FC2ブログ

世界味めぐりフェスタ ワールドカフェ・物販・展示

世界味めぐりフェスタでは、ワールドカフェと銘打って、
いろいろな国の飲み物とスイーツを提供しました。

飲み物はコスタリカのコーヒー、韓国の梨ジュース、インドのチャイ、
トルココーヒーなど。
トルココーヒーは青年海外協力隊の元シリア隊員が実演しました。
スパイスがたっぷり効いたコーヒーは美味しいという人、苦手な人
それぞれでした。

 DSC02470.jpg

スイーツは、アメリカのファッジ、フランスのココナッツチュイール、
トルコ・アラブ菓子のバクラヴァ、インドのグラブジャムンなど。
グラブジャムンは世界で最も甘いお菓子とも言われますが、
チャレンジする人が多かったです。
すごく甘いけどおいしい、との感想が聞かれました。

DSC05409_20180318192220fc5.jpg DSC02464.jpg


ワールドカフェでは、アジアの手作り製品も販売しました。
カンボジア支援に取り組む鹿児島のNGO『いっしょき学校をつくいもんそ会』、
また、ロヒンギャ難民を支援している団体として
『シャプラニール=市民による海外協力の会』と
シリアの女性が作る製品を売ることによって自立を支援する『イブラ・ワ・ハイト』、
3つの団体の製品が並び、来場者はかわいい小物や素敵な刺繡製品など
手に取って、買い求めていました。

DSC00909.jpg DSC00893_20180318195454b18.jpg

ワールドカフェの中と周辺では、今回、物販とからめて
ロヒンギャ難民とシリア難民を取り上げ、展示を行いました。
どちらの難民も支援している『国境なき医師団』からお借りした
写真を展示して、両難民の置かれている状況をいろいろな側面
から紹介しました。
また、シリア難民を支援している団体『サダーカ』の活動から、
ヨルダンに住むシリア難民の様子を紹介したレポートや、
現在、苛烈な攻撃にさらされているシリア・東グータで活動する
医師からの心が痛むメッセージも紹介しました。
じっくりと写真を見て、記事を読んでくださる方々は、衝撃を受けたり、
知らない事実に驚く声が聴かれました。
カピックでは、こうした世界の難民の問題を地元のみなさまに
紹介し、関心を持っていただく取り組みを今後も続けていきます。

DSC00899.jpg DSC00928.jpg

ワールドカフェはおかげさまで盛況でした。
ご協力いただいたすべてのみなさま・団体に感謝を申し上げます。
ありがとうございました。

こっこ




コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://kapickapic.blog45.fc2.com/tb.php/2487-d915a254

プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ