高隈小運動会に参加してきました!

 皆さんこんにちは!ただ今インターンシップでお世話になっている山本竜翔です!本日は、ただ今日本語をマスターするべく頑張っている鹿児島県技術研修員の外国人3名が、近くの高隈小学校の運動会を訪れました。

DSC05537_20171001153258fbf.jpg   DSC05544.jpg
    (入場行進)            (ラジオ体操


 高隈小には全学年合わせても30人ほどしかいません。しかし、少ないからこそ、学年や性別に関係なくみんなが仲良かったです。それだけでなく、保護者の方や地域の人も一体となって運動会が行われていました。人と人の距離が近く、温かみのある運動会でした。
 そんな素晴らしい運動会に、僕たちも参加させていただきました! 何年ぶりの運動会でしょうか。楽しくてしかたありません。技術職員の方たちも日本の運動会をとっても楽しんでいました


DSC05555_2017100115582077e.jpg
まだ不慣れな日本語での自己紹介・・・完ぺきでした!

DSC05584.jpg
三人のリレー対決です

DSC05597.jpg
たかくま音頭もばっちし踊れていました

DSC05572_201710011558291cd.jpg
見事景品も獲得していました

 運動会だけでなく、地域の方との交流もでき、とても充実した一日でした。技術職員の3人にとっても新しい経験ができ、良い思い出になったと思います! 高隈小学校の皆さま、そして協力してくださった皆さま本当にありがとうございました

鹿屋体育大学 3年 山本 竜翔( ̄^ ̄)ゞ

教師対象国際理解教育研修

~教師対象国際理解教育研修~

英語教育や、国際理解教育に関心のある方々を対象として教師対象国際理解教育研修を行いました。
午前中は、ALTの日本語授業(初級クラス)を見学しました。そらクラスとの交流では、ひらがなやカタカナを教えて回ったり、オノマトペ当てゲームを一緒にしたりして、とても楽しんでいる様子でした。

DSC02325_20170827115634497.jpg DSC02322.jpg

中級クラスとの交流では、ALTの方々の名前を漢字に当てはめるという交流学習を行いました。ALTの方の隣に座り、一人ひとり漢字の意味を教えながら考えられていました。読み方が難しい漢字に苦戦している場面も見られましたが、ALTの方と話し合ってそれぞれぴったりの漢字を見つけられていました。(写真右下は“ベンジャミン”さんです)。ALTの方々もお教えて頂いた漢字とても気に入って満足していました。
漢字の発表が終わると、席をローテーションして自由に交流をしました。「はじめまして」「どこ出身ですか」とすぐに打ち解け、やまクラスとの交流は和気藹々とした雰囲気の中で行われました。
この研修を通して、教員のみなさんだけではなくALTのみなさんにとっても、有意義な時間となったのはないでしょうか。

DSC02354.jpg DSC02363.jpg


世界とつながるイングリッシュキャンプ 3日目

イングリッシュキャンプ3日目
昨日は一日中イベントがあり疲れたのかみんなぐっすり眠れた様子です!
朝起きて最初はラジオ体操!
おはようと英語で新しい友達や我々スタッフや先生と言葉を交わしてラジオ体操をしていました。

ラジオ体操が終わったらみんなと食べる最後の食事。
それぞれが友達やスタッフ・先生といろんな会話をしていました。


次はみんなで思い出を振り返りそれぞれのグループで英語の感想を書いた思い出シートを作成しました。まずは日本語で感想を書いた後外国の先生に英語でどう書くのかを教えてもらってシートに記入していました。この日本語が英語にするとこうなるんだと一つ二つ英語を学ぶことが出来たみたいです。

DSC04648.jpg  DSC04678.jpg  DSC04688.jpg


そして閉会式。
閉会式ではイングリッシュキャンプ中に撮った写真で動画を上映しました
その動画は子どもたちも外国の先生からも好評でした。迎えに来られた保護者の方々にも動画を見ていただきました。イングリッシュキャンプのごく一部ですが子どもたちが楽しんだ姿を見ることが出来ました。

CIMG5820.jpg  IMG_0253_20170813133300d20.jpg


お別れの握手会ではみんな円になって全員と握手して、英語でありがとうや楽しかったと話していました。
そして部屋を後にして出国ゲートでパスポートにスタンプをもらったら全プログラムの終了です。みんな楽しかったね、また会おうねとこのイングリッシュキャンプを名残惜しそうに帰っていきました。

DSC02301_2017081311010459f.jpg  DSC02303_20170813110104689.jpg  CIMG5847.jpg


イングリッシュキャンプを振り返っていろいろな資料を作成したり会場を設営したりイベントに参加したりでとても疲れましたが私たちにとって貴重な経験ができ、イングリッシュキャンプに関われたことを心から誇りに思います。子どもたちにとっても最高の思い出になればいいなと思っています。



インターン けいしろう(KCS情報専門学校)

世界とつながるイングリッシュキャンプ 2日目

イングリッシュキャンプ2日目!
みんなよく眠れたのかな???
朝起きて最初はラジオ体操!
参加している小中学生はみんな眠そうにラジオ体操をした後は同じグループの人と一緒に今日の予定を話しながら朝ご飯を食べていました。

DSC04626.jpg


その後は一番好評価だったトレジャーハンティング!
みんな暑い中与えられた8つのミッションをポイントとスタンプをもらうため力を合わせて頑張っていました。

私の担当したヨーヨーはトレジャーハンティングの中でも特に人気で子どもたちが楽しめたことがとてもうれしかったです。
英語で好きな色言ってその色の風船をとるために一生懸命頑張っていました。ヨーヨー釣りのあとアヒルのおもちゃを金魚すくいのポイを使って釣り上げていました。紙が破れないよう慎重に挑戦していました。

DSC04414.jpg  IMG_0129.jpg


民族衣装では海外の伝統的な衣装を試着していました。それぞれ気に入った衣装を選んで実際にきて集合写真を撮っていました。

ダーツでは的の真ん中の高得点を狙うためみんな頑張っていました。みんな高得点をだしてポイントを獲得していたので驚きました。

DSC04368.jpg  DSC04201.jpg


トレジャーハンティングでGETした外国のお金を両替するためにお金の計算をする際にはほとんどの人が頭を悩ませていました。

でもその後の両替したお金でみんな分け合ったりしてショッピングしました。お菓子やタトゥーシールを買ってみんなで分け合ったり同じタトゥーシールでお揃いにしたり楽しんでいました。

DSC02167.jpg  IMG_20170810_142230.jpg  DSC02190.jpg


その後はかき氷と民族館は2グループに分かれてのプログラム。
世界のかき氷を食べたり、オリジナルのかき氷を作ったりして楽しそうに食べていました。みんなそれぞれのかき氷を作っていて個性豊かなかき氷がいっぱいでした。
民族館では外国の伝統的な楽器を使ってドレミの歌を演奏しました。

DSC04557_2017081312010421a.jpg  IMG_0230_20170813131716d96.jpg  IMG_0244.jpg


その日の夕食はベトナム料理
フォーやココナッツと牛乳を使った伝統的な料理を食べました。

その後は外国人によるダンスや英語での怖い話・人狼ゲームをしました。
ダンスはフィリピンの伝統的なバタフライダンスを見てみんなで踊りました。
英語での会話は部屋をいつもより暗めにしていたのでみんな興奮していました。

CIMG5737.jpg  20170810_200933_830.jpg


すいか割りは外国の先生が目隠しをしているのを英語でRight!やLeft!と指示を出してすいかまで誘導していました。そのすいかはみんなでおいしくいただきました。

すいかを食べた後はみんなで花火!
なかには花火をあまりしたことがない人がいてすごく楽しそうに過ごしていました。
でも50人が一度に花火をしていたのですごく煙たかったのも一つの思い出です。

DSC02267.jpg  CIMG5775.jpg  DSC02287_20170813120055408.jpg



インターン けいしろう(KCS情報専門学校)

世界とつながるイングリッシュキャンプ 1日目

 8/9~8/11にイングリッシュキャンプが行われました。
今回のキャンプには、小学5年生から中学1年生の43名とアメリカ・フィリピン・バングラディシュ・オーストラリア・ジャマイカ・マレーシア・ブラジル・ペルー・タンザニア・マラウイの10ヶ国14名の外国人が参加してくれました。
子どもたちは、パスポートを受け取ると入国ゲートを通りさっそく入国審査を受けます。みんな、少し緊張している様です。入国審査が終わると自己紹介と3つのゲームを行い最初は緊張していた子どもたちも外国人との距離を縮めていきました。

パスポート  入国  ラッキーセブン

「世界旅行に出かけよう」が行われ、グループごとに10カ国を旅行しました。子どもたちは旅行先で、各国のお話を聞きました。また、アメリカではALTのモモさんのジェスチャーを英語で答えるジェスチャーゲーム・オーストラリアでは狩りでも使われるブーメランをそれぞれ好きなようにデザインして絵を描きました。フィリピンでは日本の鞠に似たセパを体験しました。子どもたちは、籐で出来た小さなボールに苦戦している様子で「難しい」と言いながら挑戦していました。
 
DSC03875.jpg  DSC03911_201708131116301c2.jpg  0H0A6481.jpg

夕食は、お待ちかねのBBQです。子どもたちは、外国の人たちと一緒にお肉と野菜をたくさん食べていました。食後は、みんなでダンスを踊りました。子どもたちも外国の人たちと楽しく踊りすごく盛り上がりました。

DSC02049.jpg  DSC04116.jpg  IMG_20170809_201953.jpg


インターン しん (KCS情報専門学校)

世界とつながるイングリッシュキャンプ in 神野地区

7/1(土)~7/2(日)の1泊2日で世界とつながるイングリッシュキャンプの1回目を実施しました。
今回のテーマは「自然の中で楽しもう」ということで、鹿屋市吾平の神野地区で小中学生18名とALT7名が英語で交流しながら自然を満喫しました。

まず受付では、名前や学校名を英語で答えなくてはなりません。
開会式では、鹿屋市教育長の挨拶の後、ALTやスタッフの紹介をして、キャンプのルールを説明しました。
受付  開会

3つのグループに分かれて自己紹介をした後、緊張をほぐすために「人間知恵の輪」やアルファベットを使うゲームをしました。
アイスブレーキング アイスブレーキング2

いよいよ神野の美しい自然を楽しみながら課題にチャレンジする「山登り クエスト」です。
滝めぐりコースには3つのポイントが設置されており、クイズやミッションをクリアしてキーワードとアイテムをGETします。
集めたアイテムは「Bamboo (笹)」「短冊」「滝の水」、キーワードをつなげて読むと「たなばた」になりました。
山登りクエスト point1.jpg 
point2.jpg あじさい
滝の水 滝

山から戻ると、神野のお母さんたちが準備してくださった美味しい夕食が待っていました。
夕食 夕食2

夜の活動では、「山登り クエスト」で集めたアイテムを使って七夕飾りを作りました。
短冊には英語で願い事も書きましたよ。
七夕飾り 七夕短冊
七夕

2日目の活動は続きをご覧ください。
 ↓ 

»続きを読む

エチオピアのコーヒーセレモニー体験

梅雨に入っているのに、良いお天気が続いています。あじさいも見頃を迎えました。
そんな中、KAPICの外の緑の芝生の上に、テントが出現しました。
「エチオピアのコーヒーセレモニー体験」イベントの会場です。
午前と午後の2回に分けて実施しました。
テント茶屋

講師は青年海外協力隊でエチオピアで村落開発普及員として2年間活動をしてきた古泉さん。
エチオピアの民族衣装「ハベシャリブス」で登場しました。鮮やかな黄色が素敵です!

まずは、コーヒー豆を洗ってから、じっくりと炭火で炒ります。
豆を炒る 

次に、炒った豆をエチオピアの臼に入れ、粉々に砕きます。
けっこう骨の折れる作業です。参加者も順番に体験しました。
豆を砕く

コーヒーの粉を専用のポットに入れ、ぐつぐつ煮だします。
煮出す

時間をかけて手作業で準備されたコーヒーのできあがり。
小さなコーヒーカップに注ぎます。
カップに注ぐ

参加者たちは、コーヒー発祥の地エチオピアに思いをはせながら、ゆったりとコーヒータイムを楽しみました。
コーヒーは3回ふるまわれ、毎回、味を変えて飲むこともできました。
砂糖味だけではなく、なんと塩味、バター味も!!
コーヒー体験 コーヒー体験2

コーヒーセレモニーには、エチオピア風のおもてなしの心がたっぷりつまっていました。
はるばる福岡から来てくださった古泉さん、本当にありがとうございました。

さかい

意外とおいしい!?虫グルメ 開催

本日は、昆虫食を楽しむイベント「意外とおいしい!?虫グルメ」を開催。
親子連れなど50名が参加しました。

昆虫博士の塚田さんに、世界の昆虫食について説明いただきました。
塚田先生

いよいよ昆虫の試食タイム。
まずは信州の高級珍味のイナゴ、ざざ虫、蜂の子の佃煮です。
佃煮

最初は、みんな恐る恐るつまんで口に運んでいましたが・・・
昆虫食参加者2 昆虫食参加者5 

食べなれた醤油味ということもあり、意外とおいしかったようです。
イベントにはミャンマーの農業研修員3名も参加して、一緒に食べながら交流しました。
昆虫食参加者1 昆虫食参加者3

次は、日本と韓国のサナギ対決。
韓国のサナギ(ポンテギ)は、独特のにおいがあって、苦手な人が多かったようです。
sanagi.jpg

続いてカメムシ、ゲンゴロウ、蟻のスナック!
カメムシの臭いはぜんぜん感じませんでしたが、蟻はちょっぴり酸味がありました。
ゲンゴロウはちょっと硬くて不人気だったようです。
昆虫スナック 昆虫食参加者4


最後は、揚げたてのバンブーワーム。
まるでフライドポテトのようで、食べやすく大好評。
ちびっ子たちは手づかみでパクパク。あっという間にたいらげていました。
昆虫食参加者6

昆虫を食べながら、参加者同士の会話も弾み、とても楽しいイベントとなりました。
朝日新聞、毎日新聞、KTS、KYTの方々が取材に来られていたので、新聞やテレビで紹介されるのが楽しみです。

さかい

エチオピアのコーヒーセレモニー体験 参加者募集中

コーヒー発祥の地、エチオピアの伝統的な儀式コーヒーセレモニーを体験してみましょう!

日時:2017年6月18日(日) 
     1回目 10:00~12:00  2回目 14:00~16:00
場所:カピックセンター
対象:中学生以上
参加費:700円
定員:各回10名 要予約 
申込:TEL:0994-45-3288

民家でコーヒーセレモニー イメージ1  X7152A.jpg 焙煎




世界7か国食べ歩きフェスタ その2(シリア関連・物販)

今回のフェスタでは、今まだ混迷の続くシリアの現状を
あまり日本で伝えられることが少なくなっていることを
踏まえ、カピックスタッフには2名の元青年海外協力隊
シリア隊員がいることもあり、シリアについて知って
もらう企画を準備しました。

難民を描いた映画『目を閉じれば、いつもそこに
~故郷・私が愛したシリア~』は、鹿児島で初上映の
作品です。
ヨルダンと日本で生活を送るシリア人、ヨルダンで
支援活動をする日本人(シリア支援団代サダーカ代表田村雅文氏)
の日々や思いを淡々と伝えています。
2回の上映とも満席に近い人数が入り、関心を持つ
方々がこの大隅にもかなりいるのだと実感しました。
上映の前に元シリア隊員のスタッフから映画をより
理解するための解説があり、終了後もシリア人と結婚して
日本に住む元隊員より、いまだシリアに住む家族に
ついてのお話もありました。
DSC07287.jpg

映画を観た方々からは、「難民となってこんなに生活に
困っているとは知らなかった。日本でもっと報道される
べきだ。」「シリア国内に残っている人々のことも想像
するととても心配。早く平和が戻るために、私も何が
できるか考えたい。」「失って初めて知る大切さという
のは、なんにでも通じることで、日本人も他人事ではない
と思った。」といった感想・意見が出されました。


また、物販会場の壁片側一面にシリアの写真を展示しました。
サダーカにお借りしたアレッポのいろいろな建物や街並みが
紛争前と紛争開始後の戦闘で破壊された風景を対比した
パネルが並びました。
また、そのパネルの両隣には、元青年海外協力隊シリア隊員
が撮ったシリアの日常のさまざまな風景の写真が多数掲示されました。
来られたみなさんは、初めて見るシリアの写真の数々に見入っていました。
CIMG4460.jpg DSC07305.jpg


今日、この映画や写真をご覧になったみなさんから、なにかしら
シリアについての関心が広がっていくことを期待します。



物販コーナーでは、シリア女性の自立を支援する団体
イブラ・ワ・ハイトの刺繡製品が並びました。
シリア国内やヨルダン・トルコ・レバノンなどで難民生活
を送る女性たちが、困難な状況の中、一刺し一刺し心を込めて
作った刺繍の数々。
訪れた人々は、シリア伝統のモチーフを珍しく眺め、
かわいい刺繍のワッペンやポーチ、イヤリングなどを
買い求めていました。
また、シリアのお菓子バクラワを販売し、食べた方々からは
一様に、初めての味で甘いけどおいしいという感想が聞かれました。
DSC07298.jpg CIMG4452.jpg CIMG4425_20170320113617c69.jpg

ほかにも、カンボジアで支援活動をする「いっしょき学校を
つくいもんそ会」のカンボジアの民芸品や、フェアトレード
のアジア雑貨が販売されました。
CIMG4450.jpg


シリア支援団体「サダーカ」と「イブラ・ワ・ハイト」に
関心をお持ちの方はぜひそれぞれのホームページやFBを
ご覧ください。
シリア支援団体サダーカ ホームページ
http://www.sadaqasyria.jp/

イブラ・ワ・ハイト フェイスブック
https://www.facebook.com/Iburawahaito/?fref=nf
通信販売もされています。

映画をご覧くださったみなさん、物品を購入くださったみなさん
どうもありがとうございました。

こっこ

世界7ヵ国食べ歩きフェスタ その1

今年度最後のイベント「世界7ヵ国食べ歩きフェスタ」を開催しました。
家族連れなど約450名の参加者で大賑わいでした。

外国人との交流を楽しみまながら世界の食文化に触れる食べ歩き。
ロビーのすぐ外では鹿屋フィリピン協会の皆さんのフィリピン風手羽焼き。おいしそうな香りが来館者の食欲を刺激します。
フィリピン1

研修室では4ヵ国。
バングラデシュのイクバルさんのカレー、インドネシアのプルさんのソトアヤム(チキンスープ)
バングラ インドネ

パキスタンのファリードさんのサモサ&パコラ(揚げ物)、アメリカのサマンサさんのスイーツ(ウーピーパイ)
パキ アメリカ

レストランでは3ヵ国。
韓国のキムスミさんのチャプチェ、パラグアイのディエゴさんのチョリタコス、そしてブラジルのポンデケージョ。
韓国DSC00663 トリミング  パラグアイ

ブラジル

どの国の料理も美味しくて大好評。
各国100食ずつ準備していたのですが、イベントが終わる前にほとんど完売しました。
(食べられなかったお客様、ごめんなさい)

食べもの以外のプログラムもいろいろありました。
缶バッジづくり体験、国際協力を紹介するコーナー
缶バッジ JICA.jpg

スタンプラリーで会場内の4つのポイントでスタンプを押したら抽選でプレゼントをゲット。
抽選

さらに、シリアの映画上映やアジア雑貨の物販もありました。
こちらの報告は、のちほど・・・(次の記事をご覧ください)

さかい

虫寄せの術 早春 幼虫をつかまえて育てよう!

 本日は「虫寄せの術 早春 幼虫をつかまえて育てよう!」が行われました。
昆虫採集といえば夏が旬という感じですが、今回はその夏の人気者クワガタムシの幼虫の採集をメインに行い26名の参加者の皆様にお集まり頂きました。
DSC00409.jpg

講師はもちろん鹿児島の昆虫博士、虫央堂代表 塚田拓さんです。
前日までの晴天とはうって変わって残念ながら本日は雨に見舞われてしまいました。
なので今回は事前にクワガタの幼虫が入っているであろう朽ち木を準備して屋外の屋根のある場所にて採集活動をしてもらうことになりました。

まず最初は塚田先生からのレクチャーです。
DSC00417.jpg
普段なかなか聞くことの出来ない幼虫の生態や採集、飼育法に興味深げに参加者の皆さんは聞き入っています。
特にクワガタの種類によって朽ち木の地上に出ている部分や地中にいるもので別れる部分では子供さんだけでなく保護者の方々も大きく頷いていました。

レクチャーが終わるといよいよ屋外に出ての採集活動です。
まずは塚田先生が見本を見せます。
DSC00425_20170307161501e74.jpg
上手に朽ち木を切り崩し丁寧に幼虫を割り出していきます。
コツは幼虫が朽ち木を食べ進んだ食痕が発見されると少しづつ丁寧に削っていくことだそうです。

そして参加者が思い思いの朽ち木をチョイスして割り出しに入ります。
DSC00419.jpg DSC00426_20170307162347629.jpg

それぞれ親子で協力して朽ち木を削っていきます。
DSC00439.jpg DSC00435.jpg DSC00434_20170307162613333.jpg

しばらくすると方々で「出てきた!」という声が上がります!
採集した幼虫を持って何の幼虫なのか塚田先生に確認してもらいます。
DSC00445_20170307162948523.jpg

「クワガタだよ」という答えをもらうたびに大きな歓声があがります。
その他にもヤマトタマムシやカミキリムシ、コガネムシの幼虫も発見されました。
DSC00443.jpg

更にクワガタの成虫を見つけた家族も!
CIMG0065.jpg
昨夏に羽化して越冬中の個体だそうです。

多いところでは10匹以上のクワガタの幼虫を見つけた家族もいました。

採集が終わり屋内に戻ってからは採集した幼虫の飼育、如何にして大きな成虫にするのかなどのレクチャーが行われ子供さんたちは真剣そのものの表情で聞いていました。
そして最後に塚田先生から事前に採集していたカブトムシとクワガタの幼虫のプレゼント。
DSC00451.jpg
自分たちで採集したものに加えて予想外のプレゼントに皆さん大喜びでした(^^)

あいにくの天気ではありましたが、なかなか体験できない冬の昆虫採集、そして自然との触れ合いは参加者の皆様にとって素晴らしい体験になったのではないかと思います。
DSC00452.jpg
今後も皆様方に楽しんで頂けるイベントを企画して参りますので是非カピックセンターにお越し下さいね(^^)

しもまつ 🎣🎸



韓国 アンニョン!交流会(群山・全州大学生研修)

本日は、現在カピックで日本語・日本文化研修を受けている
群山・全州大学校の学生が実施するアンニョン!交流会の日です。

昨日遅くまで準備して、会場設営やリハーサルをしましたが、
その成果はいかに・・・

雪がちらつく寒い日ですが、参加者は50名近くになりました。
DSC07140.jpg

まずは、韓国語ミニ教室で韓国で放送している日本のアニメの歌を
題材にみんなで歌いながらあいさつの練習をしました。
また、歌に合わせて体の部位を触ってその名前を覚えました。
歌ったり動きがあると覚えやすかったようです。ユニークな授業でした。
DSC00014.jpg DSC07152.jpg

そのあとは、Kpopカフェと伝統の遊び紹介です。
Kpopカフェでは韓国の飲み物とお菓子をいただきながら、学生の音楽紹介や
パフォーマンスを楽しんでいただきました。
また、伝統遊びでは、チェギチャギやコンギといった遊びをいっしょにやってみました。
DSC07175_201702121452366a8.jpg DSC07184.jpg

韓服を来た学生もいて、写真撮影は大人気でした。
今回は、鹿屋市の国際交流員李さんと鹿屋体育大学の留学生にも
お手伝いいただきました。
DSC07192_201702121452511b0.jpg DSC07198.jpg

小さい子からふだんはほとんどイベントで見ない中学生・高校生も
来てくださり、年配の方まで、幅広く楽しんでいただいたようです。
韓国学生も頑張った甲斐があったとほっとしつつ喜んでいました。

ご参加くださったみなさまどうもありがとうございました。

そして、群山・全州大学校のみなさんは、本日が最後の研修日でした。
毎日忙しくいろいろなことをしましたが、ずっと元気で明るく過ごしていました。
ぜひ、今回のたくさんのご縁を大切に、ますます日本語の勉強をがんばってくださいね。

こっこ

KAPIC クリスマスイベント開催♪

12月11日にKAPICで毎年恒例のクリスマスイベントが開催されました。
プログラムは(1)絵本の読み聞かせ(日/英)(2)お菓子の家づくり(3)クリスマス特別ランチ(4)クイズラリー(5)KAPICバザール物販販売の5つでした。
 まず、絵本の読み聞かせでは、絵本を読む前に、アイスブレイクとして、簡単な英語を使ったゲームを鹿屋市ALTのサマンサがおこないました。皆で輪になって、プレゼントが自分のところにまわるゲームでは、中々隣りのお友だちに回したくない子もいたり、また明けたプレゼントの中には、少し小さめのプレゼント箱が入っていて、びっくり&残念な気持ちになったりと、最初は緊張していたお友だちも徐々にリラックスした雰囲気になっていました。
0H0A3150.jpg 0H0A3142.jpg 0H0A3158.jpg

そして、いよいよ絵本の読み聞かせ。ただ、、講師はALTのマーリンですので、しっかりと簡単な英単語を最初に覚えてから、絵本を皆で聞きました。最初に覚えた英単語が、ストーリーの途中で何度も出てくるので、皆、知らず知らずのうちに英語を覚えてしまった!?ようです。そして、次に部屋を暗くした中で、”ブラックパネルシアター”という暗闇の中で、絵本が浮き出てくる絵本を聞きました。サンタさんやトナカイが暗闇の中からきれいに浮かび上がる様子は、幻想的な世界でした。
0H0A3177.jpg 0H0A3185.jpg 0H0A3184.jpg 0H0A3187.jpg

最後は、サプライズで本物のサンタさん(実は、ブラジルからの研修生トマス君)が参加者全員にプレゼントを配り、大盛況な”絵本の読み聞かせ会”でした。
0H0A3194.jpg 0H0A3203.jpg

絵本の読み聞かせが終わった後はランチタイム。
今回はクリスマススペシャルランチです。
0H0A3217.jpg

メインのチキンの他にもハンバーグやフライなどかなり豪華で皆さん美味しそうに召し上がっていました。
0H0A3220.jpg 0H0A3216.jpg 0H0A3212.jpg

ロビーの方ではクイズラリー抽選会。
敷地内にあるクリスマスに関するクイズをとくと抽選が出来るというシステムで様々なキャラクターグッズがプレゼントとして用意されていました。
DSC06360.jpg 0H0A3229.jpg 0H0A3123.jpg

キャラクターのパズルやお菓子の詰め合わせのブーツが当たった子は大喜びです!
0H0A3127.jpg 0H0A3119.jpg

ロビーではアジアや中東などの雑貨の販売も行われ、実際アジアや中東にボランティアに行っていたスタッフに興味深げにその地域の国々のことを聞いていました。
DSC06371.jpg DSC06366.jpg

そして毎年恒例で今回で10回目をむかえる「お菓子の家作り」
まず最初に鹿屋市国際交流員のスティーブン、ALTのニコールからアメリカのクリスマスについてのプレゼンテーションがありました。
世界でもっとも規模の大きいアメリカのクリスマスに子供達も興味津々といった感じでした。

プレゼンテーションが終わったら親子で協力して家づくりです。
みんな真剣そのものの表情で我が家を建設していきます。
0H0A3281.jpg 0H0A3269.jpg

それぞれに親子で協力したり、スタッフに手伝ってもらったりで素晴らしい「お菓子の家」が出来ました。
0H0A3356.jpg 0H0A3355.jpg 0H0A3357.jpg

最後はみんなで記念撮影。
0H0A3361.jpg

今年も大盛況で楽しいクリスマスイベントになりました。
今後もこのような楽しいイベントを実施してまいりますので、是非カピックセンターにお越しください!!

くらうどん 
 

平成28年度国際ボランティア養成講座 

昨日と本日の2日間、国際ボランティア養成講座を実施しました。
参加者は志望者と青年海外協力隊・シニアボランティアOB・OGを含めて
15名集まりました。

1日目は青年海外協力隊とシニアボランティアのそれぞれの体験談が
話され、志望者だけでなく、他の経験者の方々も興味深く聞いていました。
現地の人々との付き合い方、日本とは違う環境での仕事や生活のための
苦労や工夫など、他の国にも共有できる話もあれば、その国・その職種に
特有のエピソードもとても面白いものでした。

DSC07442.jpg DSC07436.jpg

夜は夕食交流会で、滞在中の技術研修生もいっしょに、和気あいあいと話が弾みました。
DSC07446_201610231424214a8.jpg

2日目の本日は、個別のカウンセリングで、今度応募を予定している志望者に
具体的な案件についての応募のアドバイスが、弓場進路相談カウンセラーや、
OB・OGの方から懇切丁寧になされました。
DSC07448_20161023142420cf0.jpg DSC07453.jpg

さらに、当センター渡邉所長から、協力隊で選考する側からのアドバイスがあり、
志望者は真剣に耳を傾けていました。
最後まで、OBの皆さんのお話は尽きず、国や職種は違えど、
示唆に富むさまざまな体験や意見が聞かれ、志望者のみなさんは
さらにやる気をあおられたようでした。

DSC07461.jpg DSC07454.jpg

今回参加された志望者の方々が、近いうちに晴れて海外ボランティアに参加されることを
願っています。
今回ご協力いただいたボランティアOB・OGのみなさま、どうもありがとうございました。
またよろしくお願いいたします。

こっこ

高隈のおいしい米を作ろう!収穫編

6月12日に田植え、9月25日に稲刈り、そして今日は収穫(脱穀)を迎えました。
実はお天気の都合で、数日前に小竹水利組合の方々がほとんど脱穀を済ませており、
今日は体験用に少しだけとっておいた稲を脱穀しました。
田植えや稲刈りに参加した家族と、海外技術研修員たちが参加しました。
DSC00588.jpg DSC00603.jpg

お昼ごはんには新米を炊いてカレーライスを食べました。
自分たちで植えたお米の味は格別です。子供たちもおかわりして食べていました。
最後に水利組合からお米のプレゼントをもらいました。
DSC06278.jpg DSC06280.jpg

参加者の皆さん、小竹水利組合の皆さん、本当にお疲れさまでした。
高隈では、多くの田んぼが台風の被害をうけましたが、これからも美味しいお米をつくり続けていけるよう願っています。
DSC06292.jpg

さかい

稲刈りイベント

カピックは、いまだに電話とインターネットが復旧していないのですが・・・
今日は、稲刈りのイベントを予定通り実施することができました。
周辺の田んぼは流されたり土砂に埋まったりしたのですが、
6月にみんなで田植えをした田んぼは、奇跡的に無事だったのです!

参加者は田植えをした家族と、中国、ブラジル、ドミニカ共和国、韓国の方々。
自己紹介した後、米作りのお話を聞きました。
稲刈り説明

鎌を使って稲刈り。ちびっこたちもがんばりました。
稲刈り 稲刈り風景 子ども稲刈り

刈った稲を束にして竿に掛けます。
掛け干し

稲刈り終了。
稲刈り集合写真

被害にあったにもかかわらず、協力くださった小竹水利組合の皆さま、本当にありがとうございました。
これから2週間干して10月9日に収穫の予定です。
美味しいお米が出来上がるのが楽しみです。

(このブログは、鹿屋市内からUPしております)
さかい

平成28年度ALT研修 最終日

4日目最終日です。

日本語の残りの2クラス、そらクラスとやまクラスを紹介します。
~日本語クラス 初級Ⅰ~(そらクラス)
初級クラスのそらクラスではひらがなやカタカナを読む練習やレストランやコンビニエンスストアで使える日本語などを勉強しました。レストランで使える日本語を勉強した時はレストランに見立てた場所を作り、ロールプレイをして皆さん楽しそうでした。ひらがなを読む練習では早口言葉やいろは歌を言えるよう練習をしていました。最初は難しそうでしたがローマ字を書くなど工夫して読めるようになっていました。
22 - DSC06399 23 - 0H0A2254

~日本語クラス 中級Ⅱ~(やまクラス)
中級レベルのやまクラスは敬語や名刺交換などを勉強しました。自分の名前に漢字を当てる授業では自ら漢字を探し、お気に入りの表記を見つけたようです(左側の写真は“マーク”さんです)。最後の授業では鹿児島弁を学び、標準語と方言の違いに皆さん驚いていました。閉講式の発表に向けて普段聞き慣れない鹿児島弁の歌を一生懸命練習していました。
24 - DSC06374 25 - 0H0A2226

~閉講式~
3泊4日の研修もあっという間に終わってしまいました。日本語を勉強したり、日本の文化を学んだりとても充実した日々でした。各クラスの発表の時間には、鹿児島弁の歌やJ-POPを歌ったり、早口言葉を披露したり、おはら節を踊ったり、勉強の成果を皆さん一生懸命ながらも楽しそうに発表していました。
日本で働くことに不安を持っていた人も、この研修で他のALTの先生と交流を持つことができ、不安が少し解消されたようです。「がんばります!」と意気込んでいて、これからALTとして働くことを楽しみにしていました!
26 - DSC00527 27 - DSC00478 28 - DSC00456

それぞれ知らない土地に飛び込んでいくみなさん、体に気を付けて、日本の子どもたちに
英語を学ぶ楽しさを教えてくださいね。
お疲れ様でした!


学生インターン(ゆきな・なつみ・こころ・しおり






平成28年度ALT研修 3日目

3日目 

~日本語の授業 中級Ⅰ~(うみクラス)
うみクラスを紹介します。
笑顔が素敵な濱田孝子先生のクラスです。タクシーの乗り方や、標識の意味、日本特有の生活様式、またそこで使う表現を学びました。学んだ表現を会話の中で使う形の授業で、皆さん和気藹々と楽しんでいました。
クラスの仲が良く、助け合う姿をよく見かけました。常に笑い声が聞こえ、授業にとても満足していたようです。おはら節の練習は聞きなれない掛け声や動きに苦戦しながらも皆で笑いながら覚えることができました。
12 - 0H0A2177 13 - DSC06413

~華道体験~
 ほとんどの方が華道を体験することが初めてという中で皆さん素晴らしい作品を作っていました。華道という日本の美しい文化を好きな方も多く皆熱心に先生に質問し、華道についての理解を深めようとする方もたくさんいました。一人一人が自分の色を持っていて楽しく作品をつくっていました。
14 - DSC00357 15 - DSC00337 16 - 0H0A2319

~水墨画体験~
日本の文化である水墨画体験を行い、“竹”を書くことに挑戦しました。筆を使うのは初体験という人も多く、初めは戸惑っていましたが、先生の指導のもと皆さん真剣に習字紙に向き合っていました。中には正座で書く人も…!!練習をした後は色紙に清書です。今まで以上に集中して清書を書き上げ、先生に版を押してもらいました。自分の描いた水墨画を手に皆さん満足そうです。
17 - DSC06218 18 - DSC06279 19 - 0H0A2399

~焼酎のテイスティング~
夕食時に開催されました。
鹿児島といえば焼酎です。鹿児島で有名なメーカーの焼酎をはじめミス奄美黒糖焼酎の方も来ていただき、お酒が好きな方はワクワクした表情でお酒を飲んでいました。種類としては、お湯割り、水割り、そして飲みやすくしたタイプのカクテルなどもあって皆さん楽しんでお酒を飲んでいました。最後にはプレゼントの焼酎をかけたじゃんけん大会があり、とても盛りあがっていました。
20 - DSC00399 21 - DSC00436

焼酎は非常に好評で何度も列に並ぶ方もいました。
ALTのみなさんが、これから焼酎の広報大使になってくださることでしょう。

今日も1日お疲れ様でした。
明日は最終日、最後まで楽しんでください。


学生インターン(ゆきな・なつみ・こころ・しおり

平成28年度ALT研修 2日目

2日目です。

~日本語の授業~
初級Ⅱ (ほしクラス)を紹介します。
ほしクラスでは、皆さん熱心に授業を受けていました。授業の中には発言することもたくさんあり、自分の好きなことや好きなものなどにあてはめて授業で習ったことを使っていました。
3 - DSC06382

授業の後半では毎日、先生の生演奏と共に日本語のJ-POPを歌って日本語を学びます。少し難しい歌だったにもかかわらず日々の練習や団結力によって最後はとても美しいハーモニーで歌を歌っていて感動しました。
4 - DSC06395 5 - DSC00524

~着付け体験~
日本の伝統的な衣である着物や袴をALTの方々はドキドキしながらきていました。
着付け途中では、特に男性が「とてもキツイです。」といって笑い合っている場面もありました。
6 - DSC00240 7 - DSC00209

まるで時代劇のように刀や扇子を持って着物を楽しんでいました。(シャキーン)
8 - DSC00291

~民族館~
カピックセンターの隣にある民族館を訪れました。民族館には世界中の民族衣装や楽器が展示されています。まず、世界各国の民族衣装の中から自分の好みのものを選び試着しました。皆さんとってもお似合いでした!
次に自分の国の国旗をビーズで作成しました。小さなビーズを安全ピンに通す作業に苦戦していましたが、皆さん楽しみながら作っていました。出来上がったら、「かわいい!」と言ってさっそく洋服につけていた様子が印象的でした。
9 - DSC05857 10 - DSC06017

最後には世界の楽器を楽しみました。多くの人がよく知っている“上を向いて歩こう”をみんなで歌ったり、“ドレミの歌”をインドネシアの楽器で演奏したりしました。そして数ある楽器の中からそれぞれ好きなものを選び、“カントリーロード”の歌に合わせてみんなで合奏しました。自由に楽しく演奏をし、本当に盛り上がりました♪
11 - DSC06047

盛りだくさんな内容の1日がこうして終了しました。
ALTのみなさん、明日もがんばってください。

学生インターン(ゆきな・なつみ・こころ・しおり

プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ