NPO法人にじ の皆さん

NPO法人にじの子供たちが「あじさい遠足」でKAPICに来てくれました。
缶バッジや世界の切手しおりを作りました。
世界に1つしかないユニークな作品ができあがりました。

にじいろ 缶バッジ DSC00776_20170621113103bb2.jpg  DSC00777_20170621113148461.jpg

最後に世界のフルーツの名前を使ったカードゲーム「チャイカイ」で遊びました。
にじいろ チャイカイ

お昼ごはんには、ブラジル料理も食べました。
いろんな体験ができて、よかったですね。

さかい

曽於市立笠木小学校のみなさん

曽於市立笠木小学校1~4年生24名が遠足でいらっしゃいました。
ブラジルの動物やお魚のお話を聞いた後、ブラジルの挨拶の言葉を練習しました。
みんなとっても優秀だったので、ご褒美に「世界の魚切手」をプレゼント。
切手をもらった子供たちは、元気よくオブリガード!オブリガーダ!とお礼を言ってくれました。
笠木小  笠木小1

さかい

細山田中学校 宿泊研修

鹿屋市立細山田中学校の1年生33名が1泊2日の集団宿泊研修をしました。

5/24(1日目)
まず最初はチーム対抗で行うゲームをしました。
みんなで知恵を出し合って工夫したり練習したりしなくてはなりません。
やっているうちにだんだんチームワークがうまくいくようになりました。
フラフープ グループワーク2

次にミャンマーに送る絵本作りを体験しました。
絵本にミャンマー(カレン語)の翻訳シールを貼り付ける作業が終わったところで、タイミングよくミャンマーの農業研修員がもどってきたので、ミニ交流もできました。
DSC00410.jpg DSC00423_201705261117363ee.jpg

夕食はネパールのカレーを食べました。
DSC00430.jpg

5/25(2日目)
世界のことわざを通して文化の違いを知るワークショップ。
ばらばらになった言葉のカードを組み合わせてことわざを作ります。
できあがったものは「熟したバナナは緑色に戻らない」「ヤギにギターを聞かせる」「子供のいる家はバザール」など、日本では考えつかないようなことわざでした。
DSC00463_20170526111745289.jpg 

次に、世界のいろいろな国の家族の写真を見て、1泊2日で行くとしたらどれ?一番幸せそうなのはどれ?
グループで話し合いながら、世界のこと、幸せのことを考えました。
地球家族

昼食はBBQ
DSC00571.jpg

ふりかえりでは、昨日からの研修を通してお友達のいい点を見つけて伝えあいました。
そして最後に、「人間イス」に挑戦。
何度か失敗しましたが、最後に成功!みんなで支えあうことの大切さがわかりました。
DSC00594.jpg

さかい

第一佐多中学校~宿泊研修

南大隅町立第一佐多中学校の7名の1泊2日の集団宿泊研修。

最初のアクティビティでは、スペイン語を題材にして言葉とコミュニケーションについて学びました。
言葉アクティビティ

「水」について学ぶワークショップでは、ネパールの水運びを体験。
水の重さと大切さを体感しました。
DSC00395.jpg DSC00392.jpg

屋外でネイチャーゲームの予定でしたが、雨のため室内で「食物連鎖」のワークショップ。
DSC07427.jpg

夕食はBBQでした。
BBQ_20170525152941e0a.jpg

5/25(2日目)
日系青年ボランティアとしてブラジルで活動したスタッフによるブラジル紹介。
DSC00783.jpg

ブラジル料理の調理実習。
フェジョワダ(豆の煮込み)、パステウ(ブラジル揚げ餃子)、ビナグレッチ(サラダ)を作りました。
DSC00807_201705251530143cb.jpg DSC00827.jpg

最後に、ミャンマー難民のための絵本作り。
DSC00582.jpg

少人数の中学校で、チームワークがとても良く、みんなで助け合いながら楽しんでいたのが印象的でした。

根占中学校~宿泊研修

南大隅町立根占中学校42名の生徒の皆さんがカピックセンターで宿泊研修を行いました。

5/23(1日目)
入所式のあと、アイスブレーキング、そしてグアテマラのお話を聞きました。
DSC01057_20170525161804f0a.jpg DSC01071.jpg

屋外では、みんなで知恵を出しあい、協力しながら取り組むいくつかのアクティビティを行いました。
DSC00297.jpg DSC01135_20170525161820fde.jpg

鹿屋市国際交流員の李さんによる韓国紹介
DSC00726.jpg

夕食はBBQでした。
DSC00315.jpg


5/24(2日目)
輝北中学校と合同で「100人の村」ワークショップを体験しました。
世界の格差についてチョコレートを使って体感した中学生たちは、驚いたり憤ったりしていました。
合同100人村2

世界のことを、さまざまな角度で学ぶことができた2日間でした。

輝北中学校~宿泊研修

鹿屋市立輝北中学校19名の生徒のみなさんが、カピックセンターで1泊2日の集団宿泊研修を行いました。
滞在中は楽しいプログラムが盛り沢山!!

5/23(1日目)
入所式を済ませると、早速、アイスブレーキング。
お友だちにヒントをもらいながら、カードに書かれた国を探っていくゲームです。
DSC00211.jpg

次に、色紙を使って世界の国旗を作るワークショップ。
グループ対抗で、たくさんの国旗を作り上げました。
ブログ2  ブログ

午後は、マダガスカルの鬼ごっこ「クバーラ」を体験。
暑さに負けず、走りまわりました。
DSC00249.jpg

鹿屋市国際交流員の李さんの韓国紹介。
ブログ4

これはどこの国の話かなー?国旗の真ん中に何が見えるんだろう?
グアテマラのことも学びました。
ブログ3

5/24(2日目)
輝北中学校と根占中学校の合計59名の生徒がいっしょになって「100人の村」ワークショップを体験。
世界の人口、年齢構成、文化の多様性、そして格差について学びました。
合同100人村



菱田小学校 一日遠足

昨日は、菱田小学校のみなさんが一日遠足でカピックセンターに来館されました。

世界地図パズル  をチーム対抗戦で行いました!!チームで力を合わせて頑張っていました!!

DSC00113.jpg  DSC00109.jpg

グアテマラの食べ物について~小学校について~民族衣装について~などなど。

そのあとは、グアテマラの挨拶の仕方を練習しましたよ。

DSC00937.jpg  DSC00933.jpg

質問コーナーでは、グアテマラの車は?果物は?乗り物は?などなど、いっぱい質問がありました。

吉峰



花岡小学校 一日遠足

Hola!!(スペイン語でこんにちは) 
花岡小学校の1、2年生のみなさんが、一日遠足でカピックセンターに来館されました

今日は、”グアテマラ”についてお話しましたよ。

DSC00159.jpg  DSC00158.jpg

スペイン語で数字を勉強したり、ゲームをしたり。ウノ!ドス!トレス!クアトロ!シンコ!

グアテマラの民族衣装”ウィピル”を紹介すると、綺麗!とか色鮮やか!と興味深々。
実際に試着もしてみました。

DSC00170_20170519160024c63.jpg   DSC00174_20170519160023e81.jpg


みなさん今日はGracias(スペイン語でありがとう)

吉峰

鹿屋小学校3年生 カピック訪問

鹿屋小学校3年生のみなさんが、春の一日遠足で、カピックセンターを訪れました。

国際理解の授業と題し、カピックのスタッフがの話をしました!
DSC00854.jpg

この授業はゲームやクイズをしながら他の国を知ることができる楽しいプログラムです。

ゲーム!世界地図を完成させよう!!
DSC00836.jpg 
リレー方式だから、みんな一生懸命 チームで力を合わせて取り組むことが大事ですね。
DSC00842.jpg  DSC00841.jpg
完成しましたー!!  拍手
DSC00844.jpg

その後、クイズをしながらブラジルのあんな話や??ーこんな話??を真剣に聞いていました。

カピックセンターから新しい世界を、学べましたか~ 

また遊びにきて下さいねー!

吉峰







寿小学校2年生 「スーホの白い馬」でモンゴル体験学習

鹿屋市立寿小学校2年生102名が、アジア太平洋農村研修村に体験学習に来ました。
2年生の国語の教科書にある「スーホの白い馬」という物語にちなんだ学習です。
民族館では、その物語に出てくる楽器「馬頭琴」やモンゴルの民族衣装を体験しました。
そして、カピックではモンゴルの場所や動物、食べ物、お祭り、ゲル、お相撲さんのことなどをクイズを通して学んだり、モンゴルのキリル文字にチャレンジしたりしました。
教科書で読むだけでなく、こうした体験を交えることによって、物語の背景を理解したり、モンゴルという国や文化への興味を引き出すことができたと思います。

寿小1 寿小3 寿小2

さかい

輝北町高齢者学級の皆さま来訪~♪

本日、輝北町高齢者学級の皆さんがKAPICを訪れ、国際理解プログラムを受講していただきました。
 まず最初に、隣りの民族館に立ち寄った後、KAPICでお茶休憩をして、その後世界の文字体験「リーランラ」というゲームを体験しました。エジプト・ネパール・バングラデシュ・ブルガリアの4か国の文字一覧表を参考に、いくつかの問題に挑戦してみました。 その後、職員のアフリカでのボランティア活動体験談を聞いてください、アフリカにすむ人々の生活・考え方について、写真や動画を交えながら学んでもらいました。 皆さん本当に元気な方ばかりでした。お土産の”からんももち”美味しかったです♪また来年も是非遊びにきてくださいね~♪

DSC07999.jpg DSC06375.jpg DSC06380.jpg DSC06382.jpg

くらうどん 

曽於市立恒吉小学校家庭教育学級

曽於市立恒吉小学校の家庭教育学級のみなさんが研修にいらっしゃいました。
ネパールのカレンダー、水がめ、食器などに触れたり、民族衣装のサリーも試着していただきました。
気分が盛り上がってきたところで、「レヌカの学び」ワークショップ。
ネパール女性レヌカさんの「水道やガスがないネパールでの家事は重労働だけど、日本には電化製品がたくさんあって便利。日本だったら主婦になりたい」という考えを知り、参加していたお母さんたちは衝撃を受けていました。
「ネパールでは朝ご飯を必ず食べる」のは、1日2食の生活習慣からきていること、日本では野菜や果物がパック詰めされているので、レヌカにとって「ちゃんと選べない」状態だったことなど、レヌカさんのエピソードを通して、日本とネパールの違いについて考えたり、自分たちの生活を見直したりすることができました。

恒吉小


さかい

財部北小の皆さん来訪♪

12月4日(日)に、財部北小学校の皆さんおよびご家族の方がKAPICに来て国際理解プログラムを受講していただきました。最初に、簡単に施設見学をしてから、ロビーの国旗を使って「私の国はどこでしょう?」ゲームをしました。各自には見えない様に国旗プラカードを後ろに掲げ、友だちからのキーワード(例:国旗の真ん中に、白い☆がある)を頼りに、国名を当てるゲームです。ゲームを通して、普段見慣れない国旗・国名を学ぶことができたのではと思います。

DSC07908.jpg DSC07913.jpg

次のゲームは、KAPICの代名詞、世界地図パズルです。今回は人数的に丁度よい感じでしたので、0からみんなでパズルを作り上げてもらいました。途中、北米とヨーロッパが反対に置かれていたハプニングもありましたが、何とかみんなの力を合わせてパズルを完成させることができました。そして、次のゲームはリーランラ「世界の文字体験」で、ネパール・バングラデシュ・ブルガリア・エジプトの文字をゲームを通して学び、その後、チャイカイというカードゲームで、果物の名前を色々な国のことばを使って学ぶことができました。 次回来られる時は、さらに深く世界の事を学んでいただけるプログラムを組みますので、是非お越しください♪

DSC07921.jpg DSC07924.jpg DSC07930.jpg DSC07932.jpg

くらうどん 

桜ヶ丘病院の方々が来訪くださいました♪

本日午後、桜ヶ丘病院の方々がKAPICで国際理解プログラムを受講されました。
今日のテーマは”アフリカ!”ということで、アフリカ(西アフリカ)の太鼓とリズムを通して、人々の生活について映像を通して学んでもらい、その後、アフリカ太鼓(ジェンベ)の説明をしました。そして最後に、講師がボランティアで派遣されていたマラウイ共和国の紹介と活動紹介があり、参加された皆さんはアフリカが少し身近に感じることができたのではないでしょうか? 皆さまのまたのご来訪をお待ちしております!! 

DSC07864.jpg DSC07867.jpg DSC07868.jpg DSC07870.jpg

くらうどん 

東麓子ども会 国際理解プログラム

本日は、東麓子ども会の子どもたちとお母さま方14名が
カピックにて国際理解プログラムを受講しました。

はじめての訪問ということで、どんな内容なのか、お母さま方が
ドキドキされていたようです。

まずは、世界の国旗ビンゴゲームをしました。
はじめてみる国旗が多くて新鮮なようでした。
なかなかビンゴが出ずに、白熱したゲームになりました。

次に、世界地図パズルをみんなで完成させました。
ピースの数が多くて、けっこう苦労していたようです。

 DSC07831.jpg DSC07835.jpg

最後に、世界の切手を使ってしおりを作りました。
それぞれ気に入った切手で上手に作れました。

DSC07841.jpg DSC07844.jpg

本日は、みなさん世界のことを少し意識する1日になったようです。
また、カピックに遊びに来てください。
ありがとうございました。

こっこ


錦江町立池田小学校PTAのみなさん

 錦江町立池田小学校PTAのみなさんが先生、親子で来てくれました。
プログラムはブラジルについてゲームを通して学んでもらうです。

 子供さんたちは最初からブラジルの動物、学校の様子などに興味津々でした。
DSC07810.jpg

 ブラジルのことを少し知ってもらった後は「ブラジル○×クイズ」
DSC07822_201611201509379d9.jpg

 全部で18問というたくさんの問題とお父さん、お母さんでも分からないような難しい問題もありましたが、最高13問正解した子供さんが2名もいました(^^)
 DSC07819.jpg

 少しでもブラジルのことについて知る機会になったのなら嬉しいです。
最後はポルトガル語で「ありがとう」と「バイバイ」という意味の「オブリガード(ダ)」、「チャオ!」を元気よく言ってくれました。
DSC07791.jpg

 また是非カピックセンターにお越しくださいね(^^♪

 しもまつ


鹿児島県海外子女教育・国際理解教育研究協議会 大隅ブロック研修会

海外の日本人学校に赴任されていた先生方などが集まって研修会が開催されました。
開会式では、民族館の佐藤館長によるアジア楽器の演奏がありました。
佐藤さん演奏

鹿屋市教育委員会の福森指導主事による「異国における違和感と異文化への気付き」と題した講話がありました。
指導主事講演

カピックの国際理解プログラムも実施しました。
まずは謎のネパールグッズに触れてみます。
ネパールWS

それから「レヌカの学び」というワークショップを体験していただきました。
日本に来たネパール女性レヌカさんを題材にして、彼女が感じたこと、考えたことなどが書かれたカードを「ネパールにいる時のレヌカ」と「日本にいるときのレヌカ」に分類してみます。
答えを見てみると、あれ?なんで?という間違いがたくさんあってびっくり。
レヌカという1人の女性の視点で異文化を考えることができました。
レヌカの学び レヌカの学び1

さかい

鹿児島大学教育学部・生涯教育実習Ⅰの実施

10/9(土)・10(日)の期間で、鹿児島大学教育学部健康教育課・国際理解教育課の学生さんが、KAPICで授業を受けてくださいました。今回は、参加型ワークショップ手法を開発途上国の現状を知ることを通して、学ぶことになりました。アイスブレイク、ブレインストーミング、シュミレーション、ロールプレイング、そしてランキングなど、参加型ワークショップで使う手法を盛り込んだ授業となりました。具体的には、「世界がもし100人の村だったら」、「援助する前に考えよう」を体験し、世界の現状を知ることで、今後の進路および生き方を考える良い機会になったのではとおもいます。また、初日の夕方から夜にかけては、KAPICに滞在中の海外研修生5名(中国2名、ブラジル1名、ドミニカ共和国1名、アルゼンチン1名)との交流会を実施し、内容は学生の皆さんたちでワークショップ形式で考えてもらい、学生と研修生全員が楽しめるプログラムが展開されました。
 今回参加していただいた学生の中から、将来国内だけにとどまらず、世界を舞台に活躍される方が出てくるのを期待しております!!
DSC00619.jpg DSC07069.jpg DSC07086.jpg DSC07098.jpg DSC07170.jpg DSC07158_20161012133732eec.jpg


くらうどん 

大日本ランゲージクラブの皆さん

大日本ランゲージクラブの皆さんが1泊2日でいらっしゃいました。
国際理解のプログラムとして、アフガニスタンに送る絵本づくりを体験していただきました。
「ちびゴリラのちびちび」というかわいい絵本に、ダリ語の翻訳シールを貼り付ける作業です。
小学低学年の生徒たちを中学生たちがサポートしながら、グループごとに完成させました。
アフガニスタン絵本

出来上がった絵本の裏表紙には、ダリ文字でみんなの名前も書き込まれました。
アフガニスタン絵本1

この絵本は、シャンティ国際ボランティア会を通してアフガニスタンに届けられます。
アフガニスタンの子供たちがこの絵本を読んで笑顔になってくれますように。

さかい


太陽ハローズ英会話教室 国際理解プログラム

本日は、 太陽ハローズ英会話教室の54名様がカピックを訪問してくださいました。
英語を学ぶ幼稚園から小学校の子どもたちと先生方です。

まずは、お昼ごはんにネパールカレーを食べました。
はじめてのネパールカレーは、辛くないので、子どもたちも
おいしく食べられました。
CIMG0596.jpg

昼食のあとは、
幼稚園生と小学3年生までは、世界地図パズルゲームをしました。
みんなパズルをはめるのがとても早くて、あっという間に世界地図が完成しました。
DSC04756.jpg DSC04767.jpg

小学4~6年生は、世界の変わった文字を日本語で読むクイズをしました。
ネパールの文字やアラビア文字などを五十音表で探して、なんの言葉か当てるものです。
子どもたちは五十音表とにらめっこして、判読していました。読めるとうれしいものですね。
CIMG0599.jpg CIMG0601.jpg

最後は、全員でオリジナルの缶バッジを作りました。
思い思いの絵や言葉を書いて、世界に一つだけのバッジを作って、みなご満悦でした。
上手に作れましたね。
DSC04775.jpg DSC04779.jpg

今日は世界のいろいろな文化に触れて、楽しんでもらえたでしょうか。
また、ぜひカピックに遊びに来てくださいね。
ありがとうございました。

こっこ

プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ