韓国 江陵原州大学校研修2日目(最終日)

本日は、江陵原州大学校の学生の研修は2日目にして最後の日になります。

午前は曽於市にある児童養護施設慈光園を訪問させていただき、
子どもたちと交流しました。
まずは、江陵の学生がクリスマスということで『ジングルベル』を歌い、
そのあとは韓国語のミニ教室が開かれました。
簡単なあいさつやよく使う単語を学生が先生になって、教えました。
子どもたちはとても上手に言えていました。ハングルの五十音表を
使って自分の名前も書いてみました。小さい子もすぐに間違いなく
書けていて、驚かされました。

DSC08128_201612251645151b8.jpg DSC08136.jpg 

そのあとは、学生たちが韓国の伝統的な遊びを紹介しました。
壺に矢を投げるトゥホ、日本のお手玉みたいなコンギ、羽を蹴って遊ぶ
チェギチャギの3つを紹介し、子どもたちはそれぞれの遊びをまんべんなく
体験して、楽しんでいました。

DSC08169.jpg DSC08158.jpg

そのあとは、子どもたちといっしょに昼食をいただきました。
とても美味しいシーフードカレーでした。
最後まで名残惜しく、楽しい交流ができました。
慈光園の子どもたち、職員のみなさま、どうもありがとうございました。

DSC08192_20161225164524fa0.jpg DSC08209.jpg


子どもたちと別れた後は、道の駅大隅弥五郎伝説の里に立ち寄り、
そのあと若潮酒造さんで見学をしました。
昔ながらの製法の蔵で焼酎の工程の説明を受けました。
そのあといろいろな焼酎を試飲して、ほとんどの学生がおみやげに
買っていました。

DSC08221.jpg DSC08232.jpg

最後に夜はかのやばら園のクリスマスファンタジーナイトに行きました。
北風が強くとても寒かったですが、イルミネーションが美しく、花火も
なかなか見ごたえがありました。
学生たちも冬の花火を楽しんでいました。

DSC08253.jpg DSC08258.jpg

こうして長い1日が終わりました。
カピックでの研修はこれで終わりです。
短い期間でしたが、多様な体験ができたのではと思います。

学生たちは明日から鹿児島市内で、鹿児島大学の学生と
交流があります。
楽しんで無事に韓国に帰ってもらいたいです。
カピックでの研修、お疲れ様でした。

こっこ

韓国 江陵原州大学校研修1日目

研修1日目はカピック内で日本文化体験の日です。
午前は着物の着付けでした。
着物の種類やTPOについて説明を受けた後、
先生方の日本舞踊の男舞いを見せていただきました。
男子はかっこいい羽織袴を着せてもらい、女子は
先生に習って自力で着物を着ることに成功しました。

DSC08044.jpg DSC08059.jpg DSC08075.jpg

午後は、民族館で少し息抜きしたあと、明日の交流会の準備を
しました。
そして夕方はカピックの食事を提供するMFSの日高さんが
講師となり、日本料理教室が開催されました。
メニューはトンカツ、白和え、味噌汁です。
トンカツは韓国にもあるそうですが、日本のものとは違うそうです。
普段あまり料理をすることのない学生たちですが、なかなか
器用に調理していました。
できあがったトンカツには全員大満足でした。
韓国に帰ったら、それぞれの家族に作るとのことです。

DSC08082.jpg DSC08109.jpg DSC08108.jpg

今日は日本の文化をたっぷり体験できたようです。
明日は1日お出かけです。
明日も楽しい1日になりますように。

こっこ


韓国 江陵原州大学校研修生到着!

本日は、毎年12月に研修に来られる韓国江陵原州大学校の
学生10名と引率のハン先生が到着されました。
明日から2日間カピックで研修を受けます。

DSC08010-blog.jpg DSC08024-blog.jpg

驚いたことに10名のうち2名は昨年も参加した学生でした。
昨年が楽しかったから、また参加したそうです。
今年は昨年よりさらに充実していたと言っていただけるよう
研修担当の私もがんばらねばと思います。

カピックでの研修を十分堪能してください。
明日から元気にがんばりましょう。

こっこ

輝北町高齢者学級の皆さま来訪~♪

本日、輝北町高齢者学級の皆さんがKAPICを訪れ、国際理解プログラムを受講していただきました。
 まず最初に、隣りの民族館に立ち寄った後、KAPICでお茶休憩をして、その後世界の文字体験「リーランラ」というゲームを体験しました。エジプト・ネパール・バングラデシュ・ブルガリアの4か国の文字一覧表を参考に、いくつかの問題に挑戦してみました。 その後、職員のアフリカでのボランティア活動体験談を聞いてください、アフリカにすむ人々の生活・考え方について、写真や動画を交えながら学んでもらいました。 皆さん本当に元気な方ばかりでした。お土産の”からんももち”美味しかったです♪また来年も是非遊びにきてくださいね~♪

DSC07999.jpg DSC06375.jpg DSC06380.jpg DSC06382.jpg

くらうどん 

KAPIC クリスマスイベント開催♪

12月11日にKAPICで毎年恒例のクリスマスイベントが開催されました。
プログラムは(1)絵本の読み聞かせ(日/英)(2)お菓子の家づくり(3)クリスマス特別ランチ(4)クイズラリー(5)KAPICバザール物販販売の5つでした。
 まず、絵本の読み聞かせでは、絵本を読む前に、アイスブレイクとして、簡単な英語を使ったゲームを鹿屋市ALTのサマンサがおこないました。皆で輪になって、プレゼントが自分のところにまわるゲームでは、中々隣りのお友だちに回したくない子もいたり、また明けたプレゼントの中には、少し小さめのプレゼント箱が入っていて、びっくり&残念な気持ちになったりと、最初は緊張していたお友だちも徐々にリラックスした雰囲気になっていました。
0H0A3150.jpg 0H0A3142.jpg 0H0A3158.jpg

そして、いよいよ絵本の読み聞かせ。ただ、、講師はALTのマーリンですので、しっかりと簡単な英単語を最初に覚えてから、絵本を皆で聞きました。最初に覚えた英単語が、ストーリーの途中で何度も出てくるので、皆、知らず知らずのうちに英語を覚えてしまった!?ようです。そして、次に部屋を暗くした中で、”ブラックパネルシアター”という暗闇の中で、絵本が浮き出てくる絵本を聞きました。サンタさんやトナカイが暗闇の中からきれいに浮かび上がる様子は、幻想的な世界でした。
0H0A3177.jpg 0H0A3185.jpg 0H0A3184.jpg 0H0A3187.jpg

最後は、サプライズで本物のサンタさん(実は、ブラジルからの研修生トマス君)が参加者全員にプレゼントを配り、大盛況な”絵本の読み聞かせ会”でした。
0H0A3194.jpg 0H0A3203.jpg

絵本の読み聞かせが終わった後はランチタイム。
今回はクリスマススペシャルランチです。
0H0A3217.jpg

メインのチキンの他にもハンバーグやフライなどかなり豪華で皆さん美味しそうに召し上がっていました。
0H0A3220.jpg 0H0A3216.jpg 0H0A3212.jpg

ロビーの方ではクイズラリー抽選会。
敷地内にあるクリスマスに関するクイズをとくと抽選が出来るというシステムで様々なキャラクターグッズがプレゼントとして用意されていました。
DSC06360.jpg 0H0A3229.jpg 0H0A3123.jpg

キャラクターのパズルやお菓子の詰め合わせのブーツが当たった子は大喜びです!
0H0A3127.jpg 0H0A3119.jpg

ロビーではアジアや中東などの雑貨の販売も行われ、実際アジアや中東にボランティアに行っていたスタッフに興味深げにその地域の国々のことを聞いていました。
DSC06371.jpg DSC06366.jpg

そして毎年恒例で今回で10回目をむかえる「お菓子の家作り」
まず最初に鹿屋市国際交流員のスティーブン、ALTのニコールからアメリカのクリスマスについてのプレゼンテーションがありました。
世界でもっとも規模の大きいアメリカのクリスマスに子供達も興味津々といった感じでした。

プレゼンテーションが終わったら親子で協力して家づくりです。
みんな真剣そのものの表情で我が家を建設していきます。
0H0A3281.jpg 0H0A3269.jpg

それぞれに親子で協力したり、スタッフに手伝ってもらったりで素晴らしい「お菓子の家」が出来ました。
0H0A3356.jpg 0H0A3355.jpg 0H0A3357.jpg

最後はみんなで記念撮影。
0H0A3361.jpg

今年も大盛況で楽しいクリスマスイベントになりました。
今後もこのような楽しいイベントを実施してまいりますので、是非カピックセンターにお越しください!!

くらうどん 
 

JICA日系研修【農産物加工とマーケティング】 本日帰国!

ブラジルからの研修員は本日、無事に帰国の途に着きました。

一カ月間、体調を崩すこともなく、毎日の研修を積極的に取り組んでくれました。
2016-12-08.jpg
研修には、鹿屋市役所をはじめ、農産物加工やマーケティング関連施設、地域のたくさんの方々にお世話になりました。
すべてのみなさまにお礼を申し上げます。

Muito obrigada!
本当にありがとうございました!

ハマダ

JICA日系研修【農産物加工とマーケティング】 アクションプラン発表と修了証書授与式

今日はJICA日系研修【農産物加工とマーケティング】コース、最終日でした。
1か月の研修で学んだことを生かし、ブラジルでどんなことを実行するか、アクションプランの発表をしました。
珍しく(?)緊張した面持ちでしたが、夢と希望の詰まったプレゼンで、研修の成果をしっかり伝えることができたと思います。
2016-12-07-1.jpg

そして、
発表の後、修了証書の授与がありました。
無事に研修を終えて、ほっとした笑顔がこぼれました。
2016-12-07-2.jpg

本当におつかれ様でした!

ハマダ

曽於市立恒吉小学校家庭教育学級

曽於市立恒吉小学校の家庭教育学級のみなさんが研修にいらっしゃいました。
ネパールのカレンダー、水がめ、食器などに触れたり、民族衣装のサリーも試着していただきました。
気分が盛り上がってきたところで、「レヌカの学び」ワークショップ。
ネパール女性レヌカさんの「水道やガスがないネパールでの家事は重労働だけど、日本には電化製品がたくさんあって便利。日本だったら主婦になりたい」という考えを知り、参加していたお母さんたちは衝撃を受けていました。
「ネパールでは朝ご飯を必ず食べる」のは、1日2食の生活習慣からきていること、日本では野菜や果物がパック詰めされているので、レヌカにとって「ちゃんと選べない」状態だったことなど、レヌカさんのエピソードを通して、日本とネパールの違いについて考えたり、自分たちの生活を見直したりすることができました。

恒吉小


さかい

財部北小の皆さん来訪♪

12月4日(日)に、財部北小学校の皆さんおよびご家族の方がKAPICに来て国際理解プログラムを受講していただきました。最初に、簡単に施設見学をしてから、ロビーの国旗を使って「私の国はどこでしょう?」ゲームをしました。各自には見えない様に国旗プラカードを後ろに掲げ、友だちからのキーワード(例:国旗の真ん中に、白い☆がある)を頼りに、国名を当てるゲームです。ゲームを通して、普段見慣れない国旗・国名を学ぶことができたのではと思います。

DSC07908.jpg DSC07913.jpg

次のゲームは、KAPICの代名詞、世界地図パズルです。今回は人数的に丁度よい感じでしたので、0からみんなでパズルを作り上げてもらいました。途中、北米とヨーロッパが反対に置かれていたハプニングもありましたが、何とかみんなの力を合わせてパズルを完成させることができました。そして、次のゲームはリーランラ「世界の文字体験」で、ネパール・バングラデシュ・ブルガリア・エジプトの文字をゲームを通して学び、その後、チャイカイというカードゲームで、果物の名前を色々な国のことばを使って学ぶことができました。 次回来られる時は、さらに深く世界の事を学んでいただけるプログラムを組みますので、是非お越しください♪

DSC07921.jpg DSC07924.jpg DSC07930.jpg DSC07932.jpg

くらうどん 

JICA日系研修【農産物加工とマーケティング】 アクションプラン作成開始!

鹿児島県の【農産物加工とマーケティング】を勉強してきた研修生。
すべての視察や見学を終えた今日、ふりかえりのワークショップをしました。
2016-12-03-3_201612060954160d0.jpg
たくさんの人と出会い、色々なアイデアを見て、様々なことを吸収してきました。
そして研修最終日に、これまで学んだことを踏まえて「ブラジルでどんなことをするか」というアクションプランを発表します。

現在は、アクションプラン作成に頭を悩ませています。
2016-12-03-4.jpg
どんな計画が出来上がるのか、今から楽しみです♪

ハマダ

JICA日系研修【農産物加工とマーケティング】 花の木農場見学

今日は南大隅町にある【花の木農場】でたくさんのことを学びました。
アポイントもなしにお伺いした私たちを、中村理事長ご自身が案内してくださいました!!!
2016-12-03-1.jpg

研修生も、
【Fiquei sem palavras pela grandeza de obras que o senhor esta fazendo com pessoas com necessidades especiais…】
【障害者の方々と築き上げた壮大な作品(花の木農場)を見て、感動を表す言葉が見つかりません。】
と、大きな影響を受けたようです。
2016-12-03-2.jpg

中村理事長の真心に、この場を借りて感謝申し上げます!

ハマダ

JICA日系研修【農産物加工とマーケティング】 元気印の菜園畑さんで農家民泊!

12月が始まりましたね。
昨日今日と、元気印の菜園畑さんにお世話になりました。

以下、研修生が書いた手紙の抜粋です。
【Uma vida saudavel e viver longe dos grandes centros urbanos e sim do lado da natureza.】
【健康に暮らすということは、都会から離れ、自然の近くで生きるということですね。】
2016-12-01-02-1.jpg   2016-12-01-02-2.jpg

自然中で、たくさんのことを学んだようです。
元気印の菜園畑の皆さん、ありがとうございました^^

ハマダ

プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ