FC2ブログ

高隈山で一番高い大篦柄岳(おおのがらだけ)1,236mに登りました

先日南九州新聞社の米永社長と二人で高隈山系の最高峰大篦柄岳(おおのがらだけ)1,236mに登りました。
実は1週間程まえに米永社長から、“丸田さん体に自信はありますか”との質問がありました。
私は鹿屋市内の健康プラザのグランドにあるアスレチックで週3回鍛えていますので、“はい”と応えたところ。わかりました健脚8時間コースで行きましょうと言う事で朝8時に大隅湖駐車場を出発しました。
1石照神社鳥居 2炭窯跡 3五右衛門風呂跡
石照神社の鳥居をくぐり、神社に登山の無事を祈って出発。私達はどうも猿の縄張りに入ったようで、ボス猿らしき猿に20分ほど道案内(監視?)される格好で入山。途中五右衛門風呂跡、炭窯跡を見て往時の山の賑わいを感じつつひたすら登りました。

4橋の橋脚 5祠 6ぶなの大木
洪水で流された石積みの橋脚跡、祠(ほこら)を過ぎたところで大きなブナの木に遭遇。実は
この高隈山が日本のブナの南限と言われています。なので貴重なブナの大木なのです。

7ぶな紅葉 8天狗堂 9天狗堂1
紅葉がとてもきれいでした。そして天狗様にお参りさせて頂きました。この天狗様は室町時代から奉られていて
高隈山は修験道の山だったようです。お気の毒に長い年月で翼が欠けた天狗様でした。
とてもわかりにくい場所で、見つけるのは非常に困難です。

10木根 11紅葉 12紅葉1
台風で倒され幹から直接木根が出ている木から元気を貰い、素晴らしい紅葉にまたまた元気を頂きました。

13紅葉2 14サルの腰掛 15杖捨祠
そして大きなサルの腰掛がある木を通り過ぎたところで、ついに杖捨祠発見。名前のとおりもう杖は要りません
これから先は平坦ですよという意味です。この時点で4時間20分経過。米永社長についてくるので精一杯でした(汗)

16稜線3 17稜線 18稜線1
高隈山系の稜線はとても美しいのです。疲れを忘れさせてくれました。

19稜線2 209合目 21山頂道しるべ
9合目を過ぎ、山頂近くにある最期の道しるべを過ぎ、

22高隈リンドウ 25猿梨 25大野柄僕
可憐なタカクマリンドウが歓迎してくれました。午後1時山頂で食べたオニギリが格別でした。3時間で下山したのですが途中サルナシというマタタビ科に属するキウイフルーツのような果物を米永社長に見つけて頂き、高隈登山のみやげとしました。グリーンツーリズムを熱く推進されている米永社長には感謝の気持ちでいっぱいです。 誘っていただき誠に有難う御座いました。 
                           < 丸田  >

  PS.このつれづれ日記2009.4.28版にも登山日記をアップしています。
  宜しかったら春の高隈山もご覧になって下さい。
  なので私にとっては3年半振り2回目の登山になりました。














コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした!

3年ぶりの登山にしては
ちょっとハードなルートでしたね。
でも、さすがに体力あられますね。
大隅湖からのコース、いろいろ組み立ててみます。
よろしくお願いします。

トラックバック

http://kapickapic.blog45.fc2.com/tb.php/1163-55d01da6

プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ