JICA研修【ブータン果樹栽培】 ふりかえりワークショップ/鹿児島県農業開発センター大隅支場

今日の午前中は、
カピックセンターで、今までの研修を振り返るワークショップをしました。
研修が始まって約2週間。
学びたかったことはどれくらい勉強できたのか、新しく得た知識はどんなものか、これから学びたいことは何か、を整理しました。
20170131-1.jpg

午後は、
二度目の訪問となる、鹿児島県農業開発センター大隅支場へ。
今日は野菜の試験方法を教えていただきました。
20170131-2.jpg

お忙しい中、皆さん温かく受け入れて下さり、研修員の二人も有意義な時間を過ごすことができました。
本当にありがとうございました。
20170131-3.jpg


ハマダ^^

JICA研修【ブータン体育教育】 最終回!!

いよいよ、この日が来てしまいました。。本日が研修最終日のアクションプラン発表・評価会・閉校式です。研修生の皆さんは、前日に用意したプレゼン用紙を持参し、さらにブータンの民族衣装の正装で登場してくれました。発表の中には、朝の体操を取り入れるものから生涯スポーツの紹介、そして一番多かったのが体力測定の実施でした。昨年度の研修生の1人も同様の発表をされてましたが、今回も同様将来的なカリキュラム作成のためには基礎データを把握するためにも必須という意見がありました。その後、JICA九州の職員の方より評価会、閉校式がとりおこなわれ、皆さん無事に研修を終えた証として、終了証書を授与されました。短いようで長い約2週間の研修でしたが、皆さん本当に熱心に研修に参加されていました。本当にお疲れ様でした♪ 
DSC09607.jpg DSC09619.jpg DSC09674.jpg
 
くらうどん 

JICA研修【ブータン果樹栽培】 桜島大根

今日は鹿児島の野菜【桜島大根】について学びしました。

最初に、【桜島大根コンテスト】を見学しました。
20170129-1.jpg
雨の中、たくさんの方が訪れていました。
研修員の二人も桜島大根の大きさにびっくり!

その後、桜島大根の畑を案内してもらいました。
20170129-3.jpg

桜島ミュージアムも訪問し、桜島の雄大さを感じた一日でした。
20170129-2.jpg


ハマダ^^

JICA研修【ブータン体育教育】 その8

本日は、久々の冬晴れのぽかぽか陽気で、研修生の皆さんも心なしかいつも以上にニコニコしています。さて、本日午前中は高齢者スポーツと題して、高隈地域の方々が日々練習されているグランドゴルフを体験させていただきました。グループ毎に別れ8ホール2ラウンドを回りました。普段他のスポーツでは良いパフォーマンスを見せてくれる何人かの研修生も今回は中々上手くできない様子で、しかも相手は自分たちのおじいちゃんやおばあちゃん世代ともあって、競技スポーツとは異なる生涯スポーツ(lifelong sports)の存在意義を身をもって体験できたのではないでしょうか?その後、一緒に汗を流した方々と昼食をとり、その後ブータン研修生からは歌と踊りをそして、高隈の方々からはおはら節の踊りと、鹿児島伝統の遊び“なんこ”を教えてもらいました。スポーツを通した国際交流。それは、複雑な言語によるコミュニケーションに頼る必要のないコミュニケーションで、老若男女に問わず関与できるもので、今後の国際交流分野での可能性を再認識しました。
DSC09428.jpg DSC09467.jpg DSC09470.jpg DSC09482.jpg DSC09495.jpg DSC09499.jpg

昼食後は、鹿屋市内のスーパーで少しお買い物(少しではない研修生もいましたが・・)をした後、NPO法人健康づくりフォーラムで学校外の体育(健康づくり)活動を見学&体験させてもらいました。参加者は小学生で、学校でおこなわれる体育とは違い、参加者が主体的に楽しみながら体を動かすことを主眼に置いた内容でした。競技スポーツとは異なり、楽しさ・健康なからだの発達がキーワードとなる様々なプログラムを経験することができました。
DSC09522.jpg DSC09530.jpg



くらうどん 

JICA研修【ブータン果樹栽培】 元気印の菜園畑

1月26日27日と一泊二日で、鹿屋市吾平町にある【元気印の菜園畑】にお世話になりました。

野菜の収穫やハウス作りのお手伝いをしたり、
20170126-1.jpg

柑橘類の剪定を教えていただいたり、
20170126-2.jpg

短い期間で本当にたくさんのことを教えていただきました。
そして何よりも、父ちゃんと母ちゃんのおもてなしに感激した研修員でした。
20170126-3.jpg

お忙しい中、本当にありがとうございました!


ハマダ^^

JICA研修【ブータン体育教育】 その7

本日は、前半に鹿屋体育大学、そして午後に鹿屋女子高へ行く予定です。まず午前中は鹿屋体育大学にて、生涯スポーツについての講義を受けまし。講義では、現在の日本の運動やスポーツにおける環境について特に生涯スポーツ分野について説明があり、その中で日本の総合型スポーツクラブの紹介があり、高齢者、青少年、障害を持つ人、妊婦などどんな人でも運動やスポーツを親しめる環境となるように取り組んでいる点のお話しがありました。また、日本の体育教育の変遷についても説明され、戦後の体育教育を受けた世代となり、多くの国民が、運動やスポーツは子どもから高齢者まで楽しく、明るく、生活を営むための態度を育てるものと理解されてきている点にも言及がありました。その他、欧米の生涯スポーツ、2020年の東京オリンピックについても紹介があった。
6 5 7

午後には引き続き鹿屋体育大学で、エアロビックスの実技研修があり、75分の基礎的なプログラムで構成された内容を体験しました。動きには基本動作から応用動作への移動、流れる音楽のスピードに強弱をつけたりすることで心拍数を変えたり、それぞれのパートで重要なポイント体験することができました。最後に講師より75分間の流れ、W-Up、M-Ex、S-Tr、S-Coの説明がされ、さらに応用的な動作が紹介されました。研修員からはブータンでも実施しているが、さらに知識を得ることができたとのコメントがありました。
1 3 2 4

次に、鹿屋女子高を訪問し、学校長の挨拶後、体育授業に参加しました。授業では器具等を使わない「体つくり運動」で、ブータンでも実際に授業として取入れることができる内容でした。学校紹介ビデオでは文化活動、体育祭などの活動を知ることができました。部活動見学ではバドミントン部、バスケットボール部、剣道部などで短時間であったが、練習に参加し体験することができました。特に剣道部では竹刀を持って素振り、部員への面の打込みをし、研修生は防具、竹刀にも興味を示していました。各クラブの生徒たちが熱心に練習している様子を見ることができ、研修員も授業、クラブ活動に熱心に取組んでいました。
10_20170127145506260.jpg 11_201701271454573aa.jpg 12_20170127145436933.jpg

かぴっくん 

JICA研修【ブータン体育教育】 その6

今日は、待ちに待ったNIFS(鹿屋体育大学)での実技指導です。研修生の皆さんは、朝から張り切っているようですが、ケガだけはしないでまずは安全に授業を受けてもらいたいです。まず最初の授業は、体操・マット運動で講師は去年度に引き続き北川先生です。昨年度との違いは何といっても授業の場所が、体操実習室になり、オリンピックなどで見る様々な体操器具が並べられ、研修生一同驚きの表情でした。さて、授業の方はいくつかの種類の準備運動をした後、様々な体の動きを取り入れた運動(例:倒立など)、マット運動として前転・後転をおこないました。研修生の中(特に女性)には、初めて体験した回転系のマット運動がかなり難しい様子でした。次に、縄跳びを使った運動で斜めから走りこむ点に注意しながら、最後は2人同時に飛ぶなど徐々に難易度を上げていく授業展開でした。授業の後半は、器械体操の体験という観点より、トランポリン・吊り輪・あん馬・段違い平行棒の紹介と体験がありました。普段TVでしか見たことのない、器械体操の器具と技(北川先生のデモンストレーション)を間近で見るという良い経験ができました。
DSC09039_20170125170247541.jpg DSC09059.jpg DSC09047.jpg  DSC09087.jpg DSC09053.jpg DSC09076.jpg DSC09112.jpg  DSC09132.jpg

そして次に、2つ目の授業として昨年に続き北村先生と坂口先生のニュースポーツで、今回はフライングディス(フリスビー)を使った競技:アルティメットを体験しました。今年度は、”ブータンでも活用できるスポーツ”の紹介ということで、この種目になりました。何人かの研修生は、多少の経験があったようですが、やり始めると、、、やはり難しいようでした。ですが、ここからがブータン研修生の底力。講師の先生方も驚く程の上達の速さで、最後は2グループになってのゲームにまで到達!このスポーツは体のぶつかりがないNo Contact Sportsのはずが、結局は白熱するかなり激しいゲームとなりました。
DSC09144.jpg DSC09176.jpg DSC09183.jpg DSC09204.jpg

本日最後の授業は、金高先生による陸上競技で、こちらも”ブータンでも実践できる陸上練習の紹介”をお願いしました。授業では、陸上競技専攻の生徒さんが研修生1人に必ず1人サポート役としてついてもらい、①体つくり運動②走運動③跳躍運動③投てき運動のあらゆる体の動きを取り入れたプログラムを組んでいただきました。足の回転を上げる様々な練習方法から、2人3脚やしっぽとりゲームなど、ブータンの学校でもすぐに実践できそうなものばかりで、90分間があっという間に終わってしまう程の中身の濃い授業を受けることができました。
DSC09220.jpg DSC09255.jpg DSC09228.jpg DSC09238.jpg DSC09243.jpg DSC09258.jpg DSC09261.jpg DSC09265.jpg 

余談として、今回の授業後に、ある先生(K先生:3人の内1人)から「教える側としても、久々に心から非常に楽しいと感じる授業でした。生徒役の研修生が真剣に授業を受けてくれたおかげです」、とのコメントをいただきました。授業とは、先生だけではなく、生徒の積極的参加があってこそ成立するものだと改めて考えさせられました。
研修生の皆さん、今日は本当にお疲れさまでした。

くらうどん 

JICA研修【ブータン果樹栽培】 北薩研修

1月20日から24日の5日間、北薩に研修に行きました。
20170120-4.jpg

鹿児島県農業開発センターの北薩分場では、病害虫やブドウ・梨の剪定の仕方、ハサミやナイフの研ぎ方など多くのことを学びました。
20170120-3.jpg  20170120-2.jpg

実習では、雪のちらつく中、寒さに負けずに実習しました。
20170120-1.jpg

そして、ポンカンを有機農業で栽培している橋口農場では、有機肥料の作り方を詳しく教えていただきました。
20170124-1.jpg

お忙しい中、そして極寒の中、対応してくださった皆様、本当にありがとうございました!


ハマダ^^

»続きを読む

JICA研修【ブータン体育教育】 その5

研修もそろそろ中盤に差し掛かってきました。本日は、学校訪問&視察ということで、鹿屋にある小学校と中学校へ行き、体育の授業を見学しました。小学校では跳び箱の授業、中学校ではバスケットボールの授業見学でした。準備運動から、簡単な動き、そして高度な動きまで段階的に指導している様子をしっかりとメモしているようでした。今回の研修生の大半が、小学校教諭ということもあり、日本とブータンの相違点に大変興味を持っていました。
DSC08977.jpg DSC08991.jpg DSC08987.jpg DSC08997.jpg DSC09026.jpg DSC09020.jpg DSC09015.jpg

小学校では、日本の学校給食を体験しました♪
DSC09007.jpg DSC09008.jpg

くらうどん 

JICA研修【ブータン体育教育】 その4

そして本日は、ホームステイプログラム。これからお世話になるご家族と緊張した面持ちで初対面する対面式から、その後1泊2日たっぷりといい時間を一緒に過ごした後、KAPICに戻ってきた様子を御覧ください。

【ホームステイ前】
~皆さん心なしか緊張した様子で、場の雰囲気も少し硬いようです・・~
DSC08892.jpg DSC08893.jpg

【ホームステイ後】
~お世話になったホームステイ先家族と研修生~
DSC08922.jpg DSC08904.jpg DSC08914.jpg DSC08911.jpg DSC08916.jpg DSC08912.jpg DSC08918.jpg DSC08909.jpg DSC08903.jpg DSC08906.jpg 

~研修生から民族ダンスと歌(熱唱)のプレゼント!?~
DSC08946.jpg DSC08959_201701251304162e5.jpg DSC08969.jpg
~お別れの一コマ~
中には、研修生との別れが悲しくて泣いてしまう子も・・
DSC08973.jpg DSC08971.jpg

ホームステイは、人と人が国・文化・宗教を超えてお互いを知る機会を得る国際交流、いや国際協力の原点!ブータンの研修生、そして受け入れてくださったホストファミリーの皆さまに感謝です!!

くらうどん 



JICA研修【ブータン体育教育】 その3

KAPIC内での研修が終わり、次はいよいよ外での研修となります。本日午前中は、鹿屋市教育員会に表敬訪問をして、教育長にもお会いすることができました。そして、鹿屋市の教育事情・保健体育事情についての講義があり、その合間に、FMかのやを通して鹿屋市で広く認知されている貯筋体操!?を教えてもらいました。午後は、鹿児島市内にて鹿児島県教育委員会の表敬訪問をしました。ここでは、鹿児島県全体での教育事情、そして保健体育についての講義があり、保健体育を取り巻く日本の教育行政について、理解を深めることができました。
DSC_0486.jpg DSC_0491.jpg DSC_0494.jpg 県教委1

フェリーで錦江湾横断の様子です(生まれて初めて海を目の前で見た研修生は大喜びでした♪)
フェリー

くらうどん

JICA研修【ブータン体育教育】 その2

研修2日目です。今日は昨日午後に引き続き、佐藤先生による講義で始まりました。まずは、日本の学校(小学校~高校)での体育授業風景の動画を見てもらい、授業が単発で行われているのではなく、各単元の中で段階的に進められるの中の1つとして位置付けている点を特に説明されました。その後、研修生を3グループに分けて、中学生を教えると仮定して、年間のカリキュラムを作成しました。最初は、Unit(単元)の中に3~4回の授業が含まれる点を理解するのが難しいようでしたが、佐藤先生の丁寧な説明により、徐々に理解し作成できたようです。
DSC08835.jpg DSC08844.jpg DSC08831_2017012110050892f.jpg

お昼をはさんで午後に、保健の授業、カリキュラムマネージメント、指導案、その他スマホやタブレットで自主学習ができるon-line学習の可能性についてなど、多岐にわたるお話がありました。講義のお礼として、研修生のリーダーから”歩く百科事典”と形容されたとおり、日本の保健体育についての政策から現場でのお話しまで、幅広い内容での講義となりました。
最後に佐藤先生からは、”PE(体育)とは、人間が成長していく上で、非常に可能性を秘めている教科であり、ブータンの研修生はTheory(知識)の土台が既に築かれているので、あとはそれをどう活用していくかです。今後に期待しています。”とのお言葉をいただきました。
DSC08843.jpg DSC08861.jpg

講義の後は、リフレッシュを兼ねて、隣りの民族館で民族衣装・楽器で楽しみました。
DSC08884.jpg DSC08882.jpg

くらうどん

韓国 徳成女子・江陵原州大学校 着付・講話・閉講式

本日は、とうとうカピックでの研修最終日となりました。
午前中は、日本文化体験の着付けです。

まずは、着物の種類やTPOを学び、先生方の日本舞踊を拝見しました。
お正月ということで、おめでたい『松尽くし』という演目です。
DSC06690.jpg DSC06693.jpg

その後は、いよいよ着付です。女子は自分で着付けに挑戦です。
たくさんの道具や小物があって、面食らいました。
着物を着て整えるのが一番難しいです。先生の助けを借りて、
みななんとか着ることができました。
DSC06700.jpg DSC06709.jpg DSC06720.jpg

みな、とてもお似合いです。
DSC06731.jpg

午後は、鹿屋市の国際交流員で韓国人の李さんから、鹿児島と鹿屋について説明を
受け、また日本に留学と就職した体験を聞きました。
学生たちは、日本での留学や就職の具体的なイメージがわいたようです。
DSC06755_201701192038133ca.jpg DSC06758.jpg

橘きもの学院佐々木きもの着付け教室の先生方、李さん、
本日はどうもありがとうございました。

そして、最後に閉講式がありました。
それぞれ修了証書をもらい、研修の感想を述べました。
いろいろな体験をしましたが、おしなべてよい経験ができた、
日本の友人ができてうれしい、ホームステイがとても楽しかった、
といった意見でした。

今回の学生たちは、研修の最後までまったく疲れを見せず、
毎日元気いっぱいでした。

この研修で体験したことを、韓国の家族や友人たちにたくさん
話して、日本への関心を高めてもらえたらと思います。
またもっと日本語を熱心に勉強してくれると期待しています。

徳成女子大学校と江陵原州大学校の研修生のみなさま、
最後まで元気に研修を受けていただき、どうもありがとうございました。
こちらも楽しかったです。
明日はみなさん、気をつけてお帰りください。

こっこ

JICA研修【ブータン果樹栽培】 JAそお

ブータン農業研修員たちはJAそおを訪問しました。
午前中はJAの組織や運営について講義を受けました。
JAそお1

午後からはJAの施設見学。
最初に選果場でデコポン、ナス、キュウリの選果やパッキングを見学しました。
デコポンのラインでは糖度や酸度を機械が一瞬で計測して自動的に選果されており、研修員たちは驚愕していました。
JAそお2

育苗センターでは、メロンとカボチャの育苗を見学しました。
JAそお3

休憩時間には、ブータンの文化や暮らしについて紹介したりして、なごやかな交流ができました。
JAそお4

お忙しい中、対応くださいましたJAそおの皆様、本当にありがとうございました。


さかい

韓国 徳成女子・江陵原州大学校 沈壽官窯・鹿児島純心女子短大交流会

本日は、鹿児島市内へ出かけました。
まずは、韓国に縁が深い美山の沈壽官窯を見学しました。
薩摩焼の歴史や、製作工程の説明を聞きました。
学生たちは自分たちの国の人々が生み出した文化ということに
感心しきりでした。
DSC06585.jpg DSC06595-blog.jpg

午後は鹿児島純心女子短期大学を訪問しました。
まずは、英語科の1年生のみなさんと寮で昼食をいただきながらの
交流でした。
美味しい天丼を食べながら、日本語・英語を取り混ぜて
楽しくおしゃべりしていました。
DSC06603.jpg


そのあとは、英語科2年生との交流です。
グループに分かれて自己紹介し、純心短大からは韓国語の
楽しいスキットと日本の書道の発表がありました。
韓国の学生からは韓国文化を紹介し、また手品、歌、踊りも披露しました。
DSC06623.jpg DSC06633.jpg DSC06637.jpg 
DSC06646.jpg DSC06666.jpg DSC06677.jpg

楽しい時間はあっという間で、お互いの学生たちは名残惜しくお別れしました。

鹿児島純心女子短期大学の英語科1年・2年生のみなさま、
どうもありがとうございました。

こっこ

JICA研修【ブータン体育教育】 始まりました!!

幸せの国”ブータン”からこの時期、2件目の研修が始まりました!
現在KAPICでは、ブータン農業の研修が進行中ですが、それとは別にブータン体育教育の約2週間の研修がスタートしました。今回は、総勢10名(男性6名、女性4名)で体育教員のみならず、大学教員、教育省の職員など多様性のあるメンバーとなりました。まず、到着翌日に開講式、続いて研修のオリエンテーション&本研修で”今回の研修で、何を学びたいのか?”を明らかにするために、課題整理ワークショップが実施されました。簡単なアイスブレイクをおこなった後、4グループに分かれて、ブータンの体育教育における課題をまず整理した後、日本での研修で学ぶ目標を確認する作業をおこないました。
DSC08753.jpg DSC08770.jpg DSC08790.jpg

そして午後からは、日本の保健体育教育の現状をよく知るために、桐蔭横浜大学教授の佐藤豊先生に講義をしてもらいました。元高校の体育教員であった佐藤先生の巧みな授業展開で、”体育は何故必要なの?”という発問から始まり、研修生にとっては教師としての本質を掘り下げ、再確認できる刺激的な講義内容となりました。
DSC08808.jpg DSC08815.jpg DSC08817.jpg DSC08827.jpg

これから実技、授業参観等様々なプログラムが組まれており、研修生にとって実りある研修となることを祈っております!!

くらうどん 

JICA研修【ブータン果樹栽培】 垂水果樹試験場

ブータン農業研修員たちは、鹿児島県農業開発総合センターの垂水果樹部を訪問しました。
午前中の講義では果樹部で行っている試験研究の概要、柑橘のグリーニング病対策について学びました。
ブータンでもグリーニング病が大きな問題となっているということで、とても熱心に質問していました。

午後からは圃場を見学しました。
天候が悪く、予定していた剪定の実習は残念ながらできませんでした。
垂水試験場1

果実評価の実習では、タンカンをサンプリングして、重さや糖度、酸度を計測しました。
垂水試験場2 垂水試験場3

移転準備等でお忙しい中、研修員たちに丁寧に指導してくださった果樹部の皆様、本当にありがとうございました。
垂水試験場4

さかい

韓国 徳成女子・江陵原州大学校 日本文化体験(茶道)

本日は、茶道の体験をしました。

茶道裏千家鹿屋同好会の先生方にお越しいただき、
まずは、お点前のデモンストレーションを見ながら、お点前の
順番や道具の名前、亭主と客の応対の仕方など学びました。

次にお正月にちなんだ松と松ぼっくりをかたどったお菓子と
薄茶をいただきました。お味はとても美味しいとのことでした。
そのあとは、交代で自分でお茶を点て、他の人に飲んでもらいました。
泡を立てるのがなかなか難しかったようです。

なによりも足のしびれがたいへんだったのですが、お茶の精神に触れることが
できて、みな良い体験ができました。

先生方、どうもありがとうございました。

DSC06468-blog.jpg DSC06516-blog.jpg DSC06568-blog.jpg

こっこ

JICA研修【ブータン果樹栽培】 大隅地域振興局と鹿児島県農業開発センター大隅支場の講義を受けました!

今日の午前中は、
【大隅地域振興局】の方々が、肝属地域の農業や畜産について教えてくださいました。
20170117-1.jpg

農作物や灌漑、畜産の技術、普及のプログラムのことなど
多岐にわたる講義にブータンからの研修生も様々な疑問を投げかけました。
20170117-2.jpg

そして午後は、
【鹿児島県農業開発センター】の大隅支場に行きました。
20170117-3.jpg

開発された農業機械のお話や実験の行われている畑を見学しながらレクチャーをしていただきました。
201170117-4.jpg

どんな質問にもしっかり答えて下さる研究員の知識の深さに、研修員もびっくりしていました。

大隅地域振興局ならびに鹿児島県農業開発センター大隅支場の皆さま、本当にありがとうございました。


ハマダ^^

韓国 徳成女子・江陵原州大学校 ふれあい実践会話

本日は、鹿児島市に行って、鹿児島の学生と交流しながら市内を散策する
「ふれあい実践会話」の日でした。

グループに分かれて、事前に韓国学生が考えたプランで、
水族館や天文館に行ったり、しろくまを食べたり、思い思いに楽しんでいました。
日本の友だちができて、とてもうれしい1日でした。

DSC08748-blog.jpg

ボランティア学生のみなさん、どうもありがとうございました。

こっこ

プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ