FC2ブログ

宮崎高等学校文化連盟「ユネスコ研修セミナー」2日目

 研修2日目です。

1時間目は、異文化ワークショップのゲーム「バーンガ」。
これは、トランプを使って楽しむ、国際理解プログラム
言葉を使わず、ジェスチャーで、相手に意思を伝えます。

宮崎高文連2日目1

実はグループごとにトランプのルールが少しずつ違っています。
途中でグループの何人かに入れ替わってもらうのですが、そうすると自分のルールが他の人に通じません。
異文化の中での戸惑い、言葉が通じないもどかしさを体感してもらいました。


2時間目は、青年海外協力隊の体験談。
最近、ベナンから帰国したばかりの話を聞きました。

宮崎高文連2日目2 宮崎高文連2日目3

余った布を使ってポーチを作った活動の話に皆さん
興味深々で、体験談が終わった後、実際に手に取ってみては
可愛いと言っていました。
また、ベナンの衣装も楽しく試着
皆さんお似合いでした!

3時間目は「100人の村」ワークショップ
人口比率や貧富の差など、世界の現状を疑似体験するプログラムです。
大陸ごとの人口に驚いたり、挨拶の言葉に驚いたりと、
自分が体験しながら世界の今を感じていただきました。


宮崎高文連2日目13  宮崎高文連2日目14

昼食は、世界の富の分配の比率にあわせた食事を食べていただきました。

バラエティ豊かで食べきれないほどの量の食事があるグループがある一方で、
ほんのわずかなごはんと野菜を分け合って食べなくてはならないグループもあります。

 宮崎高文連2日目10 宮崎高文連2日目9 宮崎高文連2日目12

最初は、それぞれのグループは間仕切りがしてあり、他のグループの様子が見られません。
何か、おかしいと感じつつ、通常と違う食事の量に戸惑っていました。
仕切りを取って、それぞれのグループが見えるようにすると、
「エエエエッ!!」と驚きの声が聞こえてきました。

宮崎高文連2日目11

感想を聞いてみると、
「食べきれないくらいのご飯があって、申し訳ない」
「どうやって分けていいのか分からない」
「皆が見に来て、見世物ではない!」
「貧困なグループにあたったことで、学びが多かった」
など、たくさんのことを感じていたようでした。

4時間目は、「カンボジアに絵本を届けよう」プログラム
日本の絵本をカンボジアの子供にも読んでもらうために
クメール語の翻訳シールを貼っていく作業をしました。
日本の絵本が海を越えて渡っていくということで
皆さん真剣な表情で取り組んでいました。

宮崎高文連2日目4  


5時間目は身近なモノから世界を考える
「ケータイから世界を学ぶ」ワークショップ。
普段、使い慣れている携帯電話から世界をみました。
携帯電話に使われている原料の産地の問題など。
自分のできることからということをしていこうと
思い始めたというのが印象的でした。
また、このワークショップでは、「夢のケータイ」ということで
自分が欲しい携帯電話を考えてもらったのですが、
自由な発想で面白いアイディアが出てきていました。
「探し物を見つけられる機能」
「開けたら想像を超える快感を得る機能」
などなど、逆にカピックスタッフが楽しませていただきました。

宮崎高文連2日目5 宮崎高文連2日目6

夕飯は、カリビアン料理を食べました。

宮崎高文連2日目15

中南米滞在歴のある、元気な丸田所長と楽しくご飯を食べていました!

本日、最後のワークショップは丸田所長からのメッセージ。
この2日間で受けた様々なカピックプログラムの振りかえりを始め
これまでに経験してきた外国の話など、皆さん真剣な表情で聞いていました。

     宮崎高文連2日目7     


長い一日で、たくさんのことを考えました。
すこしでも、視野が広がるお手伝いができれば嬉しいです


(よしまつ


***************************************************

カピックセンターでは、様々な異文化体験ワークショップを受講できます。
学校や、企業研修など、お気軽に、ご相談ください。

  連絡先 
    0994-45-3288
    kapic111@po3.synapse.ne.jp 
         *件名を「KAPICセンター利用について」としてください
   詳細はホームページをご覧ください
      http://www3.synapse.ne.jp/kapic/kapic/index.html     


コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://kapickapic.blog45.fc2.com/tb.php/777-d1d99617

プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ