FC2ブログ

にんまりの光景

今年1月までいたドミニカ共和国にいたときのことをお知らせします。 

  タイムマシンで4ヶ月前に・・

  最近、私は首都サントドミンゴ市内にあるMirador Sur公園でジョギングを始めました。

  海岸を渡る風、小鳥くん達や多くの緑の木々花々を感じながら、

  また、いろんな事を考えながら走っています。

 

  先月見たニンマリの光景について・・・

  ドミニカ共和国海軍と海上自衛隊双方の軍楽隊による親善演奏が

  市内にある旧跡ソナ・コロニアルで行われた時です。

  両国が交互に演奏する曲は素晴らしいものでした。

  私の隣で一人の観光客が、少年に靴を磨いてもらっていました。

  少年は10歳ぐらいでしょうか、彼は一生懸命に磨いていました。 

  ちょうどその時、ドミニカ共和国海軍が国歌を演奏し始めました。 

  そのとき彼は「ごめんなさい、待って下さいね」と言って仕事の手を休め 

  英霊を守る兵士の如く、キリっとした態度で彼はそこに居ました。

  私はこの光景にニンマリ。

  これが日本だったら帽子にサングラス、チューインガムでも噛みながら

  皆おしゃべりでもしているだろうなぁと思いながら・・

  この国の隣には国連が警護にあたってるハイチという、とても貧しい国があります。 

  おそらく、ハイチの人々もこの少年と同じように自然な行動をとるだろうなと思います。 

  でも、なぜ今の日本ではそれが出来ないのだろうかと・・    

  日本では国旗とか国歌とかについて多くの議論がありますが、

  それらは色々なフィルターにかけられていて、本質が見えていないのではないでしょうか。

  自国への純粋な気持ちを元にして、故郷や家族を愛することが出来なかったら、

  ましてや、他国や他民族に対する尊敬の念は生まれないですよね。

  ですからグローバル・イシューとして表現されるこの地球上の問題は、

  実は誰の目にも見えていなくて、お題目だけで理解されているのではないかと心配になります。 

  日本と、この国とを比較するとマイナス面がよく理解できます。

  でも、日本には外国に無い深遠なものがまだ沢山見つかります・・・・

  ジョギングしながら、私はNIPPONの未来に思いを馳せ、日本に生まれた喜びと、

  この国から日本を愛おしく思う幸せを感じています・・・・・

  ふと我に帰って、ジョギング中に前方を見ると30歳ぐらいの豊かに?太った女性が

  “I love me!!” というTシャツを着てフーッフーッ言いながら走り去りました。

  この光景にもニンマリ

  

  右を見るとサボテンの白い花、上を見るとヤシの木にツバメくん達が楽しく巣を作っています。

  皆それぞれ一生懸命生きているんだなぁと、自然との一体感を感じた緑の公園でした。         

  カピックンVIVA  

  

森の紫

 
Mirador Sur公園に咲く花   

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://kapickapic.blog45.fc2.com/tb.php/4-36c00b32

プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ