香港大学 研修2・3日目 ホームステイ

香港大学の学生は、土日が最も楽しみにしていたホームステイでした。
一人ずつ、鹿屋や志布志、曽於などのご家庭にお世話になりました。
日曜日は懇親会で、楽しかった2日間について聞きました。
それぞれ、大隅の観光スポットに行ったり、鹿児島市内や宮崎まで足を伸ばした
ところもありました。
いろいろな美味しいものも満喫したそうです。
ピーマン祭りに行ったり、小学校の日曜学級に行ったり、家族でボランティア活動をしたり、
ご家庭それぞれの1泊2日を過ごしたようです。
学生たちは、とにかく素敵なご家族と楽しい時間を過ごせて、
あっという間の2日間だったと別れを惜しんでいました。

 DSC01398-blog.jpg DSC01393-blog.jpg

この体験とご縁をこれからも大事にしてほしいものです。
ホストファミリーのみなさま、お世話になりました。
どうもありがとうございました。

こっこ

ミャンマー農業研修 鹿児島大学、ミンガラーバー地涌の会 (6/3)

本日は、昨日作った土着菌の確認のため、改めて高山先生の農場を訪ねます。

その前に・・鹿児島市内の見どころといえば!!名勝、仙巌園。ということで、行ってきました~
CIMG5227.jpg  CIMG5255.jpg  CIMG5242.jpg
お天気も素晴らしく、研修の合間の素敵な観光となりました


気分もすっかり晴れ晴れしたところで、さて、研修研修!!!土着菌の様子はどうでしょう。
CIMG5264.jpg
発酵もすすみ、熱をもっていることが確認できます。やってみると、簡単!これならほんとにすぐにでもミャンマーの農業に活かせそうです、と研修員たち。その名の通り、土着、その土地にあるもの、ある菌を使っての肥料づくり、大事なことですよね。

農場では、鹿の赤ちゃんにミルクをあげたり、
CIMG5267.jpg

鹿児島大学の先生方と奥様お手製の焼きそばや鴨肉をいただいたり、
CIMG5287.jpg  CIMG5288.jpg

有機農業と畜産を複合化したこのすばらしい農場で、ミャンマーについて語ったり、
CIMG5289.jpg
本当に貴重な体験をさせていただきました。鹿児島大学の高山先生、中西先生、ご協力いただき本当にありがとうございました。


その後は、高山先生の仲間でもいらっしゃる、ミンガラーバー地涌の会の宮下和尚(南泉院)を訪ねました。

ミャンマーの子どもたちに小学校を贈ろうということで、実際にミャンマーにも足を運び活動をされている団体です。代表の宮下お尚がもつ南泉院の一角には、立派な仏舎利塔が奉納され、ミャンマー人研修員たちも、ミャンマーへの貢献に対する感謝の念を表していました。
CIMG5301.jpg  CIMG5310.jpg
立派なひょうたんに、ありがたいお言葉もいただき、研修員も大変感謝しております。
宮下お尚、お忙しい中、貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。

Yoshimi

香港大学 研修1日目

昨日到着した香港大学の学生の研修が始まりました。
本日は、午前中が交流会の準備、午後がホームステイの日本語と
ふれあい実践会話準備です。
今回は小学校・大学・高校との交流会がありますので、
そこで披露するプレゼンテーションと歌の出し物を練習しました。
日本に来る前に一生懸命準備してきたようです。
また、明日から1泊2日のホームステイです。それに必要な日本語の表現や
日本の慣習などを勉強しました。



今日の勉強の成果は明日以降発揮されることでしょう。
またこの場でお伝えします。

こっこ

ミャンマー農業研修 県庁表敬、鹿児島大学、入来牧場 (6/1,2)

6/1(木)
本日より、鹿屋市をとびだし~っ鹿児島市内での研修です。

垂水港より、フェリーで市内にむかいます。フェリーははじめての研修員たちうっっす~らと後ろに見えているのが桜島火山の噴火もはじめて目にしました。
CIMG5099.jpg

市内まずはじめに向かったのは、県庁国際交流課。県庁からみる市内の展望がとっても素敵でした。
CIMG5104.jpg   CIMG5107_201706071121441c9.jpg
国際交流課のみなさま、お忙しい中お時間いただき、ありがとうございました。

そして本日の研修場所は・・・鹿児島大学です。農学部農業生産科学科、畜産科学コースの高山先生に、農業と畜産についてお話いただきました。ミャンマーで活動していらしたこともある先生、ミャンマー語も話せるので、研修員たちはとっても嬉しそうでした。研究室でお話をおうかがいした後は、ご自身の農場へと案内してくださいました。
CIMG5110.jpg  CIMG5122.jpg  CIMG5137.jpg
自給自足はもちろんのこと、先生の農場では鹿児島大学の学生さんたちが実際に、野菜や米を育てること、動物のお世話をし、共に暮らすことを学ぶ上で素晴らしい体験の場となっていました。

先生の研究室の学生さんとの素敵な出会いもありました。鹿の色覚調査に挑む学生さん、いつも農場でひとりで頑張っておられるようですそれも実は未来の農業のため・・頑張ってください
CIMG5128.jpg  CIMG5144.jpg  CIMG5152.jpg

6/2(金)
本日も鹿児島大学の高山先生にお世話になりました。が、その前に・・・

鹿児島中央駅近くにある、和風菓からいも屋をのぞいてみました。サツマイモの葉をつかった唐菜シフォンなんてものもありました西郷どんとも記念撮影  
CIMG5164.jpg  CIMG5165.jpg

はじめて市電を使って、大学へ登校してみました。
CIMG5170.jpg

高山先生の農場で、本日は土着菌づくり。ミャンマーのやせた土壌にはもってこいだという、肥料の一種です。実際にミャンマーで土着菌づくりの指導をしていたこともある高山先生、やってみるのが一番でしょう、と急きょ準備してくださいました。別の材料で肥料を実際に作ったことはある研修員、土着菌のことも知ってはいましたが、やってみるのは初めて1日寝かせて、明日には発酵具合を確認してみましょう
CIMG5174.jpg  CIMG5190.jpg  CIMG5186.jpg

その後、畜産について学ぶために、入来牧場へ見学に行きました。美味しい黒毛和牛の育て方について教えていただきました。ただただ美味しいお肉が食べたいっっ!ってわけではないですよ
CIMG5197.jpg  CIMG5213.jpg  CIMG5203.jpg
普段何気に食べているお肉ですが、こんなにも考えられ、研究されたうえで飼育されていることに、ただただ驚きです美味しいお肉は、ほんっとうに手間ひまかけて育てられているのだなぁ~と改めて感謝です。研修員たちも、知らない世界のお話に、質問もたくさんです

CIMG5221.jpg
こんなこと他では学べない。入来牧場のみなさん、ご協力いただきありがとうございました。
Yoshimi

香港大学 学生到着!

本日から6月に入り、夏の海外学生研修の季節もやってきました。
第一弾は例年通り香港大学です。
本日、9名の学生が無事にカピックに到着しました。
これから10日まで日本語や日本文化の研修にいそしみます。
たくさんの出会いに期待しているとのことです。
最後まで元気にがんばっていきましょう。



こっこ

ミャンマー農業研修 森人くらぶ (5/31)

本日は、鹿屋市のお隣、垂水市大野地区で活動されている特定非営利活動法人『森人くらぶ』での研修です。

森人くらぶは・・・大野地区住民や、大学学生、及び一般の住民に対して地域産業支援事業、地域の教育・福祉・文化の振興支援事業、自然学校支援事業、環境教育事業、ツーリズム事業、都市・農村交流及び国際交流事業を行うことで、豊かで持続可能な循環型社会を目指し、社会全体の利益の増進に寄与することを目的とした団体です。

旧大野小中学校の校舎を利用して、地域特産品として作っている『つらさげ芋』の貯蔵庫やつらさげ場を見学させていただきました。植え付け体験もさせていただき、初めてみる機械も触らせていただきました。また、こちらの地区では、プールを利用したニジマスの養殖などもされています。
CIMG5031.jpg   CIMG5044.jpg   CIMG5037_20170607095449d6b.jpg
学校はあるのに通う子どもたちがいないという、日本の現状。ミャンマーでは、子どもたちはたくさんいるのに学校が足りない・・・という現状非常に考えさせられるお話、活動です。

午後からは、鹿児島大学演習林圃場の見学をさせていただきました。おもしろい花、木、自然のにおいを存分に楽しみました。
CIMG5058.jpg   CIMG5054.jpg   CIMG5065.jpg

森の中の神様にお祈りもしました。ミャンマーにもあるそうです!草笛を習って喜ぶ研修員たち
CIMG5074.jpg   CIMG5084.jpg   CIMG5087.jpg

自然の中でいろいろなことを教えていただき、日本とミャンマーの農業、造林などについて、さまざまな思いを巡らせた有意義な時間となりました。酒瀬川さん、ご協力いただき、ありがとうございました。
CIMG5092.jpg

Yoshimi

ミャンマー農業研修 デザートハウス (5/30)

本日の研修は、大隅半島農林文化村南風農菓舎デザートハウスです。

なんとこちらの会社では、155種類カラーサツマイモの苗を植えていらっしゃるそうです。
CIMG4975.jpg   CIMG4977.jpg
それぞれに名札がつけられ、ピシッと整列したサツマイモの苗、、、美しすぎる!!バックに広がる錦江湾も、壮大~本日も少し苗付け体験もさせていただきました。そろそろ、サツマイモの苗付けもお手の物!な研修員たちです

サツマイモを使ったお菓子を作るため、厳選して、キレイに洗います。すべてが手作業!!人間の目に勝るものはありません。
CIMG4996.jpg

キレイに洗ったサツマイモを、蒸して、つぶして・・・ 
CIMG5014.jpg



できたお菓子がこちら
スイートポテト・アラモード(こちらはアーモンドキャラメル)
CIMG5009.jpg


併設の南風ガーデンで採れた新鮮野菜を使った、レストラン『マルタン南風』にて、ランチをいただきました。
CIMG5005.jpg
眺めのよい素敵な景色とともにいただく、フレッシュな野菜やハーブがたっぷりの素敵なランチに感動していた研修員たちです。

2017年4月には、なんと!!東京GINZA SIX店もオープンしたばかりのデザートハウス。
CIMG5021.jpg

苗の植え付けから収穫、商品開発、加工、販売とすべての流れを見せていただくことができ、大変貴重な研修となりました。デザートハウスのみなさま、ご協力いただきまして、ありがとうございました。
CIMG5023.jpg   CIMG5019.jpg

Yoshimi

ミャンマー農業研修生 黒酢、道の駅視察

今日もとても良いお天気でした。
ミャンマー研修員たちは、まず輝北の上場公園を訪問して、桜島を背景にパチリ。
上場公園

次に、福山の特産品である「黒酢」について学びました。
坂元醸造の壺畑情報館で、黒酢の製造工程を学び、さまざまなタイプの黒酢を試飲しました。
黒酢が伝統的な方法で生産されていること、マーケティングのための戦略など、興味深かったようです。
黒酢 黒酢 壺畑

垂水道の駅では、農水産物の直売や地域振興について学ぶことができました。
海を見ながら足湯につかり、い~い気分!!
道の駅 垂水道の駅 足湯

さかい

ミャンマー農業研修 大海酒造 (5/26)

サツマイモといえば、芋焼酎!!とういうことで、本日午後には、大海酒造株式会社にて、工場見学をさせていただきました。

いも焼酎ができるまで・・・ということで製造工程をしっかりと説明していただき、麹菌やもろみについても教えていただきました。
CIMG4923.jpg

『麹づくり』 『もろみづくり』 『蒸留』
少し工程を頭に入れたうえで、さっそく工場見学
CIMG4946.jpg
焼酎づくりって、とっても繊細な仕事なのだということが、よーーーくわかりました。
サツマイモの皮を含めたすべてを使い切ること、サツマイモの味、麹の種類、水などによって、何種類もの味ができること。大変興味深い工場見学となりました。

CIMG4965.jpg
お忙しい中、ひとつひとつ丁寧にご説明いただき、ありがとうございました。


本日のお昼ごはんの一枚。
CIMG4919.jpg
お寿司にトライしてみましたが、う~~~ん・・・生魚を食べなれていない研修員たち、天丼のほうが美味しいとのことでした。

研修においても、生活においても、さまざまな新しいことにチャレンジしています

Yoshimi

ミャンマー農業研修 やねだん(5/26)

今日のテーマは、さつまいもと地域おこし

地域再生 ~行政に頼らない感動の地域づくり~ をテーマに約20年前より活動されている、鹿屋市にある柳谷集落(通称:やねだん)で、研修させていただきました。

CIMG4891.jpg
柳谷自治公民館長である豊重哲郎さんから、自主財源の確保のための活動について、その中で自分の立つ位置について、また教育や学びの原点とは、そして地域おこしに何が必要かというお話をお伺いしました。

ミャンマーの農業の発展に貢献したいという強い想いを持っている研修員、農業を通した地域おこしには、興味津々です。
CIMG4895.jpg


また、お話の中ででてきた『土着菌』について質問をしたところ、実際にこちらでつくられたものを見せていただきました。ミャンマーでもすぐに実現できそうなものだそうです。
CIMG4902.jpg   CIMG4904.jpg

豊重館長、お忙しい中お時間をいただき、ありがとうございました。
CIMG4913.jpg

Yoshimi

ミャンマー農業研修 田代小のみなさんとの交流会 (5/25)

本日は、農業研修の合間をぬって、研修員たちが一生懸命準備をしてきた、田代小学校のみなさんとの交流会でした

3年生、4年生のみなさんが社会科見学で来館されました。

ミャンマー人研修員たちは、がんばって日本語で自己紹介。何回やっても緊張するものです。簡単なミャンマー語講座では、まずは基本のあいさつミンガラーバーに始まり、ありがとう、おいしい、かわいい、さようならなど、たくさんの言葉を練習してみました。中でもみんなのお気に入りは、かわいい♡♡♡ちなみにミャンマー語では、『チ セ ア レィ』 小学生のみなさんの思うかわいいものもたくさん教えていただきました
CIMG4854.jpg

ミャンマーってどんな国?!国の様子、食べ物や服、いろんなことを紹介しました。
CIMG4860.jpg

ミャンマーの子どもたちが大好きなあそびも紹介しました。
ワイジーパッパ ドゥ―ウェイウェイ
もう、なんだか名前だけでおもしろそうな遊びでしょう?
DSC00523.jpg  DSC00506.jpg

ミャンマーのお正月にみんなで踊るダンスみんなで一緒に練習しました。 1、2、3~ 1、2、3~
DSC00528.jpg  DSC00536_201705311757546ee.jpg  DSC00532_20170531175755e3f.jpg

最後に質問タイム!!!この言葉はミャンマー語でなんていうの?まだまだ知りたい言葉がいっぱいですどうして男性もスカートをはいているの?これはね、伝統衣装ロンジーっていうんだよ。小学生のみなさん、いろんな新しいことが学べたのではないでしょうか
DSC07432.jpg

おまけに・・・研修員たちのほっぺに注目木の皮を削ったもの、名前はタナカーというそうですが、日焼け止めのように使っているようです。こちらを小学生のみなさんにも体験していただきました。ちょっとひんやりしていて、いいにおいがするんですよ~
DSC00550.jpg  DSC00554.jpg

盛りだくさんの1時間、研修員も、小学生も、緊張しながらも新しい発見たくさん!ゲームで盛り上がり、ダンスで笑顔になり、楽しい楽しい交流会となったのではないでしょうか

Yoshimi

ミャンマー農業研修 ラジオ出演、中学生との交流、BBQ (5/24)

農業研修の合間も、研修員たちは大忙しっっ

本日は研修前に、FMかのやにお邪魔してきました。ラジオなので、日本語で自己紹介をしなくては!と、数日前から練習を重ねていた研修員たちどうして日本にきたの?何を学びたいの?ミャンマーってどんな国?お手伝いいただいているミャンマー人通訳の方にも手伝って頂きながら、なんとか無事に出演できました初めてのラジオ出演が、まさかの日本で

CIMG4773.jpg

研修が終わってからは、カピックで宿泊研修中の中学生たちに、ミャンマー語を少し紹介しました
CIMG4825.jpg  CIMG4828.jpg
まず紹介したのは、こちら。 ミンガラーバー
おはよう、こんにちは、こんばんわ。いつでも使えるミャンマー語のあいさつ!!これさえ知っていれば大丈夫

朝からラジオ出演で緊張、雨の中のサツマイモの植え付け、中学生へのミャンマー語講座、疲れ切った一日の終わりには・・・カピック職員たちとBBQ美味しいお肉と、楽しい会話で一日の疲れもひとっとび~ミャンマーの流行りの歌をデュエットしてくれたり、お正月に踊るダンスを披露してくれたり、みんな大活躍!!!
CIMG4833.jpg  CIMG4841.jpg  DSC00452_2017052516094216a.jpg

DSC00447.jpg

研修員のみなさん、今日も一日おつかれさまでした
きっと今日はぐっっっすり眠れることでしょう~~~

Yoshimi

ミャンマー農業研修 ハマダ商事で農場体験 (5/23,24)

5/23 (火)
研修8日目、9日目は、肥料や飼料の販売、農作物の栽培など、さまざまなことを手掛けるハマダ商事でお世話になりました。サツマイモの栽培を予定していたのですが・・・

本日、ド・晴天

実は、お天気がよすぎると土がすっかり乾いてしまうので、サツマイモの栽培には適していないということで、本日は予定変更!

CIMG4735.jpg  CIMG4740.jpg  CIMG4743.jpg
精米機や、肥料倉庫、サツマイモを植えるための“つる”の準備などを見学させていただきました。

CIMG4753.jpg  CIMG4759.jpg  CIMG4760.jpg
田んぼの苗を作っているこちらでは、灌漑システムについて学びました。ミャンマーでも同じようなシステムを使ってはいるようですが、水圧による問題などもあり、なかなかうまくいかないことが多いようです水の中の不要物質を取り除くためのろ過システムに非常に興味をもったようです

CIMG4765.jpg  CIMG4768.jpg  CIMG4771.jpg
そして午後からの実習では、サツマイモにかわり、今日はショウガの藁かけという作業を体験させていただきました。美味しいショウガが育つように、土が乾き過ぎず、そして程よい光が入る程度に、藁をかけます。ミャンマーでは藁かけの作業をせずに収穫しているそうで、みんな初めての作業です。

お日様カンカン暑い中での実習となりましたが、さすがはミャンマーからきた研修生たち!!こんな暑さぜんぜん平気ですよ~ と。暑さに慣れている彼ら、た、頼もしい・・

5/24(水)
本日は、天気予報通りのどんよ~りくもり空 研修員たちは、うきうきわくわく

サツマイモ日和
CIMG4788.jpg  CIMG4787.jpg  CIMG4798.jpg
サツマイモを植えるときの注意点を、しっかりと説明していただき、早速作業。

機械でのサツマイモの植え付け作業もはじめて体験しました。腰の痛くなる作業をかがまずにできるとは~!
CIMG4801.jpg

午後からの作業は、本格的に 雨、降ってきましたサツマイモの植え付けにとっては、好条件です
CIMG4817.jpg  CIMG4818.jpg  CIMG4820.jpg
雨が降っても、やめられない!この広い畑のすべてにサツマイモを作業をしながらも、ミャンマーの農業について農家さんとお話したり、時に研修生、ミャンマーの歌を披露しながら(?)なんとかすべてに植え付けが完了しまして、最後にみなさんとパチリみなさん、いい笑顔ですね~

作業の合間のお楽しみ
CIMG4769.jpg
近くのお弁当屋さんの、人気弁当!お米がおいしいね~と言って食べていたら、なんと~!ハマダ商事さんのお米でした
CIMG4791.jpg
こちらはお母さん手作りのサツマイモもち甘くて素朴な味が、作業の疲れを癒してくれます。
CIMG4810.jpg
お隣の農場で作業をされていた農家さん、ミャンマーにはないびわの木を見ていると、とってくださいましたほんとに甘くて美味しい~とびっくりの研修員たちでした。

2日間に渡り、いろいろな現場を見せていただき、お話していただき、実際に体験できたことは、大変貴重な経験となりました。ハマダ商事のみなさん、ご協力いただき、ありがとうございました。

Yoshimi

ミャンマー農業研修 安藤製茶でお茶の栽培、工場見学 (5/22)

本日は、晴天の中、安藤製茶でお茶の栽培や、工場の見学をさせていただきました。

一面に広がる茶畑の緑と、青い空のコントラストがまぶしいですね
DSC00973.jpg  DSC00970_20170525163508a6f.jpg

ミャンマーでもお茶の栽培はしていますが、こんな機械にのせていただくのは初めて
まだまだミャンマーでは、人の手で摘んで背中のかごに入れて・・・という作業です。

こちらでは、お茶の製造工場の見学もさせていただきました。摘み取ってから商品になるまで、なんと、5時間!!これには、研修員一同、びっっっくり加工の工程と、一連の作業を見学させていただきましたが、ミャンマーにもいつか・・・と夢と期待にわくわくせずにはいられません
DSC00990.jpg  DSC00997.jpg  DSC01000.jpg

戦後の発展についてなど、大変興味深いお話をお伺いし、まだまだ質問し足りない~と熱心な研修員たち。
DSC01003.jpg

お忙しい中、ご協力くださいました安藤さん、本当にありがとうございました。

Yoshimi

ミャンマー農業研修 かやの郷、おいもdeカフェ、ばら園 (5/20)

5/20 (土)
本日は、昨日までの研修とはうって変わって、鹿屋散策・・・といったところでしょうか

まず初めに向かったのは、新鮮野菜の直売所、かやの郷です。
CIMG4629.jpg   CIMG4632.jpg

ミャンマーと同じ野菜ももちろんありますが、見たことのないものもたくさんあるようです。びわを初めて見たようで、早速購入小さな小さなマンゴーも、こんなの食べられるの?と写真をパチリ

みんな思い思いのものを購入して、ご満悦の様子です
CIMG4634.jpg

そしてお腹もすいてきたところで・・・とっても楽しみにしていた、おいもdeカフェへ!!
CIMG4635.jpg   CIMG4639.jpg
外観も内観もとっても素敵な、おいも・おいも・とにかくおいも押しのこちらのカフェ。すべてのものが手作りだそうで、研修員たちも隅から隅まで、お店を楽しんでいました。ついつい、かわいい~かわいい~とこぼれてしまう空間

CIMG4657.jpg   CIMG4664.jpg

いただいたランチセット、おいもピザ・・・そしておいもグラタンに、おいもカレーに、おいものデザート・・どれもこれも美味しすぎて、夢中で食べてしまいましたねボリュームも満点、ほっこりまちがいなしのこちらおいもdeカフェ、ぜひおススメです

そして午後からは、いまがベストシーズン~かのやの人気スポット!かのやばら園へ。
CIMG4669.jpg CIMG4708.jpg

百万本のばらに抱かれ、癒される。まさにそんなキャッチフレーズにぴったり!
ばらの高貴なにおいに包まれながら、思い思いの写真をとったり、ばらの絵の色付け体験をしたり、ばらのまちかのやを満喫していただけたのではないでしょうか
CIMG4675.jpg CIMG4725.jpg CIMG4672.jpg

そして帰宅途中には、みんなで今日の研修の素敵な思い出を日本語で伝えるべく、一生懸命練習をしました。少しずつですが、日本語も勉強中の研修員たち。来週には、なんとラジオ出演も控えています

CIMG4731.jpg
『とてもいい、おもいでになりました。ありがとうございました。』 上手に伝えられたようです

様々な新しいことを体験したみなさん、楽しい思い出と共に、コンセプトをもって販売・事業を展開していくことの大切さを学んだ一日となりました。

Yoshimi

ミャンマー農業研修 株式会社オキスで加工、収穫体験(5/18, 5/19)

研修4日目、5日目は、こちらの会社でお世話になりました。

乾燥野菜といえば・・・オキス!!

『便利食材・乾燥野菜で日本を健康に』という願いのもと、野菜の宝庫・大隅半島より、さまざまな商品を全国へお届けしておられます

5/18 (木)
本日は加工工場を見学、また実際にブロッコリーの加工の最初の工程を体験させていただきました。
CIMG4553.jpg   CIMG4561.jpg

ブロッコリーといえば、まわりの葉っぱを食べることはありませんが、ここ加工工場では、そんな葉っぱまで食べられるように加工されてしまいます!!!自然の恵み、大地の産物、無駄なく、美味しくいただきたいですよね

工場で研修員たちが驚いたこと
CIMG4567.jpg   CIMG4571.jpg
そうです、ブロッコリーや大根の大きさ!!こんな大きな野菜は見たことないっっっ

工場での体験のあとには、大変お忙しくされている社長さん自ら、研修員たちの質問に答えて下さいました。さまざまな方面から事業を展開されているオキスならでは!!な経営についてのお話、世界市場についてのお話など、これからのミャンマーの農業を担うであろう彼らにとっては、大変刺激的な、そして有意義な時間となったことでしょう

5/19 (金)
こちらでの研修2日目。本日は、畑でのキャベツの収穫作業。

CIMG4599.jpg
どんなキャベツがいいキャベツ?!!はじめて学ぶキャベツのいろいろに、興味深々の研修員たち。

CIMG4608.jpg
そしてひたすら収穫、収穫、収穫!採っても採っても一面に広がるキャベツ畑。

さて、こちらはなんの葉っぱでしょう??
CIMG4621.jpg



正解は・・・ごぼう
今日は収穫ではありませんでしたが、草引きをしたり、黒いビニールシートをはがしたり、収穫までにも様々なお手入れ、お世話が必要であることを身をもって体験させていただきました。とても暑い一日でしたが、時折吹く風がとても心地よく感じられました

作業をしながら、実際に働く農家の方々とお話することは、彼らにとっての貴重な時間。いくつになっても元気いっぱい笑顔で働いておられるお父さんお母さんの姿に、研修員一同、感銘を受けていました

CIMG4622.jpg   CIMG4626.jpg

加工について、経営について、実際の農場での体験など、様々なことを学ばせていただきました。
ご協力くださいましたオキスのみなさん、本当にありがとうございました。


Yoshimi

ミャンマー農業研修 澁谷食品でさつまいも研修(5/16、5/17)

ミャンマー研修員たちは、サツマイモのお菓子を生産している澁谷食品株式会社で2日間研修を受けました。
この会社は「芋けんぴ」で全国50%のシェアだそうです。

5/16(火)
生産本部の古賀部長から、会社の概要、サツマイモの種類や生産されているお菓子のことなど説明いただきました。
170516_0952~01 澁谷食品 説明 

お菓子の加工や包装をしている工場を視察しました。
衛生面、安全面への配慮など、食品加工において重要なことを学ぶことができました。
澁谷食品 加工場2  澁谷食品 加工場

お土産にたくさんの芋けんぴをいただきました!


5/17(水)
澁谷食品で使うサツマイモを生産しているヤゴローフーズで、サツマイモの栽培について学びました。
ハウスでの指導2

サツマイモを植えるまでの一連の作業を体験させていただきました。
まずはサツマイモの苗を採取をして、消毒します。
作業8 作業4 苗消毒中1

畑にマルチのビニールをかけてから植え付け。
1本1本丁寧に植えなくてはなりません。簡単そうに見えても、やってみると難しいことを体感。
ビニールはり2 植え付け2

防空壕を活用した芋の貯蔵施設や、「JAそお」のサツマイモ育苗センターも視察しました。
竹下商店防空壕利用いも倉庫 JAそお育苗

2日間で、さつまいもの栽培から加工までを駆け足で学ぶことができました。
ご協力くださいました澁谷食品の皆様、ありがとうございました。

さかい


ミャンマー農業研修はじまりました

一般財団法人日本友愛協会が受け入れた3名のミャンマー研修員がKAPICに到着しました。
KAPICでは、サツマイモを中心とした農業、農産物加工などについて約1ヵ月の研修を行います。

さっそく記念品をいただきました。
ミャンマー記念品

オリエンテーションで研修の概要を説明した後、研修員に自分の関わっている業務やミャンマーの農業事情、問題点などをプレゼンしてもらいました。
ミャンマープレゼン ミャンマープレゼン1

ワークショップでは日本で学びたいこと、興味関心を持っていることをリストアップして、カテゴリーごとに分類しました。
研修員3名は、それぞれバックグラウンド、興味関心は異なりますが、ミャンマーのためにしっかり学んで帰りたいという意欲が感じられました。
課題WS 学びたいこと

そしていよいよサツマイモについての研修がはじまりました。
垂水市大野地区でサツマイモ栽培に取り組んでいる酒瀬川さんにサツマイモの基礎知識を指導いただきました。
さつまいも講義 さつまいも講義1

明日からは、サツマイモの栽培や加工の現場を訪問します。
これから1ヵ月間、楽しく有意義な研修になるようにがんばりましょう!!

さかい

JICA研修【ブータン果樹栽培】 アクションプラン発表・閉講式

本日は研修最終日。

ブータンの民族衣装「ゴ」を着て、アクションプランの発表をしました。
2カ月間鹿児島で学んだことをもとに、
ブータンの果樹や野菜栽培を向上するための計画についてプレゼンテーションしました。
CIMG4300.jpg CIMG4312_20170311085051422.jpg

その後、閉講式が行われ、JICA九州研修業務課長から修了証書が授与されました。
CIMG4342.jpg CIMG4346.jpg

CIMG4352.jpg

研修を無事に終え、ほっとした様子の研修員。
2カ月間、本当におつかれ様でした!
ブータンでの活躍を期待しています!
CIMG4398.jpg


ハマダ^^

JICA研修【ブータン果樹栽培】 アクションプラン作成

予定していた研修をすべて終え、最後のふりかえりワークショップをしました。

今まで学んだことを思い出し、書き出しました。
20170305-1.jpg

そして、学んだことをブータンでどのように活かすか、どのような計画で実行するか
という「アクションプラン」を作ります。
20170305-2.jpg

研修最終日の明日、発表しなければならないので、二人とも真剣に作成していました。
20170305-3.jpg

どんなアクションプランになるのか、楽しみです♪

ハマダ^^

プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ