FC2ブログ

青年海外協力隊 村落開発普及員 技術補完研修

 青年海外協力隊 村落開発普及員 技術補完研修3日目 


今日は、元鹿児島大学農学部長で同大学の元副学長もされ、国際NGOやJICAの専門家としても 活動されていた先生の農場を見学に行きました
農場は鹿児島空港のある溝辺町の竹子(たかぜ)にあります。

農場に行く前に先生が地域再生を目指して取り組み協力している、地域の物産館「きらく館」に寄りました。
どのような商品が売っていて、その商品はどのような方たちが卸しているのか、 また購入者はどのような方なのか、一部を垣間見ることができました
 
 IMG_2.jpg   IMG_1.jpg   

 
先生の有機栽培(合鴨農法)の農場を見学させてもらいました。
アイガモやガチョウの性質をうまく利用し、水田を管理されていました。
最近はどうしたら、裏作に麦を植えることが可能か試みているそうです。
*裏作に麦を植えると収穫が、田植えの時期と重なってしまうそうです


 IMG_3.jpg    IMG_4.jpg

農場見学の後は、日本の農業の歴史について学びました

  IMG_5.jpg 

勉強した後は、先生を囲んで鹿児島の夏の風物詩
「そうめん流し」を体験してもらいました。
みんな楽しそうに食事をしていました

  IMG_6.jpg 



午後は、重富海岸にあるNPO法人くすの木自然館に行きました。
とても綺麗な重富の浜辺ですが、昔は地域の住人も近づきたくないほどの
ゴミで覆われていたことがあったそうです

それを産官民学の連携をうまく取ることで、現在のような景観を取り戻し保っているそうです
 産:漁協、企業、商店
 官:県、町、流域、他機関
 民:地域自治会、利用者
 学:大学、博物館、小中高校

これから途上国で村落開発を行う研修生にとって、とても参考になる活動を
知ることができました。

  IMG_7.jpg    IMG_8.jpg

(はたした





コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://kapickapic.blog45.fc2.com/tb.php/716-bcdb6955

プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ