鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター20周年記念式典

鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター(カピックセンター)が、設立20周年を迎えたことを記念して式典を行いました。
式典には、これまでカピックセンターに関わり、支援してくださった70名を超える方々がご出席くださいました。

オープニングはインドシアのお祝いの舞踊。
ぷる

鹿児島県知事、指定管理団体である鹿児島国際交流協力センターからの挨拶に続き、鹿屋市長、高隈地区コミュニティ協議会会長、吉永県議、JICA青年海外協力隊事務局長から祝辞を賜りました。
次長あいさつ 式典

長年にわたってホームステイを受け入れてくださった6家族、外国人研修生に日本文化指導をしてくださった3団体(茶道、華道、着付け)に感謝状が授与されました。
感謝状

地元高隈で、国際交流に取り組んで来られた岡本氏に「私とカピック」というテーマでお話いただきました。
カピック設立に至る経緯、ご自身の体験など、数々のエピソードをユーモアを混じえてご紹介くださいました。

最後に、カピック開設時の職員や、これまでカピックで受け入れた研修員から届いたメッセージを紹介しました。
県海外技術研修員(ブラジル)、海外学生日本語日本文化研修(香港、韓国)、JICA研修員(ベトナム、インドネシア、ブータン)、協力隊技術補完研修生(フィリピン、ネパール、バングラデシュ、ケニア、ザンビア、ブルキナファソ、モロッコ、ホンジュラス、スーダンなど)、世界各地から送られてきたカピック研修の思い出話、近況報告、応援のメッセージでした。

カピックセンターが、たくさんの方々に支えられていることを改めて実感しました。
これからも「大隅から世界へ、世界から大隅へ」をテーマに、頑張っていきたいと思います。
皆様、今後ともご支援、ご指導をよろしくお願い申しあげます。

さかい

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://kapickapic.blog45.fc2.com/tb.php/1717-98260722

プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ