FC2ブログ

香港中文大学生の訪問

香港中文大学のミュウさんがホストファミリーと一緒に
カピックに来ました。

ミュウさんは、昨年の7月終わりから8月初めにかけて、
日本語・日本文化研修に参加した学生で、
研修のときの写真をもらいました。

約1年ぶりの再会で、とても懐かしかったです。
日本語もバッチシ!上手でした。
普段しっかりと勉強しているのでしょうね。

今日は来てくれてありがとうございましたぁ。
僕が日本語研修を担当して以降、研修後にカピックに
遊びに来た人はミュウさんが初めてだったので、
うれしかったです。

mew.jpg


(sesumi

青年海外協力隊 技術補完研修(村落開発普及員)3日目

研修3日目

高隈駐在所へ表敬訪問しました。研修生は高隈地域でフィールドワークを行います。地域内を歩いて活動するので、もしかしたら地域の人に不審者と思われて通報されるかもしれません。そのようなときには駐在員さんがフォローしてくれます。
駐在員さん、地域のみなさん、よろしくお願いします。

P1150585-2_20100518102738.jpg 

駐在所の表敬訪問後、かのやばら園へ向かいました。
「NPO法人 ローズリングかのや」で働いている青年海外協力隊OG(小学校教諭)に、カンボジアでの活動について伺いました。 協力隊経験後、NGOで再度カンボジアに渡り村落開発を行ってきた彼女の経験談は、研修生にとっては興味がつきませんでした。地域と行政の協働での村おこしを学びました。 

P1150625-2_20100518102738.jpg 

研修後、今が見頃のばら園を案内してもらいました。
P1150640-2_20100518102737.jpg 

男性も              女性も       
P1150652-2_20100518102737.jpg   P1150657-2_20100518102737.jpg 

みんな満開のばらに大感激!!いろんな種類、色、大きさ、匂いのばらがありました。
8ヘクタールもある広大なばら園で身も心も癒された一時でした。
 
P1150661-2_20100518102737.jpg 



午後からは、笠野原開発資料館(古民家)で高隈地域の歴史を学びました。 灌漑農業のためのダム建設で、高隈地域にどのような変化が起こったのか、当時のことを記録に残した安藤さんにお話しを伺いました。テレビのドキュメンタリーやニュースで、ダム建設に伴う住民の反対運動や心情は間接的に耳にしますが、実際体験された方からの情報はリアリティーに溢れていました。質問する研修生もとても熱心でした。
P1150678-2_20100518111758.jpg 

古民家の立派な太い梁、高い屋根、昔使用されていた生活道具がたくさん残っていました。

P1150681-2_20100518111757.jpg     P1150682-2_20100518111757.jpg

外には、昔の農機具や自転車が保管されていました。何をするために使用していた道具かわかったでしょうか?
P1150712-2_20100518115151.jpg    P1150711-2_20100518111757.jpg

貴重なお話し、参考になる体験談が聞けた充実した1日でした。


ふくなが

青年海外協力隊 技術補完研修(村落)2日目

研修日2日目

朝はラジオ体操と窓拭きを元気よく

ラジオ体操 窓ふき

午前中は鹿屋航空基地史料館を見学。日本・鹿屋市の戦争の歴史や海上自衛隊について学びました。特に特攻隊の遺品や資料の展示コーナーでは、多くの研修生が足を止めていたように思います。平和の尊さを改めて感じた史料館訪問でした。

航空資料館


その後「元気印の菜園畑」を営まれる堀之内節子さんを訪問。まずは、地元の食材をふんだんに使った手作りのお料理をいただきました。特にこの辺りでよく食べられる「鳥刺し」には、みんな大喜び!珍しいのでまずは写真を。鹿屋の農村家庭の味をふんだんに楽しませていただきました。
食事3 食事1 

食事の後は、堀之内さんが農村女性として、生活改善や食品加工グループの活動、農家民泊等の様々な経験をお話しくださいました。開発途上国での村落開発にも通ずるたくさんのキーポイントを学ぶことができました。
お話


お話の後は野良仕事。畑グループはネギの種まき。畑に一ずつ蒔くのかと思いきや「ペーパーポット」へ。今は色々なやり方があるんですね。コツをつかむまで結構難しい。。。
ネギ種うえ1 ネギ種植え2 ねぎ種植え3


田んぼグループは田車で草取り。田んぼに裸足で入るのって気持ちいいんですよね。泥に足を取られながら、しっかり草は取れましたか~?
田植え ②田植え

夜は安藤一夫さんの製作した「湖底の村」のDVDを観ました。農村開発の光と影を知ることができる貴重な記録映像でした。

fukuda

平成22年2次隊青年海外協力隊技術補完研修(村落)スタート

5月15日
青年海外協力隊 村落開発普及員の技術補完研修がはじまりました。日本各地から研修生11名がカピックセンターに滞在し3週間の研修プログラムに参加します。研修生の皆さんは、どのような気持ちで開講式を迎えられたでしょうか。新しい環境、仲間、学びを前に期待と不安があるのではないかと思いますが、この3週間で多くの学びがあるようサポートしたいと思います。


   開講式              2食事


初日の夕食はカピックセンタースタッフと研修生が一緒にいただきました。

           食事   



ふくだ  

志布志野神小学校のみなさん ~遠足~

今日もいいお天気

天気と同様、元気いっぱいの志布志野神小学校のみなさんが来てくれました
民族館でのビーズ国旗作り、民族衣装の体験を終えて、「カピックでは何ができるんだろう?」と興味津々の様子

世界のいろいろな言葉の紹介として、ベトナム語で自己紹介すると、みんな目をぱちくり

P1150348.jpg

ベトナム語の数字1~6を勉強した後、6つの数字を使ってグループに分かれ、

世界のいろいろな言葉を使った神経衰弱ゲーム 

P1150353.jpg  P1150352.jpg  P1150358.jpg


このカード、表にはフルーツの名前がいろいろな外国語で書いてあり、裏にはフルーツの絵が書いてあります。
ひっくり返して、同じ絵が出たらOK

楽しみつつ、フルーツの名前を学んで帰ってくれました


30分という短い時間でしたが、スタッフもたくさん元気をもらいました
これからも、元気いっぱい、たくさん遊んでたくさん勉強してくださいね


(いりきた

志布志小学校 ~遠足~

春爛漫 遠足するには気持ちのいい季節になりました。

ということで、今日は志布志小学校3年生の皆さんがアジア・太平洋農村研修村に来てくれました



まず、3年1組の皆さんは、カピックセンター隣の民族館へ。
2組の皆さんは、カピックセンター。

1時間たったら、交代です。




カピックセンターでは、まず、世界地図を見ながら 
 来月、ワールドカップ が開催される南アフリカ
 今年、冬のオリンピック が開催されたカナダ

などなど をチェックして 地球には色んな国があることを簡単に勉強して


P5130004_20100513174311.jpg




今度は、色んな国の国旗を使ってフルーツバスケットならぬ国旗バスケット で国旗の勉強をしながら、ゲームを楽しみました


 P5130016.jpg


一発芸が大好きなクラスで、しまいには持ちネタ発表会になってしまいました
この写真は何のものまねをしているところかわかりますか???


 P5130018.jpg  


なんと 産まれたての仔馬のものまねです
わたくし、仕事を忘れて面白さにはまってしまうほど



ひと盛り上がりしたところで、今度はフルーツカードゲーム
それぞれのカードに色んな国の言葉で果物の名前が書いてあって、裏返すとその果物の絵が描かれています
トランプの神経衰弱の要領ですね


 P5130027.jpg   P5130026.jpg


みんな、真剣な表情で取り組んでいました



元気いっぱい どちらのゲームも楽しんでくれていたようで


良かった


お昼は、カピックセンター周辺の自然いっぱいの中
シートを広げてお弁当を食べていました


なんと 



最後は川遊び


NEC_0037.jpg


本当に志布志小学校のみなさんは元気いっぱいで明るい子供たちばかりで、私も元気をたくさんもらいました
また、いつでも遊びに来てくださいね



( Ouchida  )




お散歩

とってもいいお天気だったので、昼休みに大隅湖畔を散歩しました。
湖岸にたくさん植わっているあじさいには蕾がたくさんついていました。
今月末には、きれいな花を見られそうです。
あじさい蕾

帰り道に民族館に立ち寄ってみると、怪しい人影が。
実は、民族館の館長は「ベリーダンサー」なのです!
ベリーダンスを見たい方、やってみたい方は、ぜひ民族館にご連絡ください。
民族館HP:http://www3.synapse.ne.jp/kapic/ethnic/index.html 
ベリーダンサー ベリーダンサー2


(さかい桃きのこ

 

鹿児島大学法文学部の皆さん

昨日から鹿児島大学法文学部人文学科基層文化系の皆さんが1泊2日の合宿中です。
毎年、この時期に必ず来てくださるカピックの常連さん。
新年度のオリエンテーションと新入生歓迎会を兼ねた研修です。

鹿児島大学法文学部1 留学生などにインタビューをして 

鹿児島大学法文学部2 得られた情報をまとめ

鹿児島大学法文学部3 プレゼンテーション

充実した研修ができたようですね。
来年もお待ちしています!

(さかい桃きのこ

 

パラグアイ国鹿児島県人会園田八郎副会長がカピックを訪問されました

                    Sr.Sonoda Yatsuro

 パラグアイ国の鹿児島県人会園田八郎副会長がカピックを訪問されました。

写真中央が園田さん、向かって左は浮牟田富雄高隅中央町内会長で園田副会長とは従兄弟の関係になるそうです。

園田副会長からは、パラグアイ国の農村開発にかける並々ならぬ情熱を感じました。

 長年農業プロジェクトに関わってこられた自信。

何よりこれまでの同国の要人との太いパイプをお持ちで、現地の農家の方々からの期待が大きいことがわかります。

しかし、園田会長ご本人は謙虚な方で、裏方から応援するほうが良いとの事。 

しかし周りからは熱い期待が・・・。

 6月から新規プロジェクトが始まるそうです。 

  成功を祈ります!    Viva Sr.Sonoda!!     Viva Praguay!!


                        <丸田  >

鹿屋中央高校吹奏楽部のみなさん

鹿屋中央高校吹奏楽部のみなさんが、今日から2泊3日の合宿にいらっしゃいました。

世間はゴールデンウィークですが、大会を7月に控えたみなさんには、集中して練習できる大事な時期

練習にも気合が入ります!

個人練習をしたあと、全体練習
P1150319.jpg P1150320.jpg

フレーズごと、楽器ごとに細かいチェックが入ります。
先生方の、厳しくも愛のある指導でした。

最後に、全体で合わせた演奏が聞こえてきましたが、今日一日ですごく洗練された演奏に変わったように感じました。
やっぱり若さでしょうか??
吸収力が違いますね。

残り2日、体調を崩さない程度に、実りある練習ができることを願っています!


(いりきた

DEER SOUL FES

4月30日 大隅湖にて初の音楽イベント「DEER SOUL FES」が開催されました。 
昼から始まったイベントでは、いろいろなブースが参加しており、
カピックも「世界の文字体験」で参加させていただきました。

   
    mozi[1]  コピー ~ P1150303


世界の文字を使って好きな言葉を書いてみようという体験です。
お気に入りの言葉をしおりにしてプレゼント
素敵な思い出になりました

   
    コピー ~ P1150305   コピー ~ P1150304



昼間、会場に行ってみると色とりどりのキャンドル
地面からニョキニョキ生えているようでした。

    コピー ~ P1150307   


夜になると幻想的な風景が広がっていて、
とてもきれいでした。


    コピー ~ DSC09268


今回のフェスティバルでは、大隅半島で働く人をテーマにした
写真展も行われており、立ち止まって見入る人もいました。


    コピー ~ DSC09263


日が落ちてから、ライブコンサートを楽しみにしている方々が
続々と訪れ始めました。

    コピー ~ DSC09253   コピー ~ DSC09255
  

フードブースでは地元のレストランの方々が
地元の食材を使った料理を提供されており、
各店とも美味しそうな匂いにつられて
長い行列ができていました。

  コピー ~ DSC09258    コピー ~ DSC09259
    
  コピー ~ DSC09260 


日が落ちるとともに始まったのが、
鹿児島から、東京から、イギリスからこの日のために
集まったアーティストのライブでした。

    コピー ~ DSC09261

残念ながら、ライブ会場の写真はお伝えできませんが
魅せる音で会場を一つにしていました。



今回、元ちとせさんなどアーティストの方々を始め、
関係者の方々にカピックセンターをご利用いただいたのですが
卓球を楽しんだり、カピック周辺の自然を満喫されたりとされていました。


    コピー ~ P5010001


昨日の朝、アーティストの方々は出発されたのですが
レストランにメッセージが残されていました。

「thank you for sharing you're beautiful home with us.」

 「みなさんと一緒に家族のような時間を過ごせました。ありがとう!」


カピックスタッフ一同、本当に嬉しい言葉でした

今回のイベントで初めてカピックセンターに訪れる方も多く
広く知られる良い機会になったのではないかと思います。

イベント関係者の皆さん、ありがとうございました


(よしまつ

プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ