ミャンマー農業研修 大隅加工技術研究センター(6/7)

本日は、鹿児島県が誇る、こちらの施設、大隅加工技術研究センターでの研修です。

大隅加工技術研究センターは・・・実需者ニーズ等に対応した新たな加工・流通技術の研究・開発を進めるとともに、各施設を加工事業者等に開放し、加工品の試作品づくりや販路拡大等を支援することとしています。

CIMG5491.jpg  CIMG5494.jpg

もう、見たこともない機械の数々・・実は日本で美味しいお野菜や果物が年中食べられるのって・・最先端技術、テクノロジーのおかげかもでもご心配なく。。その技術を使って、人間にとって安全な方法で提供されているようですから

こちらの施設は研究・開発だけでなく、一般の農家さんにも使いやすいように工夫されているのが魅力ですね。よりよい商品の開発のために、施設を貸し出している、県民のみなさまのための施設です

本日はこちらのサツマイモ、その名も黄金千貫を使って少し加工について教えていただきましょう。研修員たちも、行く先々で聞くこの名前、コガネセンガンはすっかりおなじみです。焼酎やお菓子作りなどにも使われている代表的な唐芋ですね。
CIMG5498.jpg

洗ってむいて、蒸して、ペースト状にする。
CIMG5497_20170610150414d6b.jpg  CIMG5504_201706101504033ae.jpg  CIMG5505.jpg

ほら、こんなにもホクホクのペーストです
CIMG5508_20170610150412fcd.jpg

それを最先端マシ―――ンにいれると・・・なんともうすっぺらいシートに
CIMG5510.jpg  CIMG5513.jpg

乾燥してうす~~~く伸ばされたこのシートを、、、ぐしゃっとしまして、
CIMG5517.jpg

ウィーーーンとしますと、あっという間に美味しいお芋パウダーのできあがり
CIMG5516.jpg

最先端技術を体験させていただきました。ミャンマーにもいつかこんな機械が導入されるのでしょうか美味しい加工品が流通する日を夢見て大隅加工技術研究センターのみなさま、ご協力いただきまして、ありがとうございました。

Yoshimi

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://kapickapic.blog45.fc2.com/tb.php/2326-0258cc69

プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ