鹿屋中学校吹奏楽部の合宿

鹿屋中学校吹奏楽部の皆さんが1泊2日の合宿練習にいらっしゃいました。
パートごとにあちこち散らばって練習したり、全体で集まって演奏したり。
明るく爽やかな音色がKAPIC館内に響き渡っています。
鹿屋中学校吹奏楽部

さかい

NPO法人にじ の皆さん

NPO法人にじの子供たちが「あじさい遠足」でKAPICに来てくれました。
缶バッジや世界の切手しおりを作りました。
世界に1つしかないユニークな作品ができあがりました。

にじいろ 缶バッジ DSC00776_20170621113103bb2.jpg  DSC00777_20170621113148461.jpg

最後に世界のフルーツの名前を使ったカードゲーム「チャイカイ」で遊びました。
にじいろ チャイカイ

お昼ごはんには、ブラジル料理も食べました。
いろんな体験ができて、よかったですね。

さかい

マカオ大学 研修6日目 高隈保育園七夕交流・茶道

本日、マカオ大学のみなさんは、高隈保育園の子どもたちと、
一足早い七夕交流を楽しみました。
事前に覚えた「七夕」の歌を子どもたちといっしょに歌い、
それから短冊に願いごとを書きました。
 DSC07847.jpg DSC07878.jpg

書いた短冊を飾り付けた笹にくくりつけました。
それから、マカオの学生と子どもたちがそれぞれ歌のプレゼントをしました。
学生たちは、子どもたちのかわいさに笑顔いっぱいでした。
DSC07891.jpg DSC07888.jpg 

高隈保育園の子どもたち、先生方、たいへんありがとうございました。


午後は、茶道の体験の時間です。茶道裏千家鹿屋同好会の先生方にご教授いただきました。
まずは、先生方のお点前のデモンストレーションを見せてもらい、それからお茶の道具の説明を
聞きました。
DSC07932_20170617164207494.jpg DSC07942.jpg

次に、お菓子とお茶をいただきました。
今日のお菓子はシャクヤクの花をかたどった美しいものです。
お菓子を食べたあと、薄茶をいただきました。
学生はみな初めての抹茶でしたが、美味しいとの感想でした。
DSC07970_20170617164212dd7.jpg DSC07951.jpg DSC08022.jpg

そのあとは、2つのグループに分かれて交代でお茶を点てる体験をしました。
泡を立てるのは難しいのですが、それぞれ上手に点てていました。
DSC08015.jpg DSC08018.jpg

学生たちは足のしびれに苦しみながらも、貴重な体験をできたと満足そうな
様子でした。

茶道裏千家鹿屋同好会の先生方、どうもありがとうございました。

こっこ

青年海外協力隊(コミュニティ開発)技術補完研修 フィールドワーク

研修生たちは、毎日、高隈地区でフィールドワークをしています。

地域の方々に、昔のことや今の暮らしぶりについてお話を聞いたり
フィールドワーク フィールドワーク2

田植えをお手伝いしたり、グラウンドゴルフをしたりしながらも、いろいろな情報を集めています。
フィールドワーク3 フィールドワーク1

研修生たちを温かく迎えてくださっている高隈の皆様、本当にありがとうございます。

さかい

マカオ大学 研修4日目 着付


本日はまず、日本舞踊鑑賞、着物の着付体験を行いました
日本舞踊鑑賞では、先生の扇子を使った美しい踊りに、マカオ大学の学生も興味津々の様子でした


次は、まちに待った着物の着付体験です
先生からの丁寧なご指導の下、一生懸命自分の力で着付に挑戦していました。
着付けが終わると、満足気に自分たちの着物姿を写真に収めるようすがみられました。
中には、扇子や刀、桜の花を持ってポーズをとる学生もいました
DSC02236.jpg  DSC02229.jpg  DSC07810_20170614171952a9c.jpg

最後は、明日の鹿児島市内散策の計画立てと、ホームステイの準備を行いました。
明日の市内散策では、今日立てた計画に従って、さまざまな観光名所を訪れ、鹿児島の魅力を十分に体感してもらいたいです。
今週末には、ホームステイが待っています
お世話になるご家族への感謝の気持ちを忘れず、貴重な体験ができることをお祈りしています
DSC02256.jpg  DSC02266.jpg

みさこ そら (鹿大インターン)


»続きを読む

青年海外協力隊技術補完研修(コミュニティ開発) 鹿屋市役所表敬

協力隊の研修生6名は鹿屋市役所を表敬しました。
副市長、市長公室長にご挨拶しました。
市役所表敬

市民活動推進課に、鹿屋市におけるコミュニティ開発と行政の役割について説明いただきました。
アフリカで活動するために参考になるお話を聞くことができました。
市役所講義

3週間の研修も半分以上終わりました。
気分を新たに、残りのフィールドワークをがんばりましょう。

さかい

マカオ大学研修3日目~鹿屋看護専門学校交流会

マカオ大学の学生は、鹿屋看護専門学校の皆さんと、異文化交流会を行いました。

まず初めに、「青年海外協力隊体験談」として、グアテマラで栄養士として病院で活動した体験を紹介しました。今後看護師になる皆さんが少しでも興味を持てる内容だったら良かったと思います。

DSC00767.jpg

その後、マカオ大学の学生が自分の国の歴史、観光名所、マカオの食べ物やマカオ大学について日本語で紹介しました。看護学校のみなさんがマカオ大学の学生たちの話す日本語に関心していました。
カピックセンター滞在中も日本語の勉強を頑張っている成果が出ていますね!!

securedownload (3)  securedownload (4)

続いて、鹿屋看護学校のみなさんが、学校紹介と鹿児島、鹿屋について、紹介しました。

securedownload (2)

その後、レクレーションを行いました。

レクレーションその1は! 連想ゲーム~各グループに分かれ、絵を描くお題が出され、書いた絵が何かを当てます。

securedownload.jpg securedownload (1)

書いた絵が面白かったのか、笑い声も聞こえ、にぎわっていましたよー!

レクレーションその2!バースディライン。 誕生日の早い日にち順に並ぶのですが、、、一切声に出してはだめ!というルール。
みんな身振り手振り、相手に伝えていました。中には紙に書く人もー! 言葉が分からない国では起こりうる状況を体験してもらいました!

securedownload (5)  securedownload (6)

午後からは、民族館でビーズアクセサリー作りに挑戦!と民族衣装の試着体験!写真を取り合って思い出を作っていました。

あっという間の1日でしたが、今日のこの異文化体験を通して、視野を広げることや、多様な価値観を学ぶことができたらいいなと思います。 素敵な看護師さんになるため、学生生活頑張って下さいねー!! 

写真




ミャンマー農業研修 最終報告会 (6/13)

5月15日から始まりました、ミャンマー農業研修ですが、本日とうとう最終日を迎えました。

鹿児島、そして大隅半島!!ということで、サツマイモをメインにした農業研修でしたが、
苗2  CIMG5032_20170613152152d16.jpg  CIMG5011.jpg

そのほかにも研修員たちが学んだことはたくさんたくさんありました。
商品の加工について、野菜やお茶の収穫や販売について、地域づくりについて、家畜と農業の複合について、焼酎づくりについて、土着菌など肥料について、畜産について。。。

最年少、大学院生の彼は、原料をもとに、加工し、付加価値をつけ、流通させるという一連の流れをもとに、いかに国家としての収益を産み出していくかということについて、それぞれの段階での問題点、また技術やアイデアの創出に、今回の研修をぜひ生かしていきたいと抱負を語ってくれました。地元の農業組合と連携し、今回得た知識を農家さんへ伝達する活動にもつなげていくようです。
CIMG5612.jpg

実際にたくさんの農家さんとともに、収入向上のためにミャンマーで働いている彼女、農家が主体となった地域おこしや女性が主体となった地域リーダー育成などに大変興味を持ったようです。また土着菌の有効性、畑での野菜栽培以外の苗づくりの必要性、有畜複合農業の重要性を見直し、新たに地元農民たちへの働きかけを試みるそうです。
CIMG5616.jpg

ミャンマーでは、野菜の栽培から加工を手がけ、インドやオランダなどへ輸出する会社を運営している彼女。サツマイモの可能性に期待を膨らませるとともに、携帯アプリやインターネット農業グループを通して、自分の得た知識を公開し、より多くの人とともに今後の農業を考えていきたいと考えています。
CIMG5617.jpg

同じ研修を受けたものの、3人それぞれが違った視点から自国の農業についてのアクションプランを立ててくれました。

最終報告終了後には・・・なんとカピックセンターでの研修記念植樹薄い紫色の花をつけるジャカランダの木を植えました。3年で花を咲かせ、10年すれば大きな木に育つようです

CIMG5625.jpg  CIMG5620.jpg  CIMG5643.jpg
いつかミャンマー研修員たちが、カピックセンターに戻ってきてくれる日を私たちも心待ちにしています

CIMG5649.jpg  CIMG5655.jpg  CIMG5657.jpg
カピックセンターでの1か月の研修、暑い日差しにも負けず雨にも負けずとても積極的にひとつひとつの活動に参加し、多くのことを吸収していただけたのではないかと思います修了証を手に、大変晴れ晴れとした顔を見せてくれました。日本語で一生懸命メッセージも伝えてくれましたね

ミャンマー農業研修にご協力いただきました企業様、地域リーダー様、大学の先生方、農家のみなさま、ミャンマー研修員一同、みなさまの熱心な指導、あたたかいおもてなしに大変感激しておりました。カピックセンターからも、感謝申し上げます。

本日午後に、鹿児島市内から大阪へとむかった研修員たち、今月末の帰国まで、存分に日本を満喫していただけたらなぁと思います

Yoshimi

マカオ大学 研修2日目 志學館大学交流・仙巌園

本日、マカオ大学のみなさんは、朝早くカピックを出発し、志學館大学との
交流に向かいました。

まずは、1限目の「異文化コミュニケーション」に参加。
マカオを紹介するプレゼンテーションをしました。マカオの地理や観光スポット、食べ物、
マカオ大学について紹介しました。
次にマカオの学生1人と4~5人の日本人学生でグループを作り、インタービューを受けました。
マカオ学生には質問が難しかったりして、答えるのに苦労しつつ、がんばって答えていました。

 DSC02054.jpg


2限目は、「日本語教育の基礎Ⅰ」で日本語教師を目指す学生さんから、1対1でインタビューを受けました。
こちらは1対1のためか、1限目で慣れたのか、リラックスして楽しそうに会話が弾んでいました。

DSC02077.jpg DSC02094.jpg


そのあとは、国際交流活動をしている学生サークルJONIKKのみなさんと
学食でランチを取りました。マカオ学生はみな、志學館大学の学食は美味しいとの感想でした。

DSC07736.jpg

昼食後、JONIKKのみなさんとの交流会です。
マカオ学生は準備した日本のアニメ映画の主題歌を披露しました。
そして、マカオ・日本の学生が混成のグループ3つでグループ対抗の
ゲームをしました。グループの一人が解答者になり、他の全員が出された
お題について、ヒントを出して、解答者がお題を当てるゲームです。
マカオ学生も知っているお題ばかりで、解答も素早く、盛り上がりました。
短い時間でしたが、楽しい時間を過ごしました。

DSC02120.jpg DSC07751.jpg DSC02122.jpg


この半日でたくさんの日本の学生のみなさんと交流して、よい勉強・経験に
なったようです。
志學館大学の新内先生、学生のみなさん、JONIKKのみなさん、
たいへんありがとうございました。


そのあとは、仙巌園を観光しました。
あいにく桜島はかすんで見えません。学生たちは、歴史や庭園よりもアイスのほうが
関心が高かったようです、、、^ ^

DSC02138.jpg DSC02142.jpg

長い1日お疲れ様でした。明日からもがんばりましょう。

こっこ

マカオ大学研修1日目

本日は、昨日到着したマカオ大学の学生の研修1日目でした。


 開講式の様子です。


午前中は、明日、志學館大学で披露するプレゼンテーションと歌の練習をしました。
二度目のリハーサルでは、プレゼンテーションを改良し、歌もテンポよく歌っており、聞いている私たちも楽しくなりました。
明日の本番が楽しみですね!

さて、午後からは調理実習で、親子丼・酢の物・お味噌汁を作りました。

DSC01913_20170611185543dab.jpg DSC01904.jpg

調理師の日高さんに教わって調理開始です。初めて作る日本料理に興味津々のようでした。

DSC01918.jpg

カニカマ初体験の学生さん、裂き方にクセが...(´∀`*)
においもたくさんかいでいました。珍しかったようですね。

DSC01926.jpg

料理途中、”しなしなになる”という日本語に興味を持った学生さん。
先生と一緒に、この語がどんな状態を表すのか考えていました。

DSC01958.jpg DSC01931.jpg

親子丼、完成間近!学生さんの楽しみな顔が印象的です

DSC01988.jpg 調理実習 3

完成!自分たちで調理したものを、満足そうに食べていました。
とてもおいしかったですね。
ぜひマカオでも作って、また食べていただきたいです。

やご・ぼん(鹿大インターン

香港大学 研修最終日 鹿屋女子高校交流会

香港大学の研修は、とうとう最終日を迎えました。
午前中はホストファミリーへのお礼状を書きました。
学生たちは、初めての日本語の手紙に悪戦苦闘していました。

午後は、鹿屋市立鹿屋女子高校との交流会です。
生徒会のみなさんと自己紹介や学校・香港の紹介をしあったあと、
生け花の授業に参加しました。
初めての生け花でしたが、講師の先生や生徒さんたちのお手伝いを
もらって、予想以上に上手に活けられていました。
立体的に活けるということが大事なのですね。

 DSC07648_20170610104238df7.jpg

そのあと、生徒会のみなさんと折り紙で作るストラップなどの小物を
作りました。こちらも初めての体験でしたが、学生たちはみな好きな柄の
折り紙で、いろいろなストラップを上手に作っていました。

DSC07668.jpg DSC07676.jpg

どちらの時間も、生徒の皆さんと楽しくコミュニケーションを取りながら、
面白い体験ができました。
鹿屋女子高校の生徒のみなさん、先生方、どうもありがとうございました。

鹿屋女子高からカピックに戻り、そのまま閉講式がありました。
それぞれ修了証書を受け取り、あっという間に過ぎた研修について
いろいろなことを思い出していました。
今回は天気にも恵まれ、無事にすべての研修が終えられました。

香港の学生のみなさんは、忙しいスケジュールの中、日記も毎日書いて
提出し、日本語力もこの10日間でだいぶついたように感じます。
よくがんばりました。これからも日本語の学習を続けてほしいものです。

あらためて、ホストファミリーや研修にご協力いただいたすべての関係者の
みなさまに感謝します。
ありがとうございました。

こっこ

ミャンマー農業研修 元気印の菜園畑 (6/8,9)

農家ホームステイ体験!!!ということで、行ってきました。

元気いっぱいのお父ちゃんお母ちゃんが待つ、こちら元気印の菜園畑での研修です。
CIMG5606.jpg

到着してビックリ!!国内外からたくさんの中学生や研修生を受け入れていらっしゃいます。グリーンツーリズム(農家民宿)だけでなく、農村女性や行政と手をとりあって、様々な地域活動に力を入れてこられた元気印のお二人。
CIMG5567.jpg

早速お友達が飼育しているという、近くの牛舎に連れて行ってくださいました。
CIMG5537.jpg  CIMG5524.jpg  CIMG5530.jpg

また、お友達が栽培されているピーマンハウスで収穫体験も
CIMG5559.jpg  CIMG5560.jpg  CIMG5563.jpg

またまた、お友達が活動されている加工センターも見学させていただきました。地域の女性たちが、トマトソースを作っていらっしゃいました。時間貸しで、地域の方に開放されている加工センターがあるなんて素敵ですね
CIMG5548.jpg

近くにある小鹿酒造にも見学に連れて行ってくださいました。こちらにもお知り合いが!顔の広すぎる父ちゃん母ちゃんキレイな水と美味しいお米とサツマイモ美味しい焼酎のある街って最高ですね~
CIMG5556.jpg

美味しいごはんもた~~~っぷりいただきました。なんと!トビウオがおいしい~とお気に入りの研修生
CIMG5572.jpg

鹿児島名物!!あくまきもいただきました~っ
CIMG5568.jpg
灰汁で炊くことで独特の風味と食感をもつ竹の皮につつまれたお菓子。きなこと砂糖をつけていただくのですね。おいしい~っ



2日目も、まだまだ農家体験はつづくつづく~ジャガイモを収穫したり、サトイモを植えたり、
CIMG5577.jpg  CIMG5573.jpg  CIMG5582.jpg

ネギを植える、なんとも新しいお手軽な機械を体験させていただいたり・・・
CIMG5584.jpg  CIMG5591.jpg  CIMG5594.jpg

今日もおいしいおいしいお母さんの手料理をたぁ~~~っぷりいただいたり
CIMG5589.jpg

元気いっぱいあっちへこっちへ大忙しの父ちゃん母ちゃんと、いろんな体験をさせていただいた研修員たちなんとなんと・・・そろそろカピックでの研修も終わりを迎えようとしているのです最後に、にっぽんの農家を代表するかのようなお二人にお会いできて、研修員たちも大変喜んでいます。農業、畜産、林業、水産業、いろんなお話を聞かせていただき、これからのミャンマーの発展のために必要であるアドバイスをいただき、ほんっとうに充実した研修となりました。

節子さん、悟さん、ご協力いただきまして、ありがとうございました。
CIMG5557.jpg

Yoshimi

大隅湖周辺の紫陽花開花状況

鹿児島は梅雨入りに入ったようですが、今現在は穏やかな天気が続いていますね。
現在大隅湖周辺の紫陽花の開花状況でございますが、まだ三分から4分咲きと言ったところですが、ところどころ見事な花を咲かせています。
DSC01790_201706091409401ee.jpg DSC01785_201706091409386ad.jpg
DSC01783_20170609140928755.jpg DSC01784_201706091409246ac.jpg

あともう少ししたら更に美しい色とりどりの花をさかせてくれることでしょう。
是非大隅湖の方へ紫陽花を見にいらして下さいね。

しもまつ 🎸🎣

香港大学研修7日目 ふれあい実践会話

香港大学、研修7日目の本日は鹿児島の大学生と一緒に鹿児島市内で活動、散策し日本語を実践する「ふれあい実践会話」でした。
桜島フェリーで鹿児島市まで渡り鹿児島中央駅前にて鹿児島の学生さんとご対面。
最初は双方やや緊張の面持ちででしたが、すぐに打ち解け会えたようでした。

3つのグループに分かれてそれぞれ思い思いの場所で楽しみます。
初めての鳥刺しや白熊を食べたり
DSC01759.jpg DSC01761.jpg

神社でおみくじを引いてみたり
DSC01767.jpg

ショッピングに行ったり
DSC01760.jpg

楽しんできたようです。
楽しい時間はあっという間に過ぎ最後は名残惜しそうでしたが、SNSなどの連絡先を交換し合って再会を約束していました。

今回はMBCテレビの密着取材も入り、最初は緊張していたようですが、インタビューも堂々とこなせていたようでした。
DSC01777.jpg DSC01774.jpg
この模様は6/15放送のニュース枠の中で取り上げられる予定とのことなので、ブログをご覧の皆様は是非ご覧頂けたらと思います。

今回も鹿児島の学生の方々のお陰様で香港学生にとって素晴らしい思い出が出来たのではないかと思います。
ご協力頂き本当に有難うございました。
今後も連絡を取って頂き、機会がありましたらまた是非再会して下さいね。
DSC01771.jpg

しもまつ 🎸🎣





»続きを読む

香港大学 研修6日目 着付教室・民族館見学

今日は、着物の着付け教室と民族館の見学を行いました。

まずはじめに先生方による着物の説明が行われ、
日本の文化を学びました。

DSC01613.jpg

次に実際に着付を行いました。
着付け教室では学生たちは苦戦しながらも、
先生方に教わりながら自分たちで着物を着ることができました。

 DSC01662_201706071740360ee.jpg DSC01679_20170607174046c0f.jpg

その後はセンターの横にある民族館で様々な国の衣装を着たり、楽器を演奏したりしました。

民族衣装はそれぞれが着たいものを選んで試着を楽しみました。

DSC01708.jpg

民族館にある楽器は普段触れることができないようなものばかりで、
学生たちは興味津々でした。
皆で演奏もしました。

DSC01733_20170607174141430.jpg DSC01730.jpg

雨の日でしたが、学生たちはとても充実していたようでした。

なるみ、ゆいの(鹿大インターン)

ミャンマー農業研修 大隅加工技術研究センター(6/7)

本日は、鹿児島県が誇る、こちらの施設、大隅加工技術研究センターでの研修です。

大隅加工技術研究センターは・・・実需者ニーズ等に対応した新たな加工・流通技術の研究・開発を進めるとともに、各施設を加工事業者等に開放し、加工品の試作品づくりや販路拡大等を支援することとしています。

CIMG5491.jpg  CIMG5494.jpg

もう、見たこともない機械の数々・・実は日本で美味しいお野菜や果物が年中食べられるのって・・最先端技術、テクノロジーのおかげかもでもご心配なく。。その技術を使って、人間にとって安全な方法で提供されているようですから

こちらの施設は研究・開発だけでなく、一般の農家さんにも使いやすいように工夫されているのが魅力ですね。よりよい商品の開発のために、施設を貸し出している、県民のみなさまのための施設です

本日はこちらのサツマイモ、その名も黄金千貫を使って少し加工について教えていただきましょう。研修員たちも、行く先々で聞くこの名前、コガネセンガンはすっかりおなじみです。焼酎やお菓子作りなどにも使われている代表的な唐芋ですね。
CIMG5498.jpg

洗ってむいて、蒸して、ペースト状にする。
CIMG5497_20170610150414d6b.jpg  CIMG5504_201706101504033ae.jpg  CIMG5505.jpg

ほら、こんなにもホクホクのペーストです
CIMG5508_20170610150412fcd.jpg

それを最先端マシ―――ンにいれると・・・なんともうすっぺらいシートに
CIMG5510.jpg  CIMG5513.jpg

乾燥してうす~~~く伸ばされたこのシートを、、、ぐしゃっとしまして、
CIMG5517.jpg

ウィーーーンとしますと、あっという間に美味しいお芋パウダーのできあがり
CIMG5516.jpg

最先端技術を体験させていただきました。ミャンマーにもいつかこんな機械が導入されるのでしょうか美味しい加工品が流通する日を夢見て大隅加工技術研究センターのみなさま、ご協力いただきまして、ありがとうございました。

Yoshimi

上高隈地区安全連絡協議会会議 in カピックセンター

6月に入り、梅雨の時期がやって来ましたね。ここ高隈地区でも今日は昼ごろから雨が降り始めました。
そんな中、上高隈地区安全連絡協議会の会員14社による定例会議が、カピックセンター研修室で開催されました。

カピックセンターの研修室は、自然に恵まれた、静かな環境で、企業の会議や研修等に幅広くご利用頂いて下ります。快適にご利用できますので、お気軽にご相談下さい。


DSC00834.jpg DSC00833_20170607142231c7c.jpg DSC00835.jpg DSC00832.jpg

串良川河川災害復旧工事に向けて皆様、日々お疲れ様です。一日も早い復旧をお祈り致します。
安全第一でお仕事頑張って下さい。本日はお疲れさまでした。

カピック一同





香港大学 研修5日目 鹿児島国際大学交流会

本日、香港大学の学生は鹿児島国際大学での交流会のため、鹿児島市に出かけました。

まずは、桜島フェリーに乗り、途中でドルフィンポートに寄って、みんなで足湯を楽しみました。

 DSC01517.jpg


鹿児島国際大学では、日本語教育の授業に参加したり、日本人学生と留学生のみなさんと
交流しました。

まずは、大学から豪華なランチのご招待を受けました。とても美味しかったです。

DSC07540.jpg

そのあとは、香港と国際大のそれぞれの学生による香港と鹿児島の紹介などの
プレゼンテーションがあり、そのあとは、「非言語」を体で表現・体験する授業が
ありました。授業を通して、国際大生とコミュニケーションを取りながら楽しく学びました。

DSC01532.jpg DSC07547_20170607191141070.jpg DSC07581.jpg

そのあとは、茶道部での茶道体験です。
茶道について祖慶先生に歴史や飲み方などを学んだあと、着物を着せてもらいました。
そして、お茶席で、アジサイをかたどったきれいなお菓子をいただき、また薄茶をいただき
ました。
学生はみな、初めての抹茶でしたが、とても美味しかったとのことです。

DSC01566.jpg DSC01588.jpg DSC01608.jpg

本日は長い時間、鹿児島国際大学での交流で、たくさんの交流や学びがありました。
祖慶先生をはじめとする先生方、学生のみなさん、ほんとうに温かいおもてなしを
ありがとうございました。

こっこ










青年海外協力隊(コミュニティ開発)技術補完研修がはじまりました

青年海外協力隊の技術補完研修がはじまりました。
コミュニティ開発の職種で派遣される予定の6名が、6/1~6/21にKAPICに滞在し、周辺の高隈地区でフィールドワークを通して学びます。

研修をはじめるにあたって、技術顧問の亘先生から、フィールドワークの手法についての講義を受けました。
亘先生 講義

6/3には、高隈町内会長が、フィールドワークの対象地域など高隈を案内してくださいました。
フィールド視察1 フィールド視察2

6/4には、高隈コミュニティ協議会の会長から、高隈地区の概要を説明いただいたり、鹿児島弁や鹿児島の伝統遊び「なんこ」を教えていただきました。
高隈概要説明 なんこ

昨日6/5から、フィールドワークが始まりました。
研修生たちは、約2週間、毎日高隈を歩き、地域のこと、地域に暮らしている人たちのことを学んでいきます。

さかい

ミャンマー農業研修 吉田自然農園 (6/6)

本日はカピックの近く、吉田自然農園で野菜の収穫体験をさせていただきました。ほんっとうにたくさんの野菜、まためずらしい野菜もたくさんありました。

CIMG5408.jpg  CIMG5403.jpg
本日は、ズッキーニやいんげんなどの受粉や収穫をしました。

CIMG5434.jpg  CIMG5437.jpg
収穫した野菜はその日のうちに出荷ということで、洗って、袋に詰めて、シールを貼って出荷準備です

CIMG5443.jpg
農園には、たくさんの鶏もいます。いつでも新鮮な卵が食べられますねまた、鶏たちは余った野菜や残飯なども食べてくれます。

CIMG5441.jpg  CIMG5438.jpg
採れたてのお野菜を使って、ランチタイムズッキーニやいんげん、こちらで育った鶏を使ったお母さんの手料理の数々サツマイモの葉っぱを佃煮のように煮詰めたものや、ビーツを使ったスープなんてものまで

おいしくお昼ご飯をいただいた後には、採れたて新鮮野菜の出荷です~~~
CIMG5468.jpg  CIMG5476.jpg
スーパーに直接販売に行きます。こちらで、今日のお値段を決めて・・・そう、新鮮有機野菜!!時期によって、少し値段の変動などもあります。自分たちで作ったものを、自分たちで袋詰めし、自分たちで値段を検討し、自分たちの手で店頭に並べる。お客様との会話も、大事な販売戦略です自信をもって作っているものだから、安心して、ぜひ食べていただきたいのです

吉田さんには、一農家として、安心野菜をお届けする義務、その中でどのように収入向上を目指すのかという、いまミャンマーにとっても非常に重要なことを教えていただきました。お忙しい中ご協力いただき、ありがとうございました。

Yoshimi

プロフィール

カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)

Author:カピックセンター(鹿児島県アジア・太平洋農村研修センター)
鹿児島県の国際交流・国際協力の拠点施設として国際交流イベントや外国人研修員の受け入れ、国際理解教育、地域おこしなどに取り組んでいます。楽しみながら学べる国際理解プログラムもありますので、お気軽にお問い合わせください。

〒893-0131 
鹿児島県鹿屋市上高隈町3811-1
TEL:0994-45-3288
http://kapic.jp/

リンク

FC2カウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ