JICA日系研修グリーンツーリズムコース 南九州市・指宿方面体験・視察の旅

10月24日、この日も待ちに待っていた南九州市や指宿といった南薩方面への研修でした。
お茶もみ体験ができるということで、アグリランドえい内の『みどり館』に行きました。
現在では実際には、お茶を作る工程は手もみではしなくなり、手もみは手間ひまがかかること、
量産ができないことや、最近は体験者として修学旅行生、外国人の方も多いという説明もうけました。

手を洗いお茶もみ体験スタート!厚い温まった和紙の上でスタッフのお手本を見ながら何回も何回も手でもんで広げて乾燥させてを繰り返しました。次に完全に袋入れできるよう鉄板で十分煎って乾燥させてお茶を袋に詰めることができました。
後で、緑茶のおいしい入れ方を教わり色んなお茶をのませていただきました。
自分で手もみしたお茶の味は値段の高いお茶に負けないと感じる格別な味だと感じました。

みどり館 茶もみ体験   茶もみ 鉄板で煎る作業 おいしいお茶の入れ方   アグリランドえい と風車

お昼は、湧水を利用した 『唐船峡そうめん流し』に行きました。
ただの『そうめん』と思っていた研修生は回るそうめんにも味にも感動していました。
指宿の砂蒸し温泉体験ということでまず浴衣を着ました。外国人の方も沢山きており、
珍しい風呂ということもありますが、健康によい体験に人は惹かれ、遠いところからも足を運ぶのだなと改めて感じたようでした。
波音を聞きながら砂に埋もりじわじわといい汗をかき爽やかな気分を味わいました。

その後の温泉では疲れがとれ癒されるのを実感し、
心動かされる「また来たい」と思うリピーターの気持ちも感じられた貴重な体験・研修になりました。

砂蒸しふろ①   砂蒸し風呂体験②   指宿 唐船峡そうめん流し

今回の遠出の研修に備え、前日まで雨天でしたが鹿児島市内の観光を視察することもできました。
夜景を見るのは初めての経験で、城山からの鹿児島市内の夜景をみて感激しました。
かごっま屋台村では人を楽しませる 『おもてなし』 も郷土の料理と一緒に味わいました。
今回の研修は晴天に恵まれ、風光明媚な場所にいくつもいくことが出来て、
観光は天気がいいだけで何倍も素晴らしいものになると実感し、
しかし雨天でも何をお客さんに提供できるだろうかとも考える機会になりました。

フランシスコ ザビエル渡来地   市内 多賀山公園 東郷平八郎像   鹿児島市内 城山夜景   かごっま屋台村

頴娃町 大野岳からの展望  釜蓋神社   釜蓋神社から開聞岳   千貫平公園から~指宿スカイライン~ 

写真左上から
1 .フランシスコ・ザビエル渡来地
2. 鹿児島市内 多賀山公園 東郷平八郎像
3.         城山公園からの夜景
4.         かごっま屋台村
5. 南九州市 大野岳からの360°のパノラマ 開聞岳と池田湖
6.       釜蓋神社 お参り と  7.開聞岳の風景
8. 千貫平公園~指宿スカイライン~ 
       

よしはら

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://kapickapic.blog45.fc2.com/tb.php/2157-6fdc2279

プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ