようです。
DSC09345.jpg DSC09335.jpg DSC09375_20191207105733a3d.jpg

さかい

JICA青年研修ネパール初中等教育行政コース~日本の教育行政講義、県教育委員会

ネパール研修員たちは、フェリーで鹿児島市に向かいました。
ネパールは内陸の山国ですから、大きなフェリーにバスごと乗って海を渡るなんて、生まれて初めての経験です。
みんなうれしそうに写真を撮っていました。
DSC09231.jpg

午前中は自治会館で鹿児島大学教育学部の前田晶子教授から「日本の教育行政」の講義をうけました。
現在のことだけではなく、日本がかつて貧しかった時代からの教育の変遷についてもお話を聞くことができました。
ネパールでは、学校に行けない子供たちもまだ多く、就学率を上げるためにどうしたらいいのか、など質問が出ていました。
DSC09243_201912061346430a4.jpg DSC09253.jpg DSC09257.jpg


午後からは鹿児島県教育委員会を訪問。
前田教育次長にご挨拶した後、「県の教育概況」「学力向上の取り組み」「僻地での教育」の3つのテーマで講義を受けました。
研修員からは教員の人事異動などについての質問がありました。
DSC09264.jpg DSC09266.jpg DSC09290.jpg

日本の教育行政について理解を深めるとともに、ネパールとの違いも見えてきたようです。

さかい

JICA青年研修「ネパール初中等教育行政コース」はじまりました

JICA青年研修「ネパール初中等教育行政コース」の研修員9名が、昨日、KAPICに到着しました。
今日の午前中は研修のオリエンテーションでした。
DSC09168.jpg

午後のワークショップでは、ネパールの教育における問題点、そして、今回の研修で学びたいことをグループごとにリストアップして整理し、発表しました。
DSC09200.jpg DSC09211.jpg

これから12/16までの約2週間、教育委員会や学校を訪問したり、ホームステイしたり、さまざまな角度から学んでいただくことになります。

さかい

大姶良小学校3年生の皆さん

こんにちは!
本日は大姶良小学校3年生の皆さんがお越しくださいました。
素敵な写真とともに紅葉速報もお伝えします

本日の国際理解プログラム、ひとつめは
ディベヒ語を使った暗号解読ゲーム!
外国語で書かれた暗号をグループのみんなで解読し、
部屋に隠されたヒントを探しました!
最後のヒント探しは、グループの垣根を越えて全員で!無事解読に成功しました。

DSC07888_20191129162247751.jpg

ふたつめはフィリピン人講師による
プランティングライスゲーム!(田植えゲーム)
プランティングライスゲームとは、
並べられた大小のペットボトルに稲を植えていくフィリピンのゲームです。
先生と子供たちが一丸となり、全員ゴールすることができました。

DSC07916.jpg DSC07933.jpg

プログラム中には、
Hello!というと元気な挨拶を返してくれる場面も
終了後も、「Thank you!」と知っている英語を使って話しかけたり、
手を挙げて質問をするなど、子どもたちの積極的な姿がとても印象的でした。

DSC09121.jpg

そして、ランチタイムにもお邪魔してきました
イチョウの紅葉と、芝生の緑、赤い帽子をかぶった子供たちの笑顔
「私のお弁当、見て!」「おいしすぎる~!」と言う声をたくさん聞くことができ、
親御さんをはじめお弁当を作った皆さんに聞かせられないのがもったいない……!
と思いながら写真をパシャリ。

DSC09095.jpg DSC09092.jpg

昨日の雨とは打って変わって、太陽も子供たちの笑顔もまぶしい
素敵な1日となりました。
※写真は11/29(金)現在の様子です。

DSC09088.jpg

ふるかわ

カピック 紅葉速報☆彡(2019年11月28日現在)

こんにちは!
現在、垂水市ではたるみず千本イチョウ祭りの真っただ中ですね。
夜間ライトアップまで時間があるな~という方……
外は寒くてなかなか紅葉を見に行けないな~という方……
カピックセンターで紅葉狩りはいかがでしょうか?

ちなみに、カピックセンターの外から見た紅葉がこちら↓
しかし、おすすめは外からではないのです。

DSC09084.jpg

なんと、館内からも紅葉を見ることができるのです。
館内から同じ木を見たらこんな感じです。全然ちがいますね!↓

photocat1.jpg

photocat3.jpg photocat2.jpg

館内を進むと、カピックセンター自慢の3本イチョウも見ることができます。
現在の色づきはこんな感じです。↓

DSC09068.jpg photocat4.jpg

カピックセンターは9:00~17:00まで無料開放しております
(月曜日は休館日です)
ぜひぜひ、外からではなく館内にもお立ち寄りくださいませ
イチョウ祭りの期間中、はずれなしの抽選会も行っております!

ふるかわ

野里小学校1,2年生 笠之原小学校6年生のみなさん

こんにちは!
本日は、野里小学校1,2年生、笠之原小学校6年生のみなさんが
お越しくださいました。

午前中は野里小学校のみなさん、最初は世界地図パズル!
虫食いになっているパズルを、全員で協力して完成させました。
太平洋などヒントが少なく難しい部分も、(ほぼ水色!)
チームのみんなの大きな声援もあって無事クリアできました。
その後はみんなで完成した世界地図を確認し、
いろいろな国の位置や、面積の広さなどを確認しました。
ロシアの広さにとてもびっくりしている子ども達が多かったようです。

DSC08996.jpg DSC09002.jpg

そのあとはロビーで国旗あてゲームをしました。
自分の首にかけられた国旗が、どこの国か
お友達にヒントをもらいながら考えました。
なかなかヒントを出しにくい国旗も、
みんなが教え合って乗り越えている姿が印象的でした。

DSC09018.jpg

午後は笠之原小学校のみなさんとチャイカイゲーム!
いろいろな国の言葉で書かれた果物の名前を、神経衰弱のようにして学びました。
覚え方を考えてみよう、とアドバイスすると
「ボー(ベトナム語でアボカド)」はア「ボー」カド……などなど
次々と覚えていく姿に驚きました!

DSC09024.jpg

チャイカイゲームのあとはブラジルについて学びました。
写真は○×クイズに挑戦している様子です。
序盤で、ポルトガル語でRONALDはホナウドと発音する、と説明していたのですが
後半に通貨であるレアルのお話をすると、すぐに「ヘアルだ!」と答えてくれて
大変関心しました。

DSC09036.jpg DSC09030_20191122162140776.jpg

本日は、すれ違うと必ず「こんにちは!」
終わった後の、一人一人からの「ありがとうございました!」
という元気な声が響き渡ったカピックセンターになりました。

Chao(チャオ!)

ふるかわ

肝付町特別支援学級の皆さん

안녕하세요!(こんにちは!)
本日は、肝付町特別支援学級の皆さんが来られました。
いろいろな国の切手を使って、栞作りを行ないました。
色鉛筆でデザインした後は……ラミネートとリボンをして完成!
質問してみると、「サッカーが好きだからボールを書いたよ!」
「いつか韓国に行きたいから、韓国語を勉強中!」などなど
たくさんおはなしをしてくれました。

DSC08983.jpg DSC08982.jpg

完成した栞を少しご紹介します
やっぱり男女問わず、ねこちゃんの切手は大人気でした 私も猫派です。

DSC08991_201911211432400ee.jpg DSC08986_20191121143239d3e.jpg

作っている間にも、子どもたちが自分の選んだ切手を持って来て
「これはどこの国?」と、たくさん質問しに来てくださいました
ちなみにこれはROMANA、ルーマニアの切手です。
『After the Chase(狩りの後)』 という、
Jacob Jordaens(ヤーコブ・ヨルダーンス)の絵画がデザインされているようです。

DSC08986-2.jpg

そして最後に、みんなで切手に書かれている国の位置を確認!
世界にはまだまだ行ったことのない国がたくさんありますね。

DSC08993_20191121143242bac.jpg

「ここに行ってみたい!」と世界地図を指さす子ども達の姿が
とても印象的な時間でした。
いつかその夢がかないますように……

후루카와(ふるかわ)

ホストファミリー交流会

本日は、カピックで研修する外国人のホームステイを引き受けてくださる
ホストファミリーの交流会を開催しました。
11組21人にご参加いただきました。
ふだん、なかなかもつことのできないホストファミリー同士がゆっくり話す機会
になったかと思います。
情報共有とホームステイ事業に関する提言もいろいろといただくことができました。
世界のいろいろなお菓子とお茶をご用意しましたが、チュニジア産のロクム(ターキッシュデライト)
がいちばん好評でした。
いっしょに来た子どもたちは、カピックの国際理解プログラムを体験して
もらいました。外国語を使った暗号解読やペタンクなどを楽しみました。

 DSC01920.jpg

初めてのホストファミリー交流会でしたが、ホストファミリーのみなさんの
お話がたくさんうかがえて、たいへん勉強になりました。
ホームステイが地元のみなさんの異文化・国際理解におおいに
役立っているのを実感して、うれしく思います。

本日は、お忙しいところお集まりいただき、どうもありがとうございました。
今後ともホストファミリーのみなさまには、ホームステイ事業へのご協力を
お願いいたします。

こっこ

高須小学校 東串良町特別支援学級のみなさん

本日は、高須小学校 東串良町特別支援学級のみなさんがお越しくださいました。
午前中は高須小学校の皆さんと紙コップを使いながら、
川にいる魚やプランクトン、外来生物、食物連鎖などなど、
環境問題について学びました。

DSC08894.jpg

その後はチャイカイゲーム!
いろんな国の言葉で書かれた果物の名前を見て、同じ果物を取る神経衰弱です。
子ども達の記憶力の良さに、スタッフもびっくりしました!
そして最後には、自分の名前を韓国語で書いてみました。
初めて読むハングル文字に初めはとまどっていましたが、全員書くことができました!

DSC08916_20191115142858d4b.jpg DSC08930.jpg

午後からは東串良町特別支援学級のみなさんと
世界の切手を使ったしおり作りをしました。
かっこいいデザイン、かわいいデザインなどなど……。世界に一つだけのしおりが完成しました!
「たくさんあるから迷うなあ~~……。」

DSC08938.jpg DSC08941.jpg

作ってラミネートをした後は、世界地図で自分の選んだ切手の国を確認!
赤道ギニアの猫の切手が人気だったようです。
最後は全員でモルディヴの言葉を使ったゲームをしました!

DSC08950_2019111514290429a.jpg DSC08955.jpg

少し寒くなってきましたが天気もよく、子ども達の笑顔あふれる1日でした。

ふるかわ

JICA研修「農民参加による農業農村開発」 天球館、高千穂牧場

鹿児島での研修の最終日です。

輝北天球館、上場公園から錦江湾に浮かぶ桜島を見ました。
DSC01873.jpg

畜産業の6次産業化の事例として高千穂牧場を訪問しました。
DSC01886.jpg DSC01903_2019110919002028d.jpg

霧島連山を眺めながら足湯を楽しむ研修員。
DSC01894.jpg

お天気にも恵まれ、美しい鹿児島を満喫していただくことができました。
国に帰っても、鹿児島のこと忘れないでくださいね。

さかい



海外子女教育協議会の皆さま

本日は、海外子女教育協議会の皆さまがお越しくださいました。

ワークショップのご要望を頂いたので、体験型の異文化理解ワークショップを実施しました。

異文化に飛び込んだ時、、、
異文化が入ってきたとき、、、
どのように感じるのか、どのように行動するのかを実際に体感していただきました。
DSC08803.jpg DSC08806.jpg

アクティビティの後は、全体で共有をしました。
「(異文化に入ってみて)少し怖いと思った。」
「なにをしているのか全く分からなかった。あいさつもしてくれなかった。さみしい感じ」
など、実際にどのように感じたかを発表してもらい、

”異文化を理解するうえで大切なことは何か”について、考えて頂きました。
DSC08858.jpg DSC08873.jpg

「自分たちの文化を通すのか、相手に対応していくのか。
どちらが正しいということはなく、お互いにちょうど良いところを探っていくという姿勢が大切なのではないか。」

発表された方の言葉に、カピックスタッフも頷くばかりでした。


海外で働いた経験がある、これから海外へ出る、という皆さま。
出てくる意見が様々な視点から述べられており、大変勉強になりました。

海外子女教育協議会の皆さま、ありがとうございました。


かりや

JICA研修「農民参加による農業農村開発」 道の駅、農村婦人グループ

午前中は錦江町の道の駅「にしきの里」を訪問しました。
農産物、海産物の直売所の運営について詳しく教えていただきました。
DSC01809.jpg DSC01815.jpg

道の駅の目の前はビーチです。
海に入って遊ぶ研修員もいました。
DSC01821.jpg

午後からは、農村女性の活動について学びました。
まずは、加工グループの商品を販売しているAコープの売り場と加工センターを見学しました。
DSC01826.jpg DSC01832.jpg 

吾平山陵加工グループの堀之内さんから、生活改善、加工グループ、グリーンツーリズムなど、彼女がかかわってきた様々な活動についてお話を聞きました。
DSC01837_20191109185417b46.jpg

最後に、農家民宿「元気印の菜園畑」を見学しました。
DSC01841.jpg DSC01850_201911091854202d4.jpg

さかい

JICA研修「農民参加による農民参加による農業農村開発」 大隅地域振興局、鹿屋市

JICA研修員たちは、午前中は大隅地域振興局を訪問しました。
大隅地域の農業、農村振興、普及員のことなど講義をうけました。
DSC08734_20191109184942db2.jpg

午後からは鹿屋市で6次産業化について講義をうけました。
DSC08745.jpg

それから6次産業の2つの事例を視察しました。
南橋商事のサツマイモ。
DSC08760.jpg DSC08772.jpg

鹿屋健康アグリのニンニク。
DSC08780_2019110918494780e.jpg DSC08787.jpg

行政の役割や6次産業化について、さまざまな学びがありました。

さかい

JICA研修「農民参加による農業農村開発」 高隈地区農家インタビュー、ワークショップ

高隈での研修3日目。
午前中は、3つのグループに分かれて農家を訪問し、インタビュー調査を行いました。
DSC01688.jpg DSC01696.jpg DSC08694.jpg

たかくま石倉館に移動して、さらにインタビューを続けました。
DSC01702.jpg

昼食は高隈地区の婦人部の皆さんが郷土料理をつくってくださいました。
DSC01742.jpg

午後からは高隈地区コミュニティ協議会の方々もワークショップに参加くださいました。
DSC01727_20191107181852315.jpg

最後に高隈地区について調査した結果を研修員が報告し、地域の方々からコメントをいただきました。
DSC01762.jpg DSC01775.jpg

協力くださった高隈の皆様、本当にありがとうございました!
DSC01793_20191107181901ee8.jpg

さかい

JICA研修「農民参加による農業農村開発」 高隈地域視察

11/5は高隈地域を視察しました。
旬彩館の直売所、中津神社、観音淵、谷田の滝、棚田などをまわりました。
DSC08625_2019110718190212b.jpg DSC08635_20191107181904ae7.jpg

DSC08648.jpg DSC08652.jpg

午後からは「水」に関して学びました。
簡易水道や農業用水など、水管理について講義を受け、実際の現場を視察しました。
DSC08670_20191107181910ee6.jpg DSC08673_2019110718191149d.jpg

昨日の講義と今日の視察で、高隈地区のことがだんだんわかってきました。

さかい

JICA研修「農民参加による農業農村開発」 初日

JICA研修「農民参加による農業農村開発」の皆さんが到着されました。
アフガニスタン、カンボジア、コソボ、フィジー、ベトナム、南スーダンからの11名の研修員です。
ちなみにKAPICにコソボの方がいらっしゃるのは初めてです。

最初の3日間は高隈地区での農村調査です。
さっそく高隈地区コミュニティ協議会の浜田会長に来ていただき、地域の概要を講義いただきました。
DSC01674.jpg

さかい

2019年ミャンマー農業研修生 最終報告

今日は最終日で鹿児島で学んだことの発表を行いました。初日と最終日で目標が達成できたかどうか?母国に戻って、学んだことを実現できるかどうか など発表してもらいました。研修員たちのそれぞれの発表は日本人と視点が異なり、面白くもありとても勉強になりました。

DSCF2906.jpg
最終日まで事故も病気もなく とても良かったです。無事 修了証もお渡しできました。それぞれ母国へ戻ってからの活躍が楽しみです。 kyanhta kyanmar ba se!

DSCF2921.jpg

ulay こと ヤスシ

2019年ミャンマー農業

曽於市で鶏卵や陸の孤島マヨネーズを生産販売しているサテライト社を訪問いたしました。

DSCF2863.jpg  DSCF2858.jpg

サテライト社の日本で一番高い卵がなぜ生まれたか?というストーリからブランディングのお話になりました。
ブランド化して付加価値をつけ、他社製品と区別化して収益を上げる発想には驚いたようでした。
社長の川原氏よりぜひ地元に戻り、自家農産物のブランド化を勧められました

DSCF2868.jpg  DSCF2871.jpg


DSCF2875.jpg  DSCF2881.jpg

やすし

西原台小学校2年生の皆さん

本日は、西原台小学校2年生の皆さんがお越しくださいました。

秋の1日遠足でのご利用で、鹿屋市民族館とカピックセンターでプログラムを体験しました。

カピックセンターでは、モルディブの「ディベヒ語」を使った遊びをしました。
普段聞きなれない言葉に少し戸惑った様子でしたが、あっという間に覚えてゲームを楽しんでいました。

その後、国旗づくりをしました。
国旗には様々な思いが込められていることを学び、自分だけのオリジナルの国旗を作りました。
とても個性的な国旗がたくさん出来上がりました。(特にネーミングセンスが抜群!!)
DSC08601.jpg DSC08568_20191101131834cac.jpg DSC08597_20191101131836ac3.jpg DSC08600.jpg

今日の時間を通して、子どもたちの中の世界が少しでも近くなってくれたら嬉しいです。
西原台小学校2年生の皆さん、また遊びに来てくださいね!!

かーりー

プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ