FC2ブログ

JICA中米農業研修生 12日目

小学校における食育の取り組みの見学ということで、鹿屋市立下名小学校を訪問しました。


まずは、はじめましてのあいさつから。
子どもたちが、それぞれ研修生の出身国の国旗カードを持って、身振り手振りでコミュニケーションをとりながら、自分のあいさつする相手を探して自己紹介。

まだまだ、照れくさくってなかなかうまく伝えられない子供たちに、愛おしい眼差しで優しく接する研修生たちがとても印象的でした。

P1200584.jpg 


ラテンのあいさつにちょっとはにかむ場面も

P1200586.jpg




ちょっと馴染んだところで、次は授業参観


英語のクラスでは、 研修生も授業に参加
 
P1200604.jpg 



その他にも、
授業の一環で「習字の体験コーナー」「喫茶コーナー」などを用意してくれていました。

喫茶コーナーでは、下名小学校勤務の青年海外協力隊OBの先生に教えてもらったスペイン語でメニューが用意してあり、メモに書いたスペイン語で接客

P1200631.jpg P1200621.jpg



人懐っこいラテンの研修生にあっという間に子供たちもなつき
P1200654.jpg P1200595.jpg P1200632.jpg P1200594.jpg


力持ちで優しい研修生たちは、またたく間に人気者
汗だくになりながら、ひとりひとりの子供たちの要望にこたえていました


P1200641.jpg 





最後にみんなで神経衰弱やフルーツバスケットで頭と体をフル活用した後は、お腹もペコペコ
子供たちと一緒に研修生も、みんなで給食を食べました


P1200659.jpg 

体の大きい研修生(エルサルバドル)には、1年生の椅子はちょっと小さい???(笑)



ちゃんと、大きい椅子を用意してもらって給食スタート

P1200670.jpg

子供たちからは

どんな動物が好きか?
何色が好きか?


研修生からは

食べ物の好き嫌いがあるか?
どんなスポーツが好きか?

などなど、お互いに色んな質問をしながら楽しい時間を過ごしました。


給食の後はいよいよお別れ

 P1200674.jpg P1200679.jpg

仲良くなればなるほど別れは辛いもの…
短くとも濃い時間を過ごした子供たちと研修生
最後までべったりの子供や
寂しさのあまり、泣き出してしまう子供も

それぞれ、良い思い出ができたようです


引き続き、午後からは ”行政に頼らない住民参加型の村づくり” を学ぶということで、「やねだん」を訪問


「出番を待っている住民ひとりひとりの才能や、今までの体験をいかに引き出すかというのが私の最大のしごとです。」
と、館長さん。

館長さんの興味深いお話に、研修生の質問もつきませんでした。


いつもパワフルで元気いっぱいの研修生より
「どこからそのパワーがでてくるのか?」
といった質問もあり、よほど 「やねだん」 のみなさんのみなぎるパワーを感じたんだなと思います。


P1200687.jpg


貴重なお話を伺った後に、やねだんのギャラリーや運動器具を体験もしてみました

P1200691.jpg P1200698.jpg

運動器具で意外な盛り上がりを見せるラテンの研修生にあっぱれ




今日一日、本当に研修を楽しんだ様子の研修生
下名小学校のみなさん、「やねだん」のみなさん。
本当に、ありがとうございました。



( Ouchida  )



             

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://kapickapic.blog45.fc2.com/tb.php/509-205ace6c

プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ