百引小親子レクレーション

百引小6年生のみなさんが、親子レクレーションでカピックセンターへきてくれました。

インフルエンザにも負けず、みんなで楽しくレクレーションを行いました。晴れ

最初は大陸にのりましょうゲーム

新聞紙を使って小さな大陸をつくり、そこに6人がのります。キャッ
P1120074.jpg

みんなで小さくまとまりあいグループ内の結束力を高めたところで
次は世界の文字を使ったゲーム
P1120092.jpg
文字シートを使って世界の不思議文字を解読します。


最後に世界の不思議文字をつかってワールドしりとり競争をしました日本
P1120112.jpg

世界の不思議文字を書くのに悪戦苦闘しながらもとっても楽しんでくれたようですあーす(背景なし)

「あのやま山と空

野里小学校の遠足

野里小学校の皆さんが、遠足で遊びにきてくれました。
サリーのお姉さんが、世界の切手しおりをプレゼントしました。
いろんな国の珍しい切手に、みんな大喜びでした。
野里小2 野里小1
 
(さかい桃きのこ

スパイスの旅

昨日と本日、鹿屋市にある障害者支援施設「陵北荘」の皆さんがいらっしゃいました。
提供させていただいたプログラムは「スパイスの旅」
視覚、聴覚に障害のある方、車椅子の方などがいらっしゃるということで、どんなプログラムがいいのか、実はかなり悩みました。KAPICスタッフみんなでアイデアを出し合い、味や香りであれば、みんなで楽しめるのではと、スパイスを使ったプログラムをすることになったのです。

カレーに使われる6種類のスパイスの粉末の匂いを嗅いだり、種など実物を触ってもらいました。
胡椒やシナモンは、すぐにわかりましたが、クローブ、クミン、コリアンダー、フェヌグリークなど、普段なじみのないスパイスもありました。
「カレーの匂い」「ちょっと甘い香り」「変なにおいだー」「○○に似てる」など、スパイスの世界で遊んでいただきました。
陵北荘1 陵北荘4

ランチタイムはネパールのカレー。
いろいろなスパイスが混じった香り高いカレーは大好評。
おかわりをしてくれた人もたくさんいて、うれしかったです。
中には3杯ペロリとたいらげてしまった人も!
陵北荘3 陵北荘6

KAPICセンターでは、日本人も外国人も、幼児も高齢者も、そして障害のある方も、楽しく学んでいただけるようなプログラムを、今後も企画していきたいと思います。

(さかい桃きのこ

カピックに火山灰が!

本日もいい天気に恵まれ、ぽかぽか陽気でいい気分~~と思って外に出て散歩しようとしたら、目がチカチカ痛いです。あれ、この感じはもしかして・・・・・・
そうです、桜島の火山灰が降ってきたのでした!
急いで洗濯物を取り込みに部屋に帰りましたが、すでにうっすらとつもっていした。
2階の渡り廊下から見えるアメリカハナミズキの紅葉にも灰が積もっていました。
0-火山灰(1) 26.xi.2009 Kapic
中庭でキレイに紅葉しているイチョウにも降り積もっていました。
0-火山灰(2) 26.xi.2009 Kapic
こりゃ、車もか?と見に行ってみると、案の定・・・
0-火山灰(3) 26.xi.2009 Kapic
また洗車しないといけません。
火山灰には硫黄分が含まれているので、早めに取り除いた方がよいです。
ただ水を流しただけだと、変にこびりついてしまいます。
0-火山灰(4) 26.xi.2009 Kapic
これでは余計に汚くなります。
しっかり洗いましょう。

駐車場には車の跡がしっかり残っていました。
0-火山灰(5) 26.xi.2009 Kapic

この頃桜島さんもご機嫌ナナメですね~(T_T)
こんなにも被害を被っているのに、なんで鹿児島県人は桜島が好きなんでしょうね?


(つかだ

カピックの自然

みなさぁん!! ずっとカピックブログでご紹介しているように、本日青年海外協力隊の技術補完研修生15名がカピックを巣立って行きました。あっという間の3週間、スタッフ一同無事に終了して良かったぁ!という安堵感と同時に、やっぱり寂しさが・・ 人生には出会いと別れがありますね。 カピックの自然もそんなことを教えてくれているような感じです。 ケヤキは葉を落として、ほとんど冬支度準備完了という感じ。

                    けやき

イチョウは冬支度の前に黄色のシャワーをカピックの芝生に降らせてくれていました。 風に舞う葉を撮ったのですが・・・、残念ながら写真では分かりませんね。

                   イチョウ

 正面玄関では冬の花の代表 山茶花が歓迎してくれています。

                  さざんか

 研修棟横のもみじも冬支度前に見事な黄、朱を見せてくれています。先日は雨の中、台湾からもみじ狩りの方々がお見えになりました。 雨にぬれるもみじ、風情があって良かったです。

                 もみじ

  川岸の遊歩道を歩いていたら なんと なんと スミレ君達がけなげに咲いているではありませんか。 正面のスミレ君は恥ずかしいのかピントから外れてしまいました。(カメラマンの技術不足か?)

                 スミレ

                           (やっぱり別れが寂しい100W )

研修生の最終報告会

24日協力隊研修生の最後の報告会があり、なんとか無事に終わりました。

技術顧問の亘先生のダメだしのお陰で、分かりやすくすっきりした報告ができたと思います。

0-最終報告会(01) 24.xi.2009 Kapic0-最終報告会(02) 24.xi.2009 Kapic0-最終報告会(03) 24.xi.2009 Kapic0-最終報告会(04) 24.xi.2009 Kapic0-最終報告会(05) 24.xi.2009 Kapic0-最終報告会(13) 24.xi.2009 Kapic

地元の方を含む約30名のご来客でした。
皆様の暖かいご支援のお陰で無事終了しました。
ありがとうございました。



その後に行われた壮行会です。
0-壮行会(25) 24.xi.2009 Kapic0-壮行会(19) 24.xi.2009 Kapic0-壮行会(14) 24.xi.2009 Kapic

3週間もあっという間に過ぎましたが、彼らが一つにまとまることができて少しは成長できたのかなと。



(つかだ




協力隊研修生の報告会

23日は技術顧問の亘(わたり)先生にわざわざお越しいただき、
研修生の成果発表会が行われました。
一人15分×15人で225分間かかりましたが、そのデキはともかく、
皆がんばりました。
亘先生から一人一人コメントをいただきました。
0-亘先生講評(2) 23.xi.2009 Kapic

その中で印象に残っているのは、

難しく考えることはなにもない。

話を聞くときはその人の得意な分野を語ってもらう。
同じ質問をいろんな人にしてみることも大事。
そして返ってくる答えは対象者の意識の違いで語りが変わってくることを理解した方が良い。その語りは誇張と湾曲はつきもの。一度聞いただけでその情報が正しいとは限らない。言い方を変えて聞いてみると違った答えが返ってくることがある。そこで反論してはだめで、その嘘が大事で社会のしくみでもある。それが見破れると調査が面白くなる。 大事なのはそこでじっくりとものを考えて抽象論ではなく具体的な行動をすること。現地は具体的なものを求めている。

などなどです。

夕食の後延々と深夜2時までいろんな話にお付き合い下さいました。
ありがとうございました。


亘先生の話は引き込まれます。
こういう調査も面白そうだな~と。

(つかだ

協力隊研修生、インドネシア研修生と交流する

22日夜、協力隊研修生とJICAインドネシア研修生と交流会がありました。

はじめはお互い距離を置きながらのジェスチャー混じりの会話でしたが、次第にうち解けて最後は皆大声で歌っていました。
21-4研修生は「島唄」



JICAインドネシア研修生は「・・・」題名が分かりません。



これはインドネシアの「国歌」だそうです。

イスラム教の方が多いのでお酒ナシの交流でしたが、
このように入り乱れて楽しく交流できました。
双方の研修生にもとても刺激的であったことでしょう。


(つかだ

研修生、ソフトバレーボール大会へ参加する

本日11月22日は高隈地区第1回ソフトバレーボール大会があり、
研修生は2チームに分かれて参加しました。
カピックAチームとカピックBチームです。
昨年まではゲートボール大会だったようですが、ゲートボールの会が
なくなったこともあり、ソフトバレー大会に変更になったようです。
主な参加チームは高隈小PTAや中高生のチームなど併せて6チーム。
まずは準備運動(ラジオ体操)をしました。
0-ソフトバレー大会(2) 22.xi.2009 高隈町

開会式の様子
0-ソフトバレー大会(3) 22.xi.2009 高隈町

さあ、いよいよ試合開始です。
0-ソフトバレー大会(4) 22.xi.2009 高隈町
気合いを入れて「オーッ」

みんなカナリがんばりました。
0-ソフトバレー大会(5) 22.xi.2009 高隈町0-ソフトバレー大会(6) 22.xi.2009 高隈町
しかし、高隈地区のレベルは高く、カピックチームは
両チームとも1セットも取れずに予選敗退。

一部の研修生は最後の決勝戦まで審判を務めました。
0-ソフトバレー大会(8) 22.xi.2009 高隈町

閉会式の時はこれから海外へ行くことを紹介してもらい
激励の拍手をいただきました。
参加賞もいただきました。(烏龍茶でした)
0-ソフトバレー大会(9) 22.xi.2009 高隈町
この7人+1が最後まで審判を務めてくれました。
ご苦労様でした。


高隈地区のみなさん、ありがとうございました。

研修生のみなさん、お疲れ様でした。
ケガもなく無事に終了したのでホッとしています。

報告会も明日に迫り
まとめ作業もラストスパートです。


(つかだ

愛ガモ弁当を食べる!

今、鹿屋農業高校学校とコンビニエンスストア店のサンクスが

共同開発したお弁当が販売されています。

地産地消を目的として開発されました。

高校生が栽培したアイガモ農法で栽培した有機米を使ったお弁当弁当です。

メニューや商品名、パッケージのイラストも生徒さんのアイディアだそうです。

 

          コピー ~ P1110724

 

現在、青年海外協力隊の研修生で神奈川県出身のアラーキーさんに

食べていただきました!

感想

↓↓↓

ご飯がやっぱり、おいしかった! 

ハンバーグもしっかりとした弾力があり、

トマトソースがうまくマッチしていて、美味しかったですあはは

 

神奈川県から高隈に来たアラーキーさん、

鹿児島の農業高校生の味を堪能されました。

良い思い出の一つになったと思います。

 

(よしまつ門松

 

鹿屋農業高校では、お弁当の他に、ペットボトルのお茶や、

豚味噌の缶詰、野菜の販売など様々な企画をされています。

詳細は、こちらです。

http://kanoya-a.edu.pref.kagoshima.jp/blog/2009/11/post-59cb.html

協力隊研修生ゴミ拾いをする

11月21日早朝、研修生達は自主的に大隅湖の西側にある
フラワーロードの清掃作業をしました。
0-掃除(1) 21.xi.2009 フラワーロード


道路沿いには目立ったゴミはありませんが、
ちょっとヤブにはいるとカナリの量のゴミがありました。
最後にKAPICに持ち帰ったゴミの量はこのように大量となりました。
0-掃除後(1) 21.xi.2009 KAPIC
みんなの心もとてもキレイになったことでしょう。(所長談)


夜は鹿屋市郷之原町の公民館で寄り合いに参加し
街の活性化に取り組んでいる事例を紹介していただきました。
研修生も大変良い刺激になったことでしょう。
0-郷之原寄り合い(1) 21.xi.2009 郷之原公民館
黒豚のすき焼きが美味しかったです。
0-郷之原寄り合い(3) 21.xi.2009 郷之原公民館



(つかだ



協力隊研修生の日常

協力隊技術補完研修生の日常を撮影しておくようにとの命令がありまして、数名の候補生にモデルになってもらいました。

まずは、ボランティアで草刈りをしている風景。
0-清掃作業(1) 20.xi.2009 旬菜館
国道504号線沿いにある旬菜館周辺の植え込みの除草作業です。
ここは天気が良ければ毎日続けているようです。

そして街を歩いている風景
0-町内探索(1) 20.xi.2009 高隈町
研修生は高隈地域を歩いて調査しています。

0-自転車利用(3) 20.xi.2009 鶯峰館
時には自転車も使います。

日に日に寒さがつのりますが、皆元気にがんばっています。


(つかだ

研修生まとめ作業に入る

研修生達はそろそろまとめ作業に入ろうとしています。
11月23日に報告会がありますが、翌24日にはお世話になった方々を招いて
高隈地区の町起こし提案会(仮称)があります。
これに向けて研修生達はそれぞれの調査結果を持ち寄って
まとめ作業に入ろうとしています。
0-一日の振り返り(1) 19.xi.2009 Kapic
所長からも激励の言葉をいただき、研修の成果を存分に発揮してもらえることでしょう。
私たちコーディネーターは全力で彼らをサポートしていきたいと思います。


(つかだ

西原台小1年生のみなさん1日遠足

今日は西原台小1年生のお友達106名がカピックセンターへきてくれましたコクモス

1年生のおともだちはとーっても元気

まずは丸田所長による「スペイン語で遊ぼう」でゲームをして遊びました。♪
丸田さん   丸田さん2



子どもたちは日本語で説明しなくとも、スペイン語をあれよあれよと覚えていきます!所長もみんなとゲームができてとっても楽しそうあはは

次はケニア紹介スマイリー
ジャンボケニアの歌

今日はケニアの歌「ジャンボケニア」を使ってみんなで歌いながらダンスをしちゃいましたダンスマン♪






みんな上手におどれてるでしょ~~???!スマイリー

西原台小1年生のみなさん今日はとっても楽しかったです。

また来てね~やった~♪

「あのやま山と空

サリー着付け講座

鹿屋中学校家庭教育学級の皆さんが、サリー着付けを体験しました。

5mの長い布に悪戦苦闘中。
鹿屋中家庭教育学級

みんなキレイ!お似合いです。「ナマステ」ポーズで記念撮影。
鹿屋中家庭教育学級2

ランチは、当然ネパールカレー。右手で食べました。
鹿屋中家庭教育学級4  鹿屋中家庭教育学級3

(さかい桃きのこ

霧島文化協会の皆さんがいらっしゃいました!

今日は、霧島市分化協会の皆さんがいらっしゃいました。

実は、私の実家周辺の方が多く、皆さんの前で話をするのは

いつもとは違った緊張感がありました。

そんな私の緊張が伝わったのか、皆さんとても真剣に耳を傾けていただきました。

 

 

      コピー ~ P1110612     コピー ~ P1110614

 

ご年配の方が多かったのですが、皆さんとてもお元気で

見習わなければと思いました。

また、遊びに来てください。

 

(よしまつ門松

上小原小2年生と4年生一日遠足

今日は上小原小のみなさんが一日遠足でカピックセンターへきてくれました晴れ
まずは4年生のみなさん。カピックセンターのロビーのはたのクイズをしました。その後はカピックオリジナルの切手シートをプレゼントひよこ
みんなとっても喜んでくれましたやった~♪

P1110595.jpg   P1110602.jpg

次は2年生のみなさん、おなじみのカピック探検でケニアのことを紹介しました。
P1110649.jpg   P1110636.jpg

最後はみんなで記念撮影8分音符-x2Beamed*Tangerine(白い背景用) †SbWebs†
P1110664.jpg

とっても楽しかったです。また来てね~ウサギ

「あのやま山と空

研修生芋を焼く

研修生自らの発案でKAPIC駐車場にある落ち葉で焼き芋をすることになったようです。
それが、本日の夕方でした。
村落開発普及員の研修生なので、ある程度は火の付け方とか取扱いなどは分かっているかと思いきや、15人いてほとんど経験なしというのには驚きました。
0-焼き芋?(1) 18.xi.2009 Kapic
どうやって焼くのかじっと見守っていました。
0-焼き芋?(2) 18.xi.2009 Kapic
カナリの煙と炎です。
0-焼き芋?(3) 18.xi.2009 Kapic
すぐに食べたがる研修生達。
0-焼き芋?(4) 18.xi.2009 Kapic
生焼け状態なので、電子レンジで調理したものを入れることにしたようです。
途上国の想定ではなさそうです・・・

とりあえず食べられるようなモノはできたようですが、昔ながらの焼き芋の作り方とはだいぶ違っていました。これが現代の焼き芋なのかと『世代の差』?を感じました。
ホントに美味しい焼き芋が作れるのはいつの日か・・・

次回の研修生には火の付け方講座や焼き芋の作り方講座などの企画が必要かもしれません。


(つかだ

研修生への取材

本日、協力隊技術補完研修生への取材の申し込みがありました。
南日本新聞社からでした。
ちょうど、「かぼちゃのたね」の代表の福崎氏へのアポイントが入っていたので、その現場を取材してもらうことにしました。
0-かぼちゃのたね(1) 17.xi.2009 高隈町
福崎氏は非常にご多忙なのですが、貴重な時間を割いていただき感謝しています。
研修生からも矢継ぎ早に質問が飛び出し、あっという間にタイムリミット。
0-かぼちゃのたね(2) 17.xi.2009 高隈町
研修生はまだ聞きたいことがあったようですが、次回ということで。
0-かぼちゃのたね(4) 17.xi.2009 高隈町
新聞社の方には我々コーディネーターがこの研修の概要やKAPICと高隈地区との関わりなどを説明すると、興味深そうに聞き入っていました。


(つかだ

研修期間の折り返し

協力隊技術補完研修も予定の半分を終了しました。
のこり約10日です。
たまには夕食の状況をご覧いただきましょう。
今夜のメニューはトンカツでした。
0-夕食(1) 16.xi.2009 Kapic

料理人さんいつもありがとうございます。

(つかだ

プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ