鹿児島大学農学部熱帯作物学研究室の皆さん

鹿児島大学農学部の熱帯作物研究室の皆さんが1泊2日の研修でいらっしゃいました。

夜はBBQで親睦を深めていました。
鹿大農学部BBQ

今朝は、国際理解プログラムを受講していただきました。
ネパールで活動した「キノコ隊員」の事例を中心に紹介しました。
「牛」を切り口にして、文化の違いについても考えてもらいました。
鹿大熱帯作物2 鹿大熱帯作物1

最後のまとめとして、「違い」のワークショップをしました。
さまざま違いが書かれた16枚のカードを
  「尊重するべき違い(文化の違いなど)」
  「なくしたい違い(格差など)」
  「変えようがない違い(地理的条件、気候など)
に仕分けしてみます。
鹿大熱帯作物3 鹿大熱帯作物4

グループによって、人によって、それぞれ意見が違うので、ディスカッションしたり、
貧困や格差をなくすための取り組みについても、少し考えてみました。

学生の皆さんは、とても熱心に参加してくださいました。
今後、アジアやアフリカでのボランティア活動に参加する予定の学生さんもいらっしゃるそうです。
皆さんの活躍を期待しています!

さかい

鹿児島大学・宮崎大学合同研修交流会

鹿児島大学と宮崎大学の農学部の土壌研究室の皆さんの1泊2日の合同研修会がありました。

BBQで交流中。楽しそうですね。
CIMG8687.jpg

お互いの研究成果を発表し、熱心に学びあっていました。
DSC05662.jpg DSC05680.jpg DSC05673.jpg

鹿児島と宮崎の中間地点ということで、毎年、KAPICを利用いただいております。
お互いに学びあうことで、ますます研究が進んでいくことでしょう。
来年もまた来てくださいね!
DSC05682.jpg

さかい

ブラジルを知ろう

シルバーウィーク最終日。
ブラジルについて学びたいというご家族がいらっしゃいました。

ブラジル紹介

今回はブラジルの文化や食生活はもちろん、日系社会のことについてもお話させて頂きました。
地球の裏側の国に私達と同じ日本人の血を引く人達が頑張っている姿に大変感銘を受けていらっしゃったご様子でした。
他にも日本語学校でのブラジル人の子供達の活動内容等をお伝えしました。

 熱心に親御さんも子供さんもメモを取られていて質問もいっぱいされ、ブラジルという国にそして国際協力というものに興味を持って頂けたみたいで本当にお話しさせて頂いた甲斐がありました。

 また是非カピックセンターにお越し下さいね。

しもまつ 

海外技術研修員 民族館見学 

今日、技術研修員の5名は
午後からカピックセンター隣の民族館へ行き
楽しいひと時を過ごしました。


民族館では展示してあるものを見るだけでなく、
世界の民族の衣装を実際に着たり、

094.jpg


珍しい楽器に実際に触れて演奏をしたり、

107.jpg


ダンスをしたり、
ボードゲームで盛り上がったり…

120.jpg


入場無料なのにこんなに楽しんでいいのか、
と心配になるくらい遊び尽くしました。


スタッフは皆さん親切で、
館内のことや世界の民族の知識を
惜しみなく分けて下さいます。

ご家族でもお友だち同士でも楽しみながら
国際理解の深まるよい時間を過ごせると思いますので
ぜひ足をお運びください。



鹿児島女子短期大学  大島千佳

海外技術研修員 

今日は
下さんと、馬さん
FMかのやの生放送に出演しました

P1090123.jpg

お二人とも
とても落ち着いて楽しそうでした。


研修生は、皆さん
朝から夕方まで日本語の授業です。029.jpg


午後は下さんの
母国パラグアイについての発表の練習が行われました。

023_201509201635195ef.jpg



下さんの流暢な日本語で進む盛りだくさんの発表に
子どもたちはどのような反応を示すのか気になります。


研修生のみなさんの日本語上達のために
私もサポートに尽力したいと思います。

1週間、
カピックセンターでインターシップをします。
よろしくお願い致します。

鹿児島女子短期大学   1年 大島千佳

海外技術研修員 消防訓練

今日は火災を想定した
訓練を行いました。

非難の練習を行った後、消火器の使い方を教わり、
実際に消火器を使う練習も行いました。

その後、消防団の方にお手伝いいただきながら、
ホースを使った消火の練習も行いました。

197.jpg  216.jpg

皆さんにとって、貴重な経験になったことと思います。
今日の訓練をいざというときに、いかしていただきたいです。

鹿児島大学 坂元 陽美

海外技術研修員 高隈中学校運動会

IMGP6414.jpg

秋晴れのいい天気の中
高隈中学校の運動会に参加しました。

IMGP6419.jpg  IMGP6433.jpg

初めての日本の運動会に皆さん感激されていました。
写真を撮ったり、競技に参加したり…

076.jpg


本当に充実した時間を過ごされていました。

地元の方と交流されている研修生もいました。
日本語が本当にお上手です。

149.jpg


カピックセンターに帰りつくと、今度はピンポン!
余暇の時間もたのしんでいらっしゃいます。

163.jpg


これからの日本語研修も
皆さんで協力して楽しく乗りきっていただきたいです。



鹿児島大学 坂元 陽美

インターウニ西日本2015開催

9月10日から14日まで、ドイツ語ゼミナール「インターウニ西日本2015」が開催されました。

DSC05642.jpg

カピックセンターで、約30名の研修者の方は、いくつかのクラスに分かれて、ドイツ語を勉強しています。
ドイツ語の先生はみなさん、熱心に、指導されていました。

DSC05639.jpg

学生の皆さんは、一生懸命ドイツ語を勉強していました。
この期間中に、みなさんのドイツ語が上達したことと思います。

DSC05632.jpg

ぜひ、来年もカピックに、ドイツ語を勉強しに来てください!

(宇都宮)

第2回鹿屋体育大学国際スポーツアカデミー

第2回鹿屋体育大学国際スポーツアカデミーのプログラムに参加されている方々が、カピックに、お茶・着物の体験に来られました。参加者は、ベトナム、スリランカ、マレーシア、香港、シンガポール、タイ、カンボジア、インドネシア、台湾、中国、イラン、ハンガリーなどから、総勢24名でした。



最初に、民族館で様々な国の楽器を演奏してみたり、民族衣装を着てみたりと、様々な展示物に興味に示していました。時間が足りないくらい楽しかったようです。

DSC08949_201509110948105d8.jpg

その後、カピックセンターに移動し、茶道を体験しました。
慣れていない正座がきつそうな様子でしたが、お茶を味わい、茶道を理解したようです。

DSC08986_20150911094817b30.jpg

午後は着物の着付けを体験しました。きれいな着物に着替え、嬉しそうにたくさん写真を撮っていました。
また、着物で日本の踊りを踊り、とても楽しそうでした。

DSC09014_20150911094817087.jpg

鹿児島純心女子短期大学  熊谷 和佳奈

海外技術研修員 基礎研修 開講式

海外技術研修員(鹿児島県)
長沙市からの研修生(鹿児島市)の皆さんが2ヵ月間の
日本語基礎研修のためにカピックセンターに到着しました。

今日は開講式を行いました。

040.jpg


緊張されている方、これからの日本での生活を楽しみにされている方、様々でしたが、
皆さん日本語を上手に話せるようになりたいと学ぶ意欲に満ちあふれていらっしゃいます。

045.jpg


皆さんの研修がうまくいきますように。
楽しい時間を過ごし、たくさんの思い出を作って頂きたいです。

今日から17日まで約1週間、カピックセンターでインターンシップをします。
少しでも多くのものを吸収したいです。



鹿児島大学 坂元 陽美

鹿児島工業高等専門学校(マレーシア大学生との交流)

9月8日から2泊3日でKAPICを利用した交流活動が行われていました。
「平成27年度9高専連携事業マレーシア・ペトロナス工科大学(UTP)との双方向学生交流」ということで、日本・アジア青少年サイエンス交流事業(さくらサイエンスプラン)の一環だそうです。
高専マレーシア交流2 高専マレーシア交流1

夜はレクレーション室でのビリヤード大会で盛り上がっていました。
高専マレーシア交流3

未来の科学技術を担う日本とマレーシアの若者たちの交流から、きっとすばらしいものが生まれることでしょう。

さかい

27-3青年海外協力隊(コミュニティ開発)技術補完研修 ⑥

コミュニティ開発の技術顧問に対し、フィールドワークの報告会をしました。
顧問からはコメント・アドバイスを頂きました。
フィールドワーク、まとめ、分析、発表と慣れない作業が続きましたが、研修生の皆さんはそれぞれに得るものがあったのではないでしょうか。

20150909報告会1 20150909報告会2


夕方からは高隈の水明荘で壮行会がありました。
話が盛り上がって、皆さん熱く、熱く語っていました。
多くの方が集まって下さり、研修生にとってはご協力頂いた方々にお礼を言う機会となりました。

20150909壮行会1 20150909壮行会2


高隈の皆様、研修へのご理解、ご協力大変有難うございます。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


(せすみ)



JICA青年研修 アフリカ農村振興コース

アフリカ研修員たちは、農村女性の活動について学ぶために、吾平山陵加工グループを訪問しました。

加工グループが生産したものを販売しているAコープの地産地消コーナー見学。
吾平Aコープ

加工グループ代表の堀之内さんから、農村における生活改善の経緯、農産物加工グループの活動、グリーンツーリズムなどについての講義を受けました。女性の意見をもとに改良された農作業服も紹介してくださいました。
吾平山陵講義 農作業服

午後からは3つのグループに分かれて、ドレッシング、ふくれ菓子(蒸しパン)、まるぼーろ(焼き菓子)を作りました。
ドレッシング まるぼーろ ふくれ菓子

堀之内さんの農家民宿「元気印の菜園畑」も見学しました。
元気印

元気いっぱいの農村女性たちから、いろいろな刺激をもらうことができた1日でした。

さかい

展示しています

エントランスに
展示している「大隅湖は語る」を
たくさんの方に見ていただくために
ホワイトボードの裏側に看板を設置しました。

DSC08948.jpg

インターンシップ生である熊谷さんと共に制作しました。



カピックセンターから徒歩3分のところにあります民族館をご利用され、
こちらにお越しになる際にはぜひご覧になってください。
皆さまのご来館を心よりお待ちしております。



鹿児島純心女子短期大学 宮田 かほ梨

JICA青年研修 アフリカ農村振興コース 

JICA青年研修 アフリカ農村振興コースの皆さんが
午前中はやねだんDVDを鑑賞したあと、
柳谷公民館でDVDの感想に対して回答をしていただきました。

行政に頼らない住民参加型の農村開発についての講義を楽しそうに受け、
質問をしていました。
また、柳谷公民館の今年度および将来についての説明を受け、
土着菌の作り方も学びました。

DSC08925.jpg



午後は笠野原開発資料館を見学し、
昔の日本の家と農業、
および灌漑について学びました。


DSC08934.jpg



午後3時ごろにKAPICセンターに戻り、
笠野原灌漑事業と農業の変遷についての安藤さんの講義を受けました。

DSC08939.jpg


鹿児島純心女子短期大学  熊谷 和佳奈

27-3青年海外協力隊(コミュニティ開発)技術補完研修 ⑤

7日、8日の2日間はこれまでのフィールドワークのまとめをしました。
明日の報告会に向けてみんな一所懸命です。

20150908フィールドワークまとめ1


(せすみ)

JICA青年研修 アフリカ農村振興コース 9/7 大野地区訪問

JICA青年研修アフリカ農村振興コースの方々が昨日からKAPICセンターを利用しています。
今日は大野地区を訪ね、大野地区の方々と楽しく交流をしながら農業体験や集落の見学をしました。
午前には、大野地区の地域づくりについて皆さん熱心に話を聞いていました。
大野地区の地域づくり計画が垂水市によって作成されたのではなく、地域の方々が意見を出し合って計画を作成し、実践していることを知り、研修員たちは驚いていました。研修員たちの国では、政府からのトップダウンしかないとのことでした。
また、大野地区では糖度が30度以上あるサツマイモの生産をしており、その生産方法などを熱心に質問していました。
午後からは、大野地区を周り、サツマイモの貯蔵庫やワサビの栽培、ニジマスの養殖、炭焼きの方法などを見学し、インゲンの収穫も体験させてもらいました。インゲンの収穫では、皆さん時間を忘れて黙々と作業をして、多くのインゲンを収穫することができました。また、高齢者クラブの方々とグランドゴルフを通して交流しました。初めはボールがいろんなところに転がっていき、なかなかホールに入れることができませんでしたが、段々とコツを掴んだようで一回でホールインするなどとても上達していました。
皆さんとても楽しかったようで、一日中顔が生き生きとされていました。

DSC08762.jpg DSC08862.jpg

夜には大野地区の方々と一緒に夕食をいただき、交流を深めました。大野でいただいた夕食は、アフリカで普段食べているものと似ているものがあったようで、とても美味しかったそうです。
音楽がかかるとアフリカの研修員たちが踊り始め、それに混じって大野の方々も踊っていました。
みんなで輪になって踊り、曲が終わってしまうと皆さん寂しそうにしていました。
短い時間ではありましたが、研修員たちと大野の方々はとても親密になり、帰るのが名残惜しそうでした。

DSC08921.jpg

アフリカ研修員たちがKAPICセンターで過ごすのは、残り3日しかありませんが、皆さんに鹿児島の魅力を感じてもらい、また、多くのことを学んでいただきたいです。

6日間、KAPICセンターでインターンシップをします。拙いところもありますが精一杯努力してまいりますのでよろしくお願いします。

鹿児島純心女子短期大学 宮田 かほ梨

JICAアフリカ研修農村振興

今日はJICAアフリカ研修の皆さんが
農村振興をテーマに5日間の研修に来館しました。

予定より早くKAPICセンターに到着し、オリエンテーションを行いました。

DSC08755.jpg





みなさん真面目に説明を聞き、
KAPICセンターのルールを理解したようです。

DSC08757.jpg




今日から6日間KAPICセンターでインターンシップをします。
よろしくお願いいたします。


鹿児島純心女子短期大学  熊谷 和佳奈

大隅湖は語る

9月2日から作成していた
大隅湖についての掲示物が完成しました!

DSC08741.jpg


写真を拡大、ラミネート、写真の簡単な説明文の作成、
貼り付けの作業が終わりました。

見やすい掲示物にするために、写真の配置やタイトルの作成など、
KAPICセンターの職員の方々から、たくさんアドバイスをいただきながら、
作成することができました。

KAPICセンターの入り口の入ってすぐのロビーに掲示してありますので、
ぜひ見に来てください!

インターン生 宮崎公立大学3年 上之薗 愛美

鹿児島国際大学 大久保ゼミの皆様

鹿児島国際大学 大久保ゼミの皆様が、ゼミ合宿のためにカピックセンターに来られました。

皆さんで、BBQを行いました。 炭の火をおこすところからスタートです。

DSC05576.jpg

だんだん、火がついてきました。

DSC05583.jpg      DSC05581.jpg

みなさん、本当に楽しそうでした。
先生といっしょに、BBQ、とってもいい夏の思い出が出来ましたね。

(ウツノミヤ)

プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ