韓国 群山・全州大学校 ホームステイ歓送会

昨日ホストファミリーと出かけた学生たちが、夕方カピックセンターに
戻ってきました。
歓送会は楽しい思い出話や、他の家族のみなさんとの交歓の場となりました。
どの学生もすっかりホストファミリーと打ち解けて、楽しかったいろいろな
体験を話してくれました。
学生たちから感謝をこめて、韓国の歌が披露され、ホストファミリーのみなさんも
たいへん喜ばれたようです。

DSC00970.jpg DSC00957.jpg DSC01005_20160201182441494.jpg

ホストファミリーのみなさま、温かいおもてなしと心遣いをどうもありがとうございました!

こっこ

JICA青年研修ブータン体育教育コース アクションプラン作成

ブータン研修員たちは、これまでの研修で学んだことを、帰国後にどのように活用するのかを考えて、「アクションプラン」を作成しました。
AP作成 AP作成1

発表のための資料も完成。
明日の発表会が楽しみです。
AP.jpg

さかい

吾平小学校PTAの体験活動

吾平小学校PTA おやじの会主催の「自然環境と森林植樹体験活動」へ出前講座に行って来ました。
参加した親子に森の生き物のことや木材でできているものなど、身近なことから森について考えてもらいました。
世界の森のこと、地球温暖化のこともお話しました。
森の講座

講座の後は植林体験に出かけました。
せっかくの機会なので、私も植林に参加させていただきました。
かなり急な斜面でしたが、ちびっこたちは一生懸命に穴を掘って植えました。
苗木が大きくなるまで50年!!
未来の森を思い描きながら植えるのは、素敵な体験でした。
植林 植林1

さかい

「幸福の国ブータン」JICA青年研修 その4

今日が訪問研修の最終日!! 地元高隈で元気に活動されている中高齢者の方たちから、グランドゴルフを教えてもらいました。全国大会にも出場した選手(おばあちゃま)も参加とあって、かなりレベルが高い!! 30メートルの距離をいとも簡単にホールインワンする選手がでたりと、終始笑い声の絶えない中、楽しくゲームに参加することができました。
DSC01059.jpg DSC01060.jpg DSC01063.jpg DSC01088.jpg

その後、選手の方々と高隈地区交流促進センターで昼食をとり、今日のお礼としてブータンの研修生から歌と踊りのパフォーマンスがありました。この踊り、ブータンでは、儀式の際におこなわれ、何と夜通し朝まで踊られるとか・・。今日は、短いバージョンを披露してくれました。
DSC01097_20160130165245bb9.jpg DSC01117.jpg DSC01119.jpg

午後は、同じ施設内にある体育館で、鹿屋ミニバスケットスポーツ少年団の子供たちの練習に参加しました。こちらでは本気モードの激しい練習が繰り広げられており、さすがの研修生も”It’s so hard for us!!!” と驚いた様子でした。練習の最後は、子供たちとゲームをおこない、子供たちの元気な応援も手伝い、非常に白熱した試合となりました。
最後は、全員と握手をし、研修生にとっても子供たちにとっても、スポーツを通した国際交流を経験することができました。
DSC01204.jpg DSC01180.jpg DSC01212_201601301657428fc.jpg

くらうどん

韓国 群山・全州大学校 研修4日目 ホームステイ対面式

今日から1泊2日のホームステイです。
学生たちは緊張した面持ちで対面式に臨みました。

DSC00908_20160130125346d14.jpg DSC00911.jpg

ホストファミリーとお会いして、一安心。
お天気も回復して、楽しい時間が過ごせることでしょう。
日本の家庭を満喫してきてください!

こっこ

JICA青年研修ブータン体育教育 鹿児島県総合体育センター

今日は終日、鹿児島県総合体育センターで研修を受けました。

体育センターの皆様の温かい歓迎と自己紹介でスタート。
まずは体育センターの業務、役割についてわかりやすく説明いただきました。
総合体育センターあいさつ 総合体育センター講義

実技研修では、楽しみながら体を動かす、さまざまなアクティビティを学びました。
研修員たちは、汗を流しながら、熱心に参加していました。

ニュースポーツの「キャッチング ザ スティック」と「ペタンク」。
キャッチング スティック ペタンク

ボールや縄を使った体づくり運動。
なわとび ボール

道具を使わない体づくり運動。
おきあがり おしあいゲーム

それまでに体験したものを参考にして、ブータンでできそうなアクティビティをグループごとに3つずつ考えて発表しました。
自分たちの実情にあわせて組み合わせたり工夫したり、さまざまなアイデアが披露されました。
授業アイデア発表 授業アイデア発表1

武道館に移動して、剣道場、柔道場、弓道場を見学しました。
ブータンの国技はアーチェリーということで、弓道に強い関心を示していました。
剣道場 弓道

最後に、キャンプ中のジュビロ磐田の練習試合を見学しました。
ジュビロ磐田

たくさんのことを学ぶことができ、大満足の1日になりました。
お忙しい中、ブータン研修員たちに丁寧に指導くださったセンターの皆様、本当にありがとうございました。

さかい

韓国 群山・全州大学校 研修3日目

今日は朝から大雨です。
午前中は、鹿児島の大学生と観光しながら交流する
ふれあい実践会話の観光ルート作りと、明日からのホームステイで
役立つ日本語の練習です。

某グループの観光プラン
exchange_sightseeing plan 観光ガイドと首っ引きでなんとか決められました。


午後からは、雨の中でしたが視察にでかけました。
皆さん久しぶりの外出をたのしみにしていました。

IMGP9641_201601291908281ca.jpg 黒酢を見学しました。

IMGP9654.jpg 桜島ビジターセンター

ちょうど小雨になり、足湯の温泉をさわり、
来週いく鹿児島をたのしみに記念撮影

IMGP9657.jpg  IMGP9667.jpg

お天気がよくなりますように

韓国 群山・全州大学校 研修2日目 民族館&着物体験

群山・全州大学校の研修が本格的にスタート。

今日午前中は民族館を訪問しました。
それぞれ民族衣装を選んでポーズをキメています。
世界のユニークな楽器も触って楽しみました。
 IMG_8114.jpg

午後は、楽しみにしていた着物体験。
着物の種類やTPOについて学んだあと、それぞれ素敵な着物を
先生方に着せていただきました。
全員そろうと、時代劇ができそうです。
今日はNHK鹿児島の取材が入り、夕方のニュースで放送され、
学生たちはおおいにテンションが上がりました。
DSC00862.jpg DSC00866.jpg DSC00896_20160128190139a6b.jpg
こっこ



JICA青年研修ブータン体育教育 附属中学校訪問

ブータン研修員たちは、鹿児島大学附属中学校を訪問しました。
まずは体育の授業を3つ見せていただきました。
①創作ダンス
新聞紙を使って身体を動かします。研修員たちも新聞紙になりきって飛んだり身体を丸めたりしていました。
創作ダンス 創作ダンス1

②体育理論
スポーツの意義について、生徒たちが考えて発表する授業でした。
体育理論

③跳び箱
小学校でも跳び箱を見学していたので、小学校の授業との違いについても学ぶことができました。
研修員もチャレンジしましたが、初めての跳び箱は難しかったようです。
跳び箱 跳び箱1

学校内をまわって、体育以外の理科、技術家庭、音楽などの授業やパソコン室など施設も見学しました。
附属中授業参観1 附属中授業参観

附属中学校における保健体育の指導についての講義をうけました。
質疑応答では、生活指導や体罰について、教員の勤務体制についてなどさまざまな質問が出され、意見交換をすることができました。
附属中質疑応答 附属中

さかい

韓国 群山・全州大学校 到着!

今年も群山と全州の2つの大学の合同研修が本日から始まりました。
今日は開講式とオリエンテーション、各交流会でのプレゼンの内容を
決めました。
今回は奇しくも男性のみ7名というメンバーですが、ほんわかのんびり
した雰囲気です。10日間和気あいあいと進みそうです。

開講式と自己紹介
DSC00752_2016012718094793b.jpg DSC00760.jpg

こっこ

「幸福の国ブータン」JICA青年研修 その3

今日は昨日に続き、鹿屋体育大学での研修です。
朝一番で大学に行き、いくつかの大学施設を見学しました。最新のトレーニングセンターであるスポーツパフォーマンス研究施設を訪れました。ここは、アスリートの運動時動作を詳しく分析し、パフォーマンスを改善する施設です。その他、陸上競技場やサッカー場、トレーニング場などブータンでは見る事が難しい設備を見学しました。
DSC01004.jpg DSC01005.jpg

その後、副学長の川西教授から生涯スポーツ(Lifelong sports)という分野について講義をしていただきました。午前午後と2回に分けて研修があり、午後の部では、自由討論の機会もあり、研修員の皆さんはここぞとばかり“本音”トークを繰り広げていました。今まで静かに聞いていたブータンの研修員が、自国の体育教員が抱える問題を列挙し、日本とのハードソフト両面での違いを認識した上で、“これから自分達に何ができるのか?”を真剣に話し合っていました。
DSC01010.jpg DSC01045.jpg DSC01013_201601281035172d1.jpg

前日同様、大学の学食で美味しいランチを取った後、ニュースポーツの実技授業を受けました。先生は北村先生と坂口先生で生涯スポーツゼミの学生の皆さんもアシスタントとして参加してくださいました。この授業では、写真にある程の大きなボールを使い、簡単な遊びやチームに分かれてのゲームなどをおこないました。生涯スポーツは競技スポーツとは違い、運動能力に関係なく、また子供から高齢者まで、誰もが楽しめるスポーツのことです。競争で勝敗を決めることだけに焦点を置くのではなく、健康・楽しみ・仲間意識といった別の観点からスポーツを楽しむことができる。競技スポーツのレベルがまだそれほど強くないブータンでは、このタイプのスポーツが合うような気がしますが・・。どうでしょうか? 
幸福の国で皆が楽しめるスポーツの普及は、つまり "Sports for happiness ! "  
DSC01033.jpg DSC01024.jpg DSC01042.jpg

くらうどん 


「幸福の国ブータン」JICA青年研修 その2

今日から2日間連続で、鹿屋体育大学にて講義と実技指導の研修です。
まずは、体操の元オリンピック選手!北川教授よりマット運動・ボール運動・縄跳び運動など、ブータンでも即実践可能な運動を学びました。ほぼ初めて経験したという、前転や後転、開脚前転、側転などなど・・を、研修員は悪戦苦闘しながらも何とか実践することができました。
DSC00846.jpg DSC00896.jpg DSC00908.jpg 
その後、ボール運動や、様々な縄跳び運動を体験し、どこでも手に入る道具で、色々な運動の実践指導を受け、研修員は非常に興奮した様子でした。
DSC00952.jpg DSC00927.jpg DSC00942.jpg DSC00960.jpg

そして、大学の学食で美味しいランチを食べて(ベジタリアンの研修員も大満足)! 
DSC00962.jpg

午後の研修は、大学の一般学生に混じり、サッカーの授業に参加しました。体育の授業レベルよりも少し高いレベルの指導内容で、4対2の攻撃と守備の基本戦術から、ゴールを用いて2対2の実践練習など、守備の連係について学び、最後は6対6のミニゲームで終了しました。
DSC00974.jpg DSC00979.jpg

次に、月曜日に大雪のためキャンセルになった佐藤教授2回目の講義を受けることができました。2回目の講義内容は、指導案の作成です。実際に授業で指導する上で必要な指導案の作成段階について、フローチャートを用いて解説してもらい、その後、4つのグループに分かれてワークショップ形式で、サッカーやダンス、陸上などの単元2・3コマ分授業の概要を作成しました。指導経験がない種目の指導案作成は、やはり難しく、何から教えればいいのか?どのように教えればいいのか?など相当困っていた様子でした。最終的には、佐藤教授のアドバイスで、各グループ何とか指導案を完成することができました。
DSC00989.jpg DSC00994.jpg DSC00996.jpg DSC00999.jpg

くらうどん 




JICA青年研修ブータン体育教育コース 雪のため日程変更

予定では、鹿屋体育大学で佐藤先生の講義、花岡中での模擬授業参観だったのですが、雪のため残念ながら実施できなくなってしまいました。
そこで、午前中はKAPICで研修のふりかえりをしました。
最初にリストアップしていた課題について、これまでの研修の中で見つけた解決方法や改善点、これからの研修で学びたいことをまとめて発表しました。
review1.jpg review.jpg

午後からはスポーツ用品店を視察した後、高隈地区交流促進センターを訪問しました。
地域のコミュニティ作りや「高齢者大学」などの取り組みの中でのスポーツ振興について説明をしていただきました。
突然のお願いにもかかわらず引き受けてくださいまして、本当にありがとうございました。
高隈交流センター2 高隈交流センター

夕食は研修員たちがブータン料理をつくりました。
日頃から料理をしているという人も多く、楽しそうにつくっていました。
久しぶりに食べ慣れた料理を食べることができ、いい気分転換にもなったようです。
ブータン料理 ブータン料理1

さかい

朝の雪景色

昨日の吹雪がうそのように今朝は快晴。
KAPIC宿泊室からは、美しい日の出が見えました。
(昨夜、KAPICに泊りこみだったので、この風景を見ることができました)
屋根からは、たくさんのつららが下がっていました。
雪の朝 つらら

雪の朝2 つらら2

雪景色は風情があっていいのですが、
周辺の道路の雪は早く溶けてもらいたいものです。
(雪が消えないと、今日もおうちに帰れません)

さかい

JICA青年研修ブータン体育教育コース ホームステイ無事終了

大雪で心配でしたが、ブータン研修員たちがホームステイから無事に戻ってきました。
短い時間でしたが、ホストファミリーと一緒に昼食をとりながら別れを惜しみました。
研修員を暖かく迎え入れ、雪の中を送り届けてくださったホストファミリーの皆様、本当にありがとうございました。
ブータンホームステイ ブータンホームステイ1

中庭では、子供たちと研修員たちが雪遊びを楽しんでいました。
お互いに忘れられない思い出になったことと思います。
雪あそび 雪だるま

さかい

KAPIC雪景色!

朝から雪が降り始め、あっという間に積ってしまいました。
めったに見られないKAPICの雪景色です。
KAPIC雪景色1 KAPIC雪景色2

さかい

JICA青年研修ブータン体育教育コース ホームステイ対面式

ブータンの研修員たちは、1泊2日のホームステイに出発しました。
日本の生活を体験しながら、家庭教育や社会教育について学んでいただきます。
雪が心配ですが、家族とのふれあいを楽しんできてください!
ブータンホームステイ

さかい

JICA青年研修ブータン体育教育コース 鹿屋市教育委員会 小中高校訪問

ブータン研修員たちは、午前中は鹿屋市教育委員会を訪問しました。
中野教育長を表敬した後、鹿屋市の教育全般、保健体育教育についての講義を受けました。
鹿屋市教育長 市教委説明 市教委説明2

午後からは鹿屋市内の3つの学校を訪問しました。
西原小学校では、6年生の体育の授業を見学しました。
生徒の能力にあわせて丁寧な跳び箱の指導が行われているのを見て、研修員たちは感銘をうけていました。
西原小 西原小とびばこ

第一鹿屋中学校ではバスケットボールの授業を見学しました。
第一鹿屋中 第一鹿屋中2

最後に鹿屋女子高の部活動を見学しました。
バドミントン、剣道、テニス、卓球、ソフトボールなど、いろいろなスポーツの練習を見て回りました。
鹿屋女子高 剣道部 鹿屋女子高 卓球部

小学校、中学校、高校の3つを駆け足で回ったので、KAPICセンターにもどってから、それぞれの違いなどを整理してしめくくりました。
ふりかえり

さかい

「幸福の国ブータン」JICA青年研修 その1

今日は、日本で唯一の国立の体育単科大学、National Institute of Fitness and Sports in KANOYA からの研修がスタートです。

まずは、日本の保健体育教育について佐藤教授から講義を受けました。
ブータンの現状に即した活発な質問が飛び交い、研修員も真剣な眼差しで参加していました。
DSC00613.jpg  DSC00624.jpg

その後、鹿屋体育大学がある大隅半島から次の目的地がある薩摩半島まで、何とフェリーで海(錦江湾)を渡ることになり、ブータンからの研修員は大喜び!! 
DSC00627.jpg  DSC00629.jpg
何故かというと、、海を目の前で初めて見たから!でした。
内陸に位置するブータンでは海を見ることはできないので、今回日初めて生の海に遭遇したようです。もっと晴れた日であったらもっと良かったんですけどね、残念。。

さてさて、午後の研修は鹿児島県教育委員会で、教育次長の表敬訪問、県の教育概要などについての講義を受けました。
DSC00653.jpg  DSC00639.jpg  DSC00656.jpg
  
帰路は再度フェリーで海を渡り、KAPICセンターへと・・・。
慣れない移動と興奮で、疲れて熟睡の研修生でした。
DSC00657.jpg


くらうどん 

「幸福の国ブータン」からJICA研修生10名が到着しました~!!

JICA青少年研修のブータン体育教育コース10名が昨日到着しました~!!
なんと、この10名ブータンでは体育の先生をしてる方たちなのです。。

南国鹿児島にもかかわらず、雪で高速道路が通行止めとなるアクシデントもありましたが、無事KAPICセンターに到着しました。
寒さには慣れているのか、皆さん元気そうに覚えたての日本語で“こんにちは~♪”と挨拶してくれました。

早速本日から研修スタートで、まずは鹿屋市立高隈中学校へ訪問しました。
学校現場で1日を過ごし、日本の学校教育について体験的に学ぶことができました!

Welcome to TAKAKUMA Jr High School と黒板での出迎えがあり、
00

まずは音楽の授業、科学の授業、国語の授業と見学し、最後に体育(サッカー)の実技授業を見学&飛び入り参加をしました。
01 02 03 04

その後、生徒のみなさんと学校給食を食べた後、休み時間にグランドで日本・ブータン混合のサッカーゲームで汗を流しました。
05 06

スポーツは国境を越えてが如く、何故か研修生にサインを求める生徒もいたりして・・。
07


最後に記念写真をパチリ、そしてブータンからのお土産(伝統的なお弁当箱)をもらった教頭先生もお茶目にパチリ
08 09

と終始和やかな雰囲気で、日本の学校教育現場を体験することができました。

が、ブータンからの研修生はただ日本に来たわけではありません・・。日本での研修で得た知識や経験を自国に帰ってから活かすことを目的に来日しているので、KAPICセンターに戻ってからは、それを再確認するためのワークショップがおこなわれました。

まず、3つのグループに分かれて現状の問題点を出し合う。
次に、そのために今回の研修で学びたいことを出し合う。
最後に、各グループで話し合った内容を一枚の紙で発表&情報の共有をしました。
10 11 12


その中で、一番印象に残っている意見が、“日本とブータンとではモノや施設・予算面等で違いがあるので、単なる日本のマネではなく、ブータンでもきるような創意工夫された体育の授業などを学びたい”。。これは、私たちの国でも一番求められている部分なのかな・・と考えさせられた一日でした。。

くらうどん


プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ