FC2ブログ

鹿児島大学農学部熱帯作物学研究室 ~ カードゲーム「2030 SDGs」

鹿児島大学農学部熱帯作物研究室の皆さんがゼミ合宿でいらっしゃいました。
今回の国際理解プログラムのテーマは、SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)です。
SDGsとは、2015年9月の国連サミットで採択されたもので、国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間で達成するために掲げた目標です。
うわー、なんだか難しそうですよね~
そこで、楽しみながら学べる「カードゲーム 2030SDGs」を体験していただきました。
ゲームについては、こちらのサイトをご覧ください → カードゲーム2030SDGs

ゲームでは、グループごとに与えられたお金と時間を使って、プロジェクト活動を行うことで、ゴールを達成します。
各グループのゴールは価値観によって異なっています(お金、時間、環境、貧困撲滅など)。

DSC08850.jpg DSC08811.jpg 

プロジェクトを行うたびに、世界の状況メーターが刻々と変化していきました。
最初のうちは経済のメーターだけがどんどん進み、環境や社会のメーターは停滞。
途中の振り返りの後、流れが変わりました。
グループのゴールをめざしつつ、みんなで声を掛け合ったり、協力したりして、より良い2030年をつくるためにがんばりました。
参加者の中には、インドネシア、韓国、ベトナムの留学生たちもおり、まさに世界の縮図のようでした。

DSC08837.jpg DSC08807.jpg

最後に、ゲームの振り返りを行って、参加者たちの気づきを共有しました。
また、私たちの暮らしが世界とつながっていること、私たちの行動が世界を変えていくことも再確認しました。
DSC08853.jpg DSC08802.jpg

農業を学んでいる学生さんたちにとって、このゲームは良い刺激になったようです。
皆さんの「プロジェクト」が、未来の地球を良い方向に変えてくれると期待しています!

さかい

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://kapickapic.blog45.fc2.com/tb.php/2626-befa6ece

プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ