韓国 徳成女子大学校 沈壽官窯見学・鹿児島純短交流会

今日は、薩摩半島へ出かけました。
まずは、毎年見学している美山の沈壽官窯です。
今日は第十五代沈壽官先生から、直接お話をうかがいました。
薩摩焼のルーツや、焼き物を通して見た韓国と日本の文化・社会の違いなど、
たいへん示唆に富んだ貴重なお話をお聞きして、学生たちも感心しきりでした。
また、薩摩焼の制作過程を見学し、たいへん細かい絵付けやけずりの作業に
驚いていました。
 DSC00207.jpg

第十五代沈壽官先生、解説の児玉さん、たいへんありがとうございました。


午後は、こちらも毎年交流させていただいている鹿児島純心女子短期大学にうかがいました。
英語科の1年生と学生寮でランチ交流でお昼ごはんと短いおしゃべりを楽しんだあと、
2年生の英語の授業に参加しました。
英語で日本文化の着物の説明を受けました。着物の種類や家紋、模様の種類、
さらに多様な帯の結び方など、実際に学生が着物を着て見せながらの説明で、
英語でもわかりやすく、たいへん勉強になりました。
手作りのかわいい着物のしおりもいただきました。
DSC00242.jpg DSC00244.jpg

そのあとは、徳成の学生のプレゼンテーションです。
徳成大学校の紹介をして、おすすめの食べ物や動物カフェを紹介しました。
徳成の立派な校舎の数々や、日本にはない変わった動物カフェにはひと際
大きな反応がありました。
それから、歌と踊りのチームもそれぞれパフォーマンスをしました。
これもバッチリ純短生に受けていました。
DSC00246.jpg DSC00255.jpg DSC00265.jpg

次に、韓国人・日本人混じってグループに分かれて交流です。
ジェスチャーゲームをしました。グループの一人が前に出て、ジェスチャーをして
グループの他のメンバーが答えます。スピード勝負です。
おもしろいジェスチャーが飛び交い、大いに盛り上がりました。
DSC00266.jpg DSC00288.jpg DSC00296.jpg

短い時間ながらも、学生同士とても仲良くなって、話が盛り上がり、笑顔いっぱいの
交流会でした。名残惜しくお別れしましたが、皆連絡先を交換していたので、
今後も良いご縁が続いたらと思います。

鹿児島純心女子短期大学の学生のみなさま、よく準備してくださって、とても
有意義な交流会ができましたこと、たいへん感謝します。
先生方もお世話になりました。ありがとうございました。

こっこ

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://kapickapic.blog45.fc2.com/tb.php/2465-0ff18fbe

プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ